和柄グラシン紙の桜餅風ラッピング
let's enjoy handmade life

和柄シリーズ「桧垣柄 撫子」を使った桜餅風のラッピングです。気分は和菓子屋さん!

容量よりも桜餅らしいフォルムを重視したので、1枚のグラシン紙から大小二つできる型紙になりました。

春先なら桜味のお菓子や、桜モチーフのシールを入れておすそ分けしても楽しいですね。

和柄グラシン紙の桜餅風ラッピング

材料&道具

カラーグラシン 和柄シリーズ / 150×150mm

ポイント!

葉をギザギザにし、桜餅のように閉じるのがポイントです。

春先や、あのキャラ好きなお友だちへのラッピングに使ってほしいです。

詳しい作り方

step1
和柄グラシン紙の桜餅風ラッピング - step1
型紙を作ります。
PDFをダウンロードし、A4用紙に実際のサイズ(100%)で印刷したものを、150mm四方にカットしてください。
step2
和柄グラシン紙の桜餅風ラッピング - step2
型紙と和柄グラシン紙を重ねます。
グラシン紙は薄いので何枚か重ねて一度にカットできます。
step3
和柄グラシン紙の桜餅風ラッピング - step3
型紙ごと実線部分をカットします。
ずれるときはクリップで軽く押さえます。
step4
和柄グラシン紙の桜餅風ラッピング - step4
型紙の点線で、折り目をつけます。グラシン紙の表面が外にくるように注意してください。
step5
和柄グラシン紙の桜餅風ラッピング - step5
両面テープを貼り、ピンク部分だけ貼り合わせます。
封筒になりました。
step6
和柄グラシン紙の桜餅風ラッピング - step6
中身を入れて、葉を閉じます。
葉が浮き上がるときは、軽く糊付けします。(テープより糊の方が目立ちません)

このアレンジにぴったりの商品 オンラインストアで買えます♪