環境方針

環境方針

基本理念

我々人類にとって永遠の課題は、限りある「資源の有効活用」であり、それを前提とした「循環型社会の構築」と考える。

弊社は、環境に対し、直接及び間接的に有害な影響を与える要因を徹底排除すると共に、事業そのものを環境配慮型小ロット・分割印刷の受注及び生産体制に切り替え、無駄の無い資源とエネルギーの活用を提唱し、限りある地球資源と環境保護に自らの業態変化をもって積極的に係わり、事業環境と時代の求める社会環 境の調和を最終目標として、その活動を遅滞無く実施する新環境創出企業を目指す。

行動指針

  1. 環境への影響を調査、評価し、主要な要因を効果的に低減または削除します。 そのために、技術的、経済的、人為的に可能な限り達成すべき目標を定めます。
  2. 環境に及ぼす影響を考慮し、環境目標を定め、定期見直しにより環境保全の継続的改善を図ります。
  3. 経済的でかつ環境配慮に適合した小ロット・分割印刷の普及啓蒙活動を強力に推進します。
  4. 環境に配慮した商品開発、情報技術開発、生産技術開発、資材調達を行います。
  5. 環境関連の法規制を遵守することはもとより、弊社独自の基準を定め、環境保全に努めます。
  6. この環境方針を全社員に周知し、教育と実践により環境意識の向上を図ります。
  7. 環境への取り組みを適切に情報開示し、企業の社会的責任を自覚し、社会とのコミュニケーションに努めます。

2007年1月25日

環境管理最高責任者
株式会社 吉田印刷所
代表取締役 吉田和久

当社の取り組み

吉田印刷所では、再生紙や植物油インキなど一部資材にこだわるだけではなく、資材調達・技術開発・商品開発と総合的に環境に配慮した循環システムが必要だと考えております。

そこで、入稿・資材調達・印刷工程・納品まで一貫して環境に配慮することを定めた社団法人日本印刷産業連合会のグリーン基準(オフセット印刷サービスグリーン基準)に従って印刷を提供しています。

グリーン基準による観点は以下の4項目が提示されています。

  1. 環境汚染物質の削減
  2. 省資源・省エネルギー
  3. 物質循環
  4. 取り組みの継続性・改善性

弊社は2006年12月には、この基準を満たす「グリーンプリンティング工場」として審査の上、認定されております。

グリーン基準

▲日本印刷産業連合会『グリーン基準ガイドライン及びGP申請の手引き』より作成

グリーンプリンティング認定工場F-B10024吉田印刷所本社工場

2006年12月12日、弊社本社工場が「グリーンプリンティング認定工場」(GP認定工場)として認定されました。(認定番号F-B10024)

GP認定工場が製造し、グリーン基準に適合した印刷資材を使用した印刷製品には、総合的に環境に配慮された証として、GPマークを表示することができます。

関連ページ

環境負荷を低減させる印刷ソリューション提案

吉田印刷所では、環境負荷を低減させる印刷ソリューション提案も行っております。

【環境対応】環境・CSR担当の方へ