PDFのファイルサイズを縮小(圧縮)する方法(Acrobat DC)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
PDFのファイルサイズを縮小(圧縮)する方法(Acrobat DC)

Acrobat DCを使って、PDFファイルのサイズを小さくする(ファイルサイズを軽くする)方法を紹介します。

印刷用のPDFから、画面で閲覧するタイプのPDFへ変換します。


ここで紹介する手順で作業したPDF印刷PDFとして使用しないで下さい。


PDFのファイルサイズを小さくするポイントは以下の3点です。

  • カラー変換
  • 画像の解像度の調整
  • 不要なデータの削除
吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

PDFのファイルサイズを縮小する手順

ファイルサイズは約23Mバイトの印刷PDFファイルを用意しました。

ファイルサイズ約23Mバイトの印刷用PDFファイル


Acrobat DCでPDFファイルを開きます。



CMYKカラーからRGBカラーへの変換

タブの「ツール」をクリックし、「印刷工程」のアイコンをクリックします。

「印刷工程」のアイコンをクリック


横に表示されるメニューの「色を置換」をクリックします。

「色を置換」をクリック


「色の置換」のダイアログの出力インテントの項目の「カラーを出力インテントに変換」にチェックを付け、プロファイルを「Adobe RGB(1998)」を選択して、「OK」をクリックします。

するとカラーがすべてRGBカラーへ変換されます。

「カラーを出力インテントに変換」にチェックを付け、プロファイルを「Adobe RGB(1998)」


この状態で名前を付けて保存すると、ファイルサイズが17Mバイトになっており、26Mバイトから24%縮小したことが確認できます。

ファイルサイズが17MバイトのPDFファイル



メニューの「ファイル」→「その他の形式で保存」→「最適化されたPDF」を選択します。

「ファイル」→「その他の形式で保存」→「最適化されたPDF」


PDFの最適化」のダイアログが表示されたら、右上にある「互換性を確保」を「Acrobat 7.0 およびそれ以降」にします。

「互換性を確保」を「Acrobat 7.0 およびそれ以降」


画像の解像度の調整

PDFの最適化」のダイアログで「画像」の項目を選択し、画像の設定を以下の様に設定します。

  • カラー画像
    • ダウンサンプル:ダウンサンプル(バイキュービック法)
    • 150ppi
    • 次の解像度を超える場合:150ppi
    • 圧縮JPEG2000
    • 画質:中

  • モノクロ画像
    • ダウンサンプル:ダウンサンプル(バイキュービック法)
    • 150ppi
    • 次の解像度を超える場合:150ppi
    • 圧縮JPEG2000
    • 画質:中

  • 白黒画像
    • ダウンサンプル:ダウンサンプル(バイキュービック法)
    • 600ppi
    • 次の解像度を超える場合:600ppi
    • 圧縮:CCITT Group 4

「PDFの最適化」のダイアログで「画像」の項目


不要なデータの削除

「オブジェクトを破棄」の項目を選択し、項目すべてにチェックを入れます。

「PDFの最適化」のダイアログで「オブジェクトを破棄」の項目


「ユーザーデータを破棄」の項目を選択し、項目すべてにチェックを入れます。

「PDFの最適化」のダイアログで「ユーザーデータを破棄」の項目


「最適化」の項目を選択し、以下の画像の様に設定して、「OK」をクリックします。

「PDFの最適化」のダイアログで「最適化」の項目



このPDFの最適化を行うとPDFのファイルサイズは2Mバイトまで縮小されました。最初の23Mバイトと比べると、ファイルサイズは90%も減少しています。

ファイルサイズが2MバイトのPDFファイル



画面上での比較

元の印刷PDFとファイルサイズを縮小したPDFとで画面上でどの程度見え方が違うのかを比較してみます。

それぞれのファイルをAcrobatで100%表示して並べてみます。

元の印刷用PDFとファイルサイズを縮小したPDF

ドロップシャドウの表現や文章の文字の部分で表現の違いはありますが、画面上で見る用途であれば大きな問題にはならないのではないでしょうか。


ファイルサイズを縮小するにあたっての注意点

この手順では以下の注意点があります

  • RGBカラーへ変換した際にオブジェクトの効果が消えてしまうことがあります。
  • 画像の解像度を調整した際に画像が意図しない状態へ崩れてしまうことがあります。
  • 画像の解像度などは、画像の内容によっては画像の意図が読み取れなくなる場合もあります。その際には適切な解像度へ設定して変換してください。
  • 検索用の情報やしおりデータなどを削除するため、アクセシビリティが低下するおそれがあります。

また、変換元のPDFはできる限りPDF/X-1aではなく、PDF/X-4などの透明効果が残っているPDFデータの方がファイルサイズが小さくなる傾向にあります。

これはPDF/X-4などのPDFデータの方が構造がシンプルであるためです。

関連情報・参考資料

このページをシェア

カテゴリ

Acrobat Acrobat DC PDF

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。

こんな記事も読まれています