“EPSファイル” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

  • EPS...いーぴーえす

解説

EPSとは、Encapsulated PostScriptの略称です。ファイルの保存形式のひとつです。

PostScriptはページ記述言語で、複数ページの情報を持つことができますが、EPSファイルは単ページの情報だけを持つことが基本になっています。


EPSファイルの記述はPostScriptを基に記述されています。EPSファイルはPostScriptベースなので安定性も非常に高く、DTPの業界では最も一般的な形式として扱われます。

EPSファイルはPostScriptで記述されているため、QuickDraw・GDIベースのいわゆるPostScript非対応プリンタ・出力機では、PostScriptの部分をプリンタで解釈できずに正常に出力されません。


このため内容が分かるように「プレビュー」をEPSファイル内に添付しておき、そのプレビューを出力することが一般的になっています。†1

このような特性を持つため、EPSファイルはPostScriptプリンタ・出力機がない場合は、非常に扱いづらい形式といえるかもしれません。もちろんPostScript対応プリンタ・出力機では画像本来の内容が出力されます



EPSファイルの構造

一般的にEPSファイルは以下の図のように2層構造をしているといっても良いでしょう。


EPSファイルのプレビューはレイアウトソフトにも使用されます。プレビューを使用することで、レイアウトソフトの画面上に作画のためにすべてのデータを読み込む必然性が無く、描画のスピードが向上します。

Illustrator上でEPSファイルは以下のように見えます。†2PostScript非対応プリンタ・出力機ではEPSデータの中身(実データ部分)を解釈(描画)できないため、このまま出力されます。


Illustrator上でPhotoshop形式JPEG形式は以下のように見えます。これはIllustratorPhotoshop形式JPEG形式のファイルの中身(実データ部分)を独自に解釈しているためです。



EPSの注意点

EPSはカプセル化されたPostScriptファイルなので、再編集には不向きです。

Illustrator EPSが再度Illustratorで開けるのはIllustrator EPSの中に、Illustratorの編集用のデータを同じファイルの中に一緒に保存しているからで、Illustrator EPSファイル以外のEPSファイルをIllustratorで開いて再度編集できないのはEPSファイルの性質上、仕方がないことかもしれません。(例:InDesignから書き出したEPSファイルをIllustratorで開く...など)

  • †1: プレビューを付けないようにもできます。
  • †2: Illustratorの環境設定によります。

関連情報・参考資料