“PNG” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
目次 [ 隠す ]
Loading...

表記・読み

  • PNG…ぴんぐ

解説

PNGとは、Portable Network Graphicsの略で、主にウェブで使用される画像形式のひとつです。


PNG形式は以下のカラー情報で保存することが可能です。

  • モノクロ2階調
  • グレースケール
  • 8bitのインデックスカラー
  • RGB 各色8bit 合わせて24bitカラー
  • RGB+透明 各色8bit 合わせて32bitカラー
  • RGB 各色16bit 合わせて48bitカラー
  • RGB+透明 各色16bit 合わせて64bitカラー


PNGファイルのプロパティ
RGB+透明 各色8bit 合わせて32bitカラーで保存したPNGファイルのプロパティ


RGB各色合わせて24bit以上のカラーで保存した場合は、階調豊かに画像を保存することができます。

また透明の情報も含めて保存できるため、半透明の画像やボケアシのある画像の保存をすることが可能です。


ウェブや印刷物などでよく見る「いらすとや」の画像ファイルもPNGファイルです。

いらすとやの画像ファイルは「RGB+透明 各色8bit 合わせて32bitカラー」になっています。※以下の画像は「8bitのインデックスカラー」(透明情報あり)で保存し直しています。

四つ葉のクローバーを発見した人のイラスト(女性)
非接触体温計のイラスト(手)

画像出展:四つ葉のクローバーを発見した人のイラスト(女性) 非接触体温計のイラスト(手)(いらすとや)


可逆圧縮といわれる圧縮方式のため、PNG形式で保存したものは元の画像と一致します。

※元の画像が24bitのカラーの画像を8bitのPNGに保存した場合は、階調が少なくなっているので、元の画像とは違います。


ファイルサイズについて

風景や人物などの写真的な画像の圧縮率はJPEG画像に比べると劣る場合が多いですが、図形や漫画やアニメの様な同一のカラーが多く並ぶ画像の場合、JPEG画像よりファイルサイズが小さくなる傾向にあります。

このため、スクリーンショットなどの画像は、文字や景などの情報がはっきりしており、同一のカラーが多く並ぶことが多いため、JPEG形式で保存するより、PNG形式で保存した方が、ファイルサイズが小さく、なおかつきれいに画像を保存できることが多くあります。

※写真などが入っているスクリーンショットではJPEGの方がファイルサイズが小さくなることが多いです。

拡張子

ファイルの拡張子は「png」がよく使用されています。

このページをシェア

カテゴリ

ソフトウェア デザイン・編集・製版工程 画像

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。

こんな記事も読まれています