【DTPお役立ち情報】PDFファイルの縮小のポイント/正しいInDesignのバージョンで開くアプリ/マップ折りについて

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら
株式会社吉田印刷所
DTP関連のお役立ち情報
 吉田印刷所メールマガジン 2018/03/02 号

DTPお役立ち情報

印刷データの編集作業やデータ作成に役立つ情報をお届けします
 
PDFのファイルサイズを縮小(圧縮)する方法(Acrobat DC)

PDFのファイルサイズを縮小(圧縮)する方法(Acrobat DC)


Acrobat DCを使って、PDFファイルのサイズを小さくする(ファイルサイズを軽くする)方法を紹介します。

印刷用のPDFから、画面で閲覧するタイプのPDFへ変換します。

ここで紹介する手順で作業したPDFはあくまでも画面表示用です。印刷PDFとして使用しないでください。

PDFのファイルサイズを小さくするポイントは以下の3点です。
  • カラー変換
  • 画像の解像度の調整
  • 不要なデータの削除
PDFのファイルのサイズを縮小する方法はこちら
open_the_indd

InDesignファイルを
保存されたバージョンで開くアプリ


アドビによって選出されたAdobeフォーラムで非常に活躍されている参加者であるMVP(Most Valuable Participant)の「お~まち」さんがInDesignドキュメントファイルのバージョン判定アプリをリリースされました。

通常、複数のInDesignのバージョンがインストールされた環境では、InDesignドキュメントファイルをダブルクリックで開くと、最後にインストールしたInDesignで開かれてしまいます。

InDesignでは、新しいバージョンで保存されたInDesignドキュメントファイルは、古いバージョンでは開くことができなくなるので、誤って保存すると、編集作業に大きな問題が起こることがあります。

また、新しいバージョンで開くと、文字組版が変わったり、デザインが変わったりすることがあるので、新しいバージョンで開けば良いというものではありません。


今回紹介するアプリは、InDesignドキュメントファイルの保存バージョンを判定し、自動的にそのバージョンで開くアプリです。誤って新しいInDesignでファイルを開いてしまう問題を軽減するアプリになります。

Windows版で、バージョンの判定はInDesign 2.0~CC2018(13.0)に対応しています。
(なおMacで同じようなアプリとしては、ものかのさんが作成されたGleeというアプリがあります)

無料で利用できますが、自己責任にてご利用ください。

ダウンロードや詳細情報は以下のボタンをクリックしてください。
『open_the_indd』について
Illustratorのカラーモードを変更すると透明効果の描画モードを使用したデータが意図しない状態になる

Illustratorのカラーモードを変更すると
データが意図しないカラーに変化する


Illustratorにて透明効果を利用したオブジェクトのカラーが、ドキュメントのカラーモードをすると、大きく変化する場合があることをご存じですか?

具体的な状況としては、始めに「RGBカラー」でデータを作成し、最後に印刷入稿用に「CMYKカラー」へカラーモードを変更する、というものが挙げられます。

場合によっては、画像の様に色が失われて「真っ白」になってしまうこともあります。
場合によっては、まったくイメージと違うものに変化してしまいます。

より詳しい情報は以下のボタンのリンクからご覧ください。
 
カラーが変化する現象の解説はこちら
Illustratorで修正がしやすい角丸四角形を作る/角丸サイズの調整方法

Illustratorで修正がしやすい角丸四角形を作る


Illustratorで角丸の四角形を作成方法と、角丸のサイズの調整方法を紹介します。

Illustrator CC 2014からはライブシェイプという機能で、角丸四角形の作成も簡単になり、タブの形のような四角形の上の2つの角だけ角丸も簡単に作成できるようになりました。

またこのライブシェイプの角丸四角形は再編集ができるので、直しがあったときの作業の時間が短縮できます。

詳しい情報は以下のボタンのリンクからご覧ください。
 
角丸四角形の作り方の解説はこちら
マップ折り(MAP折り)・地図折り
Illustratorで修正がしやすい角丸四角形を作る/角丸サイズの調整方法
マップ折り(MAP折り)・地図折り

マップ折りMAP折り図折りについて


観光マップや防災マップなどで使用されるマップ折りを紹介します。

マップ折りは、図折りとも言われ、その名の通りマップの折り加工で使用されることが多いです。(同じような折りで「ミウラ折り」がありますが、そちらは別の折り方です)

マップ折りは、蛇腹折り(同じ方向に折っていく折り方)の後に、二つ折りや三つ折りなどを行う折り方です。
折る回数はマップのサイズと仕上げのサイズによって異なります。

吉田印刷所ではマップ折り印刷物を承っております。マップ折り印刷物を検討されている方は、折りのサイズや折り回数によっては対応できない場合もありますので、一度窓口へご相談ください。

マップ折りの例や注意事項など詳しい情報は以下のボタンのリンクからご覧ください。
 
マップ折り・地図折りの解説はこちら
窓口へのお問い合わせはこちら

DTPサポート情報とDTP印刷用語

 
DTPサポート情報では、DTPに関する様々なトラブルの情報を、DTP印刷用語集では200語を超える業界で使用する専門的な用語を、ユーザーの立場から解説したページです。ぜひご活用ください。
また、参考になったページがあったらシェアしてもらえると嬉しいです!
 
今回のメールが役立ったらシェア・ツイートをお願いします!
以下のアイコンをクリックでシェアなどができます。
シェア
ツイート
なお、内容に関しては、できる限り正確になるよう努めておりますが、正確・完全・最新の情報であることを保証いたしません。
Facebook
Twitter
Google+
ソーシャルメディアでも情報発信中!
いいね!やフォローをお願いします
Copyright © 2018 〈株式会社吉田印刷所〉, All rights reserved.
株式会社吉田印刷所
吉田印刷所のサービス
フレッシュプリント・カタログ印刷 薄紙印刷/スーパーライトプリント 相談できる印刷通販トクプレ. お薬袋・おくすり手帳

神社・仏閣 授与品袋・お守り入れ袋 ペーパーアイテム販売 そ・か・な×グラシン工房 DTPサポート情報 DTP・印刷用語集

このページをシェア

カテゴリ

メールマガジン全文

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。

こんな記事も読まれています