薄葉紙の語義

薄葉紙(うすようし)とは、紙の重さが非常に軽い薄い紙の総称です。ティッシュ(ティシュ)とも呼ばれます。

業界により呼び方が多少異なります。

印刷業界
薄葉紙(うすようし)、ティッシュ、ティシュ
アパレル業界
うす紙(うすし)
英語
tissue, tissue paper

薄葉紙の種類

薄葉紙には様々な種類があります。

グラシン
製菓の型紙や、窓開き封筒の窓部分に使用される透明度の高い紙
インディアンペーパー
聖書や辞書で使用される20g/m2~40g/m2の紙
雁皮紙(がんぴし)
複写・図面用として使用される紙
京花紙
高級ティッシュペーパーなどで使用される紙
ちり紙
ティッシュペーパー
ティーバッグ用紙

薄葉紙の定義

JISの規格(No.6014 薄葉印刷紙・No.6015 薄葉和紙の項目)では薄葉紙の洋紙・和紙の坪量(紙の重さ)は40g/m2以下とされています。この坪量以下のものは薄葉紙と言えます。

※事典や辞書によれば和紙は20g/m2と定義されている場合が多いです。


坪量の紙の重さと紙の厚さは比例していません。

これは用紙の作り方によって、密度を変えて同じ重さの紙でも厚さが出るように作ったり、表面の仕上げ状態によって厚さが変わったりするからです。

例えば、グラシンの様に紙の密度を高めることで透明度を上げている用紙の場合、紙の重さはある程度ありますが、かなり薄い紙になります。

また「菊」という用紙の場合、和紙のような風合いで紙の密度がまだらになっている用紙では、紙の重さはグラシン紙の40%程軽いですが、薄さはさほど変わらない用紙となります。


身近な薄い紙・物と比べてみましょう

グラシン(薄口)の紙の厚さは0.024mmですが、0.024mmといってもピンと来ないかもしれません。

そこで身近にある紙や物と比べてみましょう。※吉田印刷所調べ

品目厚さ・細さ
画用紙(厚口)0.33mm
郵便はがき0.22mm
画用紙(薄口)0.20mm
クリアファイル0.19mm
コピー用紙0.09mm
髪の毛0.08mm
新聞紙0.07mm
ティッシュペーパー0.04mm
食品用ラップフィルム0.01mm

こうしてみると、グラシン(薄口)は郵便はがきの約1/10の厚さ、コピー用紙の約1/4の厚さとなり、非常に薄いことがわかります。


用紙の厚さと印刷可能サイズ一覧

用紙の厚さと印刷可能サイズ一覧

上の図は吉田印刷所で印刷可能な薄紙(薄葉紙)を掲載しています。

用紙によって、紙の厚さがかなり違うことや、印刷できるサイズに大きな違いがあります。

また、用紙によって風合い(質感や肌触り)や印刷の仕上がりが違います。紙による違いについては、対応用紙銘柄一覧のページをご覧ください。

対応用紙銘柄一覧ページはこちら


薄紙(薄葉紙)はどのような場面で使われているのか

薄紙は以下のようなものにも使われています。

包装資材
掛け紙、包装紙、包装帯、インナーラップ、果実包装資材
文具、インテリア
カレンダー、半透明封筒、クリアポスター
医薬品業界
医薬添付文書、能書
マーケティング
軽量DM
その他
辞書、約款、規定集、マニュアル など

枚葉オフセット印刷でのフルカラー印刷が可能となったことで、印刷物の可能性は新しい価値を伴って更なる広がりを見せるものと確信しております。


グラシンやtカラペなど主要薄紙をまとめた無料サンプルセットをお送りします!

冊子『採用事例集』付きです。実際に手に取って、薄さ・印刷品質をお確かめください。