印刷設備

印刷設備
目次 [ 隠す ]
Loading...

安定稼動の基本はメンテナンス

弊社はメンテナンスの重要性について日々社員教育を行っております。

印刷機のメンテナンスに6時間を割り当てることもあります。機械のメンテナンス中は印刷を行えませんので何も生み出しません。またメンテナンスは経費がかかるというご意見もあるでしょう。

しかし機械の性能を十分に引き出し維持するためには、何をおいてもメンテナンスを行い、機械を常に新品に近い状態にしておくことが大切です。機械の性能が発揮されない状態では、安定した稼動は保てません。

安定稼動は安定品質とともに、次のステップに踏み出すための礎となります。

メンテナンス風景
メンテナンス風景

▲印刷機のメンテナンス

CTP(プレートセッター)

高速サーマルプレートセッターを使用しています。吉田印刷所はフィルムを使用せず、CTP率100%です。

専用の刷版現像機が不要の環境配慮対応の次世代型刷版(CTP)システムを導入しています。

CTP
  • Heidelberg Suprasetter 105

さらに詳しく

CIP3

印刷時に必要なインキ壺(インキ量)情報などをデジタル管理し安定した印刷オペレーションを助けます。

CIP3

さらに詳しく

分光測色機

デジタル測色機による自動インキ色管理システムを採用しています。

ハイデルベルグ社の印刷機Speedmaster XL105-8Pに内蔵されている「Prinect Inpress Control」と、ハイデルベルグ社の分光測色機「CPC-21」「CPC-24」は、色の測定を目による判定ではなく、デジタルデータとして測定して管理します。

実際に刷り上がってきた印刷物のカラー情報を数値化し、ハイデルベルグ社の印刷機「Speedmaster XL-105-8P」「Speedmaster XL105-4」「Speedmaster SM102-8P」「Speedmaster SM52-4」にフィードバックすることで、自動的に適切なインキ量へ補正します。

分光測色機
  • CPC-21
  • CPC-24

さらに詳しく

印刷機

商業印刷用印刷機

印刷のオペレーションが安定するようにオフセット印刷機は全てHeidelbergに統一されています。

印刷機
  • Heidelberg Speedmaster XL105-8
  • Heidelberg Speedmaster XL105-4
  • Heidelberg Speedmaster SM102-8P
  • Heidelberg Speedmaster SM52-4
  • AGFA Anapurna Mw

さらに詳しく

製袋加工用印刷機

製袋加工用印刷機
  • RYOBI 3200 PCX

断裁機

断裁機は菊全判(939×636mm)などの大きなサイズの用紙を効率よく断裁できる機器を導入しています。

面付けした印刷物を仕上がり寸法に断裁していきます。一度に250~1,000枚を断裁するため1~2mm程度の断裁のずれが生じる場合があります。

仕上がり線まで写真や画像が来る場合は、必ず裁ち落とし3mm程度まで画像を入れておくことで断裁ずれで紙の色(白)が出る現象を抑えることができます。

断裁機
  • Heidelberg Polar 115XT
  • ITOTEC ROBOCUT

さらに詳しく

中綴じ製本機

高速で精度の高い中綴じ製本が可能です。

中綴じ製本機
  • StitchLiner5500

さらに詳しく

無線綴じ製本機

ページ数の多い冊子・カタログ印刷の製本には無線綴じ製本をおすすめします。

無線綴じ製本機
  • Horizon BQ-460

さらに詳しく

折り機

2つ折りや巻き三つ折り・外三つ折り(Z折り)だけでなく、様々な折加工が可能です。

折り機
  • Heidelberg Stahlfolder TH

さらに詳しく

穴空け機

カタログや冊子などを綴じるときに便利な2穴加工・4穴加工・ドンコ穴加工のできる穴空け機を導入しています。

穴空け機

さらに詳しく

製袋設備

機械設計段階から携わり、自社独自の製造方法で製袋を行っています。

製造工程の工夫で、他社の製品にみられる凹凸、段差をなくすことに成功しました。プリンターでの引っかかりを防ぐことができ、スムーズな印字が可能です。