“QRコード” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
QRコード

表記・読み


解説

QRコードとは?

QRコードとはいわゆる2次元コード(縦横に情報のための印があること)のことで以下の画像のようなものです。

QRコードの例


名刺・雑誌などで見かけることがあるかと思います。コンサート・ライブなどでチケットの代わりに携帯電話をコードリーダーに読み込ませるようなものもQRコードを利用していることが多く見られます。

このQRコードとはどういったものなのでしょうか。


2次元コードにはいくつかの種類があり、QRコードはそのうちのひとつです。

QRコードは株式会社デンソーウェーブが開発し、JIS規格・ISO規格としても採用されている規格です。

このQRコードの仕様・規格はオープンにされており、開発元のデンソーウェーブが保有する特許の権利行使を行わないことを宣言したコードになっています。


QRコードは小さい面積に大容量の情報量を埋め込むことができます。

例えばメールアドレスや住所・電話番号・ホームページのアドレスやフリーメッセージなどをQRコードに入れ込むことができます。

QRコードのサイズやエラー訂正レベルにもよりますが、規格上では漢字1,817文字まで入れることが可能です。

また、汚れや欠けにも強く、一部がぼけた状態でQRコードを取り込んでもエラー訂正により正しく認識されます。

吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

QRコードの使用例

QRコードを読めるアプリを入れたスマートフォンがあれば、印刷物にQRコードを入れて、サイトのアドレス・メールアドレス・追加情報などをスマートフォンに取りませることが可能です。


  • QRコードに自社サイトや商品ページのURLを入れて訪問を誘導する
  • 図にQRコードを入れて、スマートフォンでQRコードを読み込んでもらい、店舗情報やクーポンが掲載されているウェブページ・SNSを開いてもらう
  • TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアアプリでプロフィールのアドレスの交換に使用する(これは厳密なQRコードではありません)
    TwitterアカウントのQRコード

※その他にオンライン決済などでの利用も近年増加しています



QRコード読み取りアプリ

スマートフォン(iOS・Android)では、株式会社デンソーウェーブ(QRコードの商標を保有)とアララ株式会社が共同開発した「Q」という無料のアプリがあります。

読み取りにくかった小さなQRコードや細かいQRコードなどのQRコードが高速に読み取りができるのでオススメできます。

公式QRコードリーダー「Q」



QRコードを作成する

ウェブサイトで作成する場合は、株式会社デンソーウェーブとアララ株式会社が運営するサイトや、QRのススメなどがあります。

こちらは出力がRGB形式の画像ファイルになります。

印刷物で使用する際のカラー変換では、黒の部分がK(スミ)のカラーだけになるように注意してください。黒の部分がリッチブラックに変換されていると、読み取り精度が低下したり、読み取れなかったりする可能性が高くなります。

IllustratorInDesignQRコードの作成をしたい場合は、ベビーユニバース社から「Serial Barcode」というプラグインが販売されており、こちらを導入することでIllustratorInDesign上で簡単にQRコードを作成することができます。こちらのプラグインはQRコードの作成のみならず20種類以上のバーコードを作成することが可能です。


InDesign CCに関しては、標準でQRコードを作成することができます。ただし文字コードの関係で古い携帯電話で読み取ると文字化けする可能性があります。


IllustratorPhotoshopInDesignに対応した無料のExtention(機能拡張アドオン)である「QR Code Maker Pro」もあります。



QRコード印刷物に入れて活用をしてみてはいかがでしょうか?


QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連情報・参考資料

このページをシェア

カテゴリ

デザイン デザイン・編集・製版工程

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。

こんな記事も読まれています