“無処理版・現像レス版・Processless Plate” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

  • 無処理版…むしょりはん
  • 現像レス版…げんぞうれすはん
  • 現像レスCTPプレート…げんぞうれすしーてぃーぴーぷれーと
  • Processless Plate…ぷろせすれすぷれーと
  • Non-Process Plate…のんぷろせすぷれーと
吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

解説

無処理版とは、現像処理を印刷工程の前に行わなくても良い(=無処理の)刷版のことです。


環境負荷の軽減効果

自動現像機を用意する必要がなくなるため、現像機の稼働によるCO2の排出がなくなります。

現像処理のためのアルカリ性の現像液が不要になるため、環境負荷となる廃液が排出されません。

これにより、従来では難しかった刷版工程での環境負荷の軽減が実現できました。


工程短縮効果

刷版焼付(露光)後の水洗い・現像の処理が不要なので、刷版焼付後すぐに印刷機にセットし、印刷工程の準備をすることができます。

工程が大幅に短縮され 時間短縮やコストダウンに繋がります。

今までの刷版と無処理版の違い

現像レスCTPプレート アズーラTS

吉田印刷所で使用しているアズーラTSの処理について

出典:現像レスプレートシステム :Azura-TS(アグフア)



関連情報・参考資料

このページをシェア

カテゴリ

デザイン・編集・製版工程 印刷 印刷工程 環境 製版・刷版

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています