IllustratorでPDF保存すると、「効果」の「ぼかし」の一部のカラーが変化する

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

概要

このページではIllustratorPDFを変換した際のアピアランスの注意点を掲載しています。


問題が発生すると思われるバージョン

Illustrator CS2・Illustrator CS3ではこの問題は発生しませんでした。


問題の状況

IllustratorからPDF保存したら、「効果」の「ぼかし」を使って文字の縁にぼかしをつけた一部分のカラーが画面で見ている状態から変化しました。

なお、IllustratorからPDF保存する際に、Acrobat4.0形式(PDF1.3形式)にて書き出しています。

IllustratorからIllustrator EPS保存してAcrobat Distillerで変換しても同じでした。

Illustratorデータは画面上では以下の図のように見えています。


PDF保存したものをAcrobatで開いて見ると、以下のようになっています。(ぼかしではなくベタ塗りになっている)


原因

Illustratorの問題です。不具合・バグと考えられます。

文字ボックスよりはみ出ている部分にはぼかしの効果に異常が見られるようです。

上記データの文字ボックスは以下のようになっていました。


対処方法

主な対処方法は以下のリンク先の情報を参考にしてください。


他にAcrobat5.0形式(PDF1.4形式)で保存すると問題を回避できる場合があります。(この場合はぼかしの縁が欠けた状態†1で保存されます)

 

  • †1: Illustratorの画面で見えている状態のまま保存されます。ベタ塗りにはならないようです。