6月7日にHeidelberg社主催の内覧会を行いました

Speedmaster XL105操作 内覧会

6月7日にHeidelberg社主催の内覧会が吉田印刷所本社工場(新潟県五泉市泉町1-4-16)にて行われました。

約100名の見学者が来社され、Heidelberg社よりHeidelbergのCTP Suprasetter105のプレスサイドCTP(印刷機のすぐそばにCTPが設置されている)としての有用性、また無処理版(プロセスレスCTP)の導入、Speedmaster XL105と弊社印刷技術の「乾燥促進印刷」による高い生産性についての説明を行いました。


また、刷版をSuprasetter 105から出し、両面1000枚の刷り上がりまでを約30分で完了するデモを行いました。印刷は片面を印刷して、すぐに裏面に打ち返して(どんてん返し)印刷を行いました。印刷機のオペレーターは1年3ヶ月のオペレーターと9年目のオペレーターの2人組で実演をいたしました。


その後、ホテル日航新潟にて、弊社社長吉田和久による、工場の全体最適化による生産性向上のセミナーを行いました。

講演会:株式会社吉田印刷所 代表取締役社長 吉田和久


今後も株式会社吉田印刷所では「乾燥促進印刷」の技術を向上し、さらなる生産性の向上に取り組んでいく所存です。

関連情報・参考資料

このページをシェア

カテゴリ

その他

  • 情報は掲載当時または修正当時のものであり、最新の情報・内容とは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。