“EPS” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
EPS
目次 [ 隠す ]
Loading...

表記・読み

  • EPS…いーぴーえす

解説

EPSとは、Encapsulated PostScriptの略称です。ファイルの保存形式のひとつです。

PostScriptはページ記述言語で、複数ページの情報を持つことができますが、EPSファイルは単ページの情報だけを持つことが基本になっています。


EPSファイルの記述はPostScriptを基に記述されています。

EPSファイルはPostScriptベースなので安定性も非常に高く、DTPの業界では以前から一般的な形式として扱われています。

EPSファイルはPostScriptで記述されているため、PostScript非対応プリンター・出力機(QuickDraw・GDI・WPSベースのプリンター)では、PostScriptの部分をプリンターで解釈できずに正常に出力されません。


このため内容が分かるように「プレビュー」をEPSファイル内に添付しておき、そのプレビューを利用することが一般的になっています。

このような特性を持つため、EPSファイルはPostScriptプリンタ・出力機がない場合は、非常に扱いづらい形式といえるかもしれません。

もちろんPostScript対応プリンター・出力機では画像本来の内容が出力されます。



EPSファイルの構造

一般的にEPSファイルは以下の図のように2層構造をしているといっても良いでしょう。


EPSファイルのプレビューはレイアウトソフトにも使用されます。プレビューを使用することで、レイアウトソフトの画面上に作画のためにすべてのデータを読み込む必然性が無く、描画のスピードが向上します。


Illustratorの環境設定によりますが、Illustrator上でEPSファイルは以下のように見えます。

PostScript非対応プリンタ・出力機ではEPSデータの中身(実データ部分)を解釈(描画)できないため、このまま出力されます。


Illustrator上でPhotoshop形式JPEGファイルは以下のように見えます。

これはIllustratorPhotoshop形式JPEGファイルを独自に解釈しているためです。



EPSの注意点

EPSはカプセル化されたPostScriptファイルなので、再編集には不向きです。


ただし、Illustrator EPSが再度Illustratorで開けるのはIllustrator EPSの中に、プレビューと出力用のデータの他に、Illustratorの編集用のデータを一緒に保存しているからです。

PhotoshopではPhotoshop EPS形式で保存する際に、Photoshop EPSファイルの中にPhotoshopの編集用のデータを保存できません。

また、InDesignからEPSファイルを書き出した場合は、EPSファイルの中にInDesignの編集用のデータを保存できません。


このため、例えば、InDesignから書き出したEPSファイルをIllustratorで開こうとしても、Illustratorで正常に編集できません。これは仕様です。

例えば、InDesignで以下のような表組をEPS形式で保存して、IllustratorEPSファイルを開くと、テキスト部分が分割され(=分割されたポイントテキストになり)、編集作業が非常に行いづらい状態になります。

InDesignで表組を作る
InDesignで表組を作った状態
IllustratorでEPSファイルを開いた状態
InDesignから書き出されたEPSファイルをIllustratorで開いた状態

EPSファイルは再編集に不向きなファイルなので、最近ではIllustratorPhotoshopではEPSファイルを利用するのではなく、ネイティブ形式のAI形式PSD形式を利用することが多くなってきています。

このページをシェア

カテゴリ

デザイン・編集・製版工程 データ ファイル形式 画像

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています