QuarkXPressからPDFを作成しようとするとリュウミンが埋め込めないというエラーが発生する

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

概要

このページではQuarkXPressからPDFを作成する時のフォントの注意点について掲載しています。

吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

問題の状況

フォントを使用していないのにフォントのエラーが発生します。



問題の詳細

QuarkXPressIllustratorPhotoshopのファイルを貼り込んでレイアウトしています。

QuarkXPressでは文字を入力していません。文字ボックスもありません。

Illustratorの部品はすべてアウトライン化済みです。フォント情報は残っていません。

PSプリンタドライバ(Adobe PSなど)でPostScriptファイルを作成し、そのPostScriptファイルをAcrobat DistillerPDFに変換しようとすると、「リュウミンL-KLが埋め込めません」というエラーメッセージが出てPDF変換できません。

なお、Acrobat DistillerのあるマシンにはリュウミンL-KLなどのCIDフォント(ATM)はインストールされていません。(ビットマップフォントではありません)



原因

書き出されたPostScriptファイルの左上にあるドキュメント情報に「リュウミンL-KL」が使用されているためです。



対処方法

以下のいずれかの方法でこの問題を解決できる場合があります。

  • a. リュウミンL-KLのCIDフォントをインストールする。
  • b. 「細明朝体」のフォントをフォントフォルダからはずす。
  • c. QuarkXPressからEPS書き出しを行う。

対処方法(詳細)

a. リュウミンL-KLのCIDフォントをインストールする。

リュウミンL-KLのCIDフォント(ATM専用)をAcrobat Distillerがインストールされているマシンにインストールします。

さきほど作成したPostScriptファイルをAcrobat DistillerPDFに変換します。



b. 「細明朝体」のフォントをフォントフォルダからはずす。

細明朝体がフォントフォルダにある場合、QuarkXPressではプリントアウト時・PostScriptファイルの書き出し時の左上のドキュメント情報の記述に「リュウミンL-KL」を使用します。†1

細明朝体をフォントフォルダからはずすと、左上のドキュメント情報の記述に「Osaka」を使用します。このため、CIDの「リュウミンL-KL」がない場合は、細明朝体をフォントフォルダからはずして、PostScriptファイルの書き出しを行ってください。†2



なお、Acrobat4.0でTrueTypeフォントを埋め込む方法はEnfourの「PDF/CID研究室」の【MacintoshでのTrueTypeの埋め込み方】のページをご覧ください。


c. QuarkXPressからEPS書き出しを行う。

QuarkXPressからEPS書き出しを行い、そのEPSファイルをAcrobat DistillerPDFへ変換します。

「ファイル」→「EPSファイルでページ保存」を選択します。

 


縮小率が「100%」であることを確認して、EPSファイルを保存します。

QuarkXPress3.3の画面

裁ち落としは再現されないため、注意が必要です。†3


裁ち落としを設定する場合は「ブリード」を「3mm」以上にしてください。

QuarkXPress4.1の画面


書き出されたEPSファイルをAcrobat DistillerPDFへ変換します。



関連情報

  • †1: Acrobat DistillerがインストールされているマシンにCIDの「リュウミンL-KL」がインストールされていないと、フォントを埋め込もうとしてもフォントが埋め込めないためエラーになります。
  • †2: 「Osaka」はTrueTypeフォントなのでAcrobat Distiller 5.0以降であればPDFに埋め込むことが可能です。
  • †3: QuarkXPress3.3では裁ち落とし(ブリード)の設定ができません。