吉田印刷所の歴史

吉田印刷所の歴史

創業大正9年、100年企業を目指して

「吉田印刷所」は大正9年に創業以来、平成までの約90年間、変わることなく「印刷」を社名に掲げてまいりました。これは「吉田印刷所」の核となるものは、今日も変わることなく「印刷」であるという強い思いがあるからです。

昨今は印刷とWEBなどクロスメディア分野に力を注ぐ流れがあります。

しかし、このような時代だからこそ、弊社では印刷という技術に対して、今一度基礎的なところから見直し、印刷会社の核である印刷技術そのものを高め、お客様にこれまでにない機能品質という、付加価値を印刷物と共にご提供したいと考えています。

吉田印刷所(以前)
吉田印刷所(以前)

▲昭和30年頃の吉田印刷所

会社沿革


事象
大正 9年 3月 創業(創業者 吉田久吉)
昭和 32年 10月 設立(設立者 吉田久二)
昭和 46年 8月 資本金800万円に増資
昭和 58年
プリンター対応薬袋の開発を開始
昭和 59年 6月 文字情報処理部門 YES部設置
昭和 63年 11月 資本金1,200万円に増資
昭和 63年 12月 取締役会長に吉田久二就任
取締役社長に吉田和久就任
平成 5年 6月 資本金2,000万円に増資
平成 6年 4月 DTP本格稼動
平成 7年 10月 大日本スクリーンPlateRate1080 フォトポリマー版用プレートセッター(CTP)導入
平成 11年 4月 Heidelberg Speedmaster SM102 菊全判両面8色印刷機導入
平成 12年 3月 印刷通販サービス開始
平成 13年 7月 Heidelberg Speedmaster SM52 菊四切片面4色印刷機導入
平成 14年 5月 コールセンター開設
平成 14年 7月 ISO 9001取得
平成 14年 12月

中小企業経営革新支援法の承認(小ロットを活用した通販形態の確立)

大日本スクリーンPlateRate8600 サーマル版用プレートセッター(CTP)導入

平成 15年 3月 新潟エリアでの訪問営業廃止
平成 15年 12月 大日本スクリーンPlateRate8000Ⅱ サーマル版用プレートセッター(CTP)導入
平成 17年 1月

中小企業経営革新支援法の承認(小口分割印刷の確立)

KOMORI Lithrone44 四六全判片面4色印刷機導入

平成 17年 3月 Heidelberg StahlfolderTH82 B全判折機導入
平成 18年 2月 Heidelberg Speedmaster XL105 B1対応菊全判伸び片面4色印刷機導入
平成 18年 10月 Horizon StitchLiner5500 中綴じ機導入
平成 18年 12月 グリーンプリンティング認定工場に認定
平成 19年 3月 Heidelberg Suprasetter105 サーマル版用プレートセッター(CTP)導入
平成 19年 4月 現像レス刷版へ全面移行
平成 19年 6月 秋葉原に東京オフィス移転
平成 21年 1月 ハイデルベルグ・エコ・プリンティング・アワード大賞を「フレッシュプリント」で受賞
平成 21年 2月 中小企業経営革新支援法の承認(「フレッシュプリント」実現基盤技術と「伝える力」の革新的融合による販路拡大)
平成 22年 10月 アグフア製現像レス刷版へ全面移行
平成 23年 2月 ISO 9001を自主運用の品質マネジメントに切り替え
平成 23年 7月

本社工場を竣工し、今泉に移転

Heidelberg Speedmaster XL105 B1対応菊全判伸び両面8色印刷機導入

平成 23年 9月 印刷・DTP専門デジタルコンテンツ販売サイト「印刷の泉」オープン
平成 23年 10月 Agfa Anapurna Mw ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ導入
平成 24年

6月

枚葉印刷機による極薄紙印刷の技術開発を開始
平成 25年 5月

株式会社闌車(ランシャ)を合併

資本金3,000万円に増資

印刷オペレーターの技術向上セミナー「マイスタースクール」開講

極薄紙印刷「スーパーライトプリント」サービス開始

平成 26年 8月 紙モノ雑貨を販売するオンラインショップをオープン
平成 26年 10月 本社工場での有機則該当溶剤の全廃達成
平成 27年 1月 リコーPro C7110S デジタル印刷機(POD)導入
平成 27年 7月 第26回国際文具・紙製品展ISOTへ出展
平成 28年 7月 第27回国際文具・紙製品展ISOTへ出展
平成 28年 8月 「フレッシュプリントコンソーシアム」発表