印刷の仕様

印刷方式

FMスクリーン または AMスクリーンの枚葉オフセット印刷

印刷用紙によって適した形式がございます。弊社では更面・不織布はAMスクリーンをお薦めしております。

印刷カラー

CMYKカラー または 特色(スポットカラー)

蛍光インキは使用できません。

その他、一般的な特色は対応可能ですが、事前の打ち合わせが必要です。

金・銀インキは印刷可能ですが、印刷後の工程の難易度が高く、またニスコーティングなども必要です。納期に関してお時間をいただく場合がございます。ご注意ください。

印刷最大サイズ

用紙により異なります。  対応用紙銘柄一覧

仕上がり断裁対応対応可能
刷りっぱなしでの納品対応可能
製本・後加工

用紙により異なります。  薄紙への加工について

入稿データについて

対応データ形式

Illustrator または Photoshopで作成してください。

  • Illustrator 8~10・CS1~CS6・CC対応
  • Photoshop 各バージョン対応

Illustratorではフォントをアウトライン化してください。

PDF形式の場合はご相談ください。

対応カラー

CMYKカラー または 特色(スポットカラー)で作成してください。

特色ホワイトのみの印刷の場合、プロセスカラーのブラックで作成をお願いいたします。

総インキ量(TAC値)

CMYKのカラーの掛け合わせは、合計で250%以下に抑えるようお願いいたします。

インキ量が250%を超えた場合、インキの乾きが悪くなり納期に影響することや、裏写りなどによる印刷の汚れが発生することがあります。

全面が絵柄のデザイン

全面に絵柄が入っているデザインで、25g/m2以下の非常に薄い紙(薄葉紙 菊・トップカラー・チャリロール・脂取り紙など)での印刷では、インキの特性により、印刷が困難になる場合があります。

また、印刷の安定性を確保するため、面付け時に余白が必要となる場合があります。(1枚の印刷用紙から印刷できる枚数が少なくなる可能性があります)

特色

蛍光インキは使用できません。

その他、一般的な特色は対応可能ですが、事前の打ち合わせが必要です。

金・銀インキは印刷可能ですが、印刷後の工程の難易度が高く、またニスコーティングなども必要です。納期に関してお時間をいただく場合がございます。ご注意ください。

絵柄によりますが、ブラック(スミ)はオーバープリントしておくことをお薦めします。

特色を使用している際は特に透明効果・オーバープリントにご注意ください。

断裁

断裁の精度は±1mm程度です。

仕上がり位置(断裁位置)付近で断ち切れると問題になるデザインや文字・写真はご注意ください。

刷りっぱなし

単色での印刷のみで、トンボは入りません。

また紙の端から10mm以上余白が必要となります。


薄紙印刷は紙の種類や大きさ、枚数により対応が異なり、案件により様々です。

加工、納期、お見積もりなど、まずは担当営業にご相談ください!