カタログ・冊子を作る時に普通の紙と薄い紙と比較してみる

薄紙を使用するシチュエーションは包装紙やラッピングばかりではありません。

カタログ・冊子の本文用紙でも薄い紙を使用して印刷をすることで、様々なメリットが生まれます。

紙の厚さでこんなに違う

吉田印刷所では、カラー印刷で使用される一般的な用紙と、薄い用紙でカタログ印刷をした時に、カタログがどのくらい違うのかを検証してみました。

仕様は次の通りです。


110kg43kg
ページ数表紙+本文224ページ表紙+本文224ページ
表紙用紙同じ紙を使用
本文用紙(四六判換算)マットコート紙110kgマットコート紙43kg
綴じ無線綴じ無線綴じ

(協力 本文印刷データ:スギコ産業株式会社/用紙:王子製紙株式会社)


重さの比較

まずは、1冊あたりの重さを比べてみます。

マットコート紙110kgで印刷した場合は913g、マットコート紙43kgで印刷した場合は368.8gでした。

重さは半分以下となり、60%削減されました。


厚さの比較

1冊あたりの厚さも比べてみます。

マットコート紙110kgで印刷した場合は16.5mm、マットコート紙43kgで印刷した場合は5.2mmでした。

厚さも大幅に薄くなり、70%削減されました。


紙の透け感の比較

用紙が薄くなれば、印刷の仕上がりにも影響してきます。薄いと裏側の印刷や下のページの印刷が透けて見えてきます。透け感を比べてみましょう。

ここではマットコート紙110kg・43kgだけでなく、マットコート紙70kg・51.6kgも比べてみます。


目次

110kg
マットコート紙110kg
70kg
マットコート紙70kg
51.6kg
マットコート紙51.6kg
43kg
マットコート紙43kg


製品紹介ページ(裏面に濃い絵柄)

110kg
マットコート紙110kg
70kg
マットコート紙70kg
51.6kg
マットコート紙51.6kg
43kg
マットコート紙43kg


製品紹介ページ(裏面に薄い絵柄)

110kg
マットコート紙110kg
70kg
マットコート紙70kg
51.6kg
マットコート紙51.6kg
43kg
マットコート紙43kg

マットコート紙110kgはほとんど裏側や下のページの印刷は見えないのに対して、マットコート紙43kgは色の濃い部分が見えています。マットコート紙70kgでは色の濃い部分がわずかに見えています。

紙を薄くするメリット

ビジネス上のメリット

比較検証の結果を見ていただきましたが、紙を薄くするメリット・デメリットはイメージしていただけたでしょうか。

ここではカタログという観点から、ビジネス上のメリットについてあげていきます。


重さが軽くなるから…

  • 閲覧時に、手で持ちやすくなります
  • 運搬時に、持ち運びしやすくなります

カタログが軽くなるので、営業スタッフや現場での資料の使い勝手が向上し、カタログの利用率がアップします。

また、運搬料金に重量設定のある物流会社を利用している場合は、物流コストの削減が期待できます。


厚さが薄くなるから…

  • 保管時に、スペースを減らせる
  • 送付時に、手軽に送ることができる

カタログが薄くなるので、棚で場所を取ることもなくオフィススペースの削減が可能です。大量にカタログ在庫を保管する場合も、保管管理コストの削減が期待できます。特に倉庫を賃貸契約している場合には大きな差となります。

また、厚さで区分される「メール便」「DM便」などを利用できるようになり(例えばクロネコヤマトのDM便は高さが2cm以内という制限があります)資料送付コストの削減が期待できます。



ご自身で比較検証してみたい方へ

今回、吉田印刷所が行った紙の厚さによる比較を、手に取って検証してみることができます。

マットコート紙110kg / 70kg / 51.6kg / 43kg(四六判換算)の4種類で、同じページ数を印刷したサンプル冊子をご用意しております。冊子の重さ・冊子の厚さ・印刷の仕上がりを比較していただけます。

薄紙でのカタログ印刷サンプル4種

薄紙でのカタログ印刷サンプル4種

紙の厚さを比較できる薄紙カタログ印刷サンプルをご用意しました!

ここまで違うのか!と体感できるサンプルです。さあ、ご自身の手で違いを比べてみてください。

内容に「薄紙カタログ印刷サンプル希望」とお書きください。