Illustratorから直接PDF保存したらリンクしてあるIllustratorデータの線幅(線の太さ)が変化した

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

概要

このページではIllustratorから直接PDF保存したときに、リンク配置したIllustratorデータの線の太さが意図した線の太さから変化してしまう現象について掲載しています。


問題が発生すると思われるバージョン

Illustrator CS・Illustrator CS2・Illustrator CS3ではこの問題は発生しませんでした。

吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

問題の状況

Illustratorから直接(「ファイル」→「別名で保存」)PDF保存したら、リンク配置したIllustratorデータの線の太さが変化しました。

リンク配置したIllustratorデータは実寸で使用しておらず、リンク配置後に拡大または縮小をしてあります。


実例

Illustratorを開き、Illustratorデータを「リンク配置」します。

この部品を縮小します。



Illustratorから直接PDF保存したら、リンク配置して縮小したIllustratorデータの線の太さが変化しました。



Illustrator 8では、リンク配置されたIllustratorデータの実寸の線と同じ太さの線でPDFが作成されています。

また、リンク配置されたIllustratorデータの4辺が欠けています。



Illustrator 9・Illustrator 10ではリンク配置されたIllustratorデータに欠けはありませんが、Illustrator 8と同じく、実寸の線と同じ太さの線でPDFが作成されています。



解決方法の例

以下のいずれかの方法で問題が解決する場合があります。

  • a. Illustratorから直接PDF保存せずに、EPSPostScriptを作成して、Acrobat DistillerPDFへ変換する。(推奨)
  • b. IllustratorIllustratorの部品を配置する際は、「リンク」ではなく「埋め込み」を選択しておく。拡大縮小は埋め込んだ後に行う。
  • c. リンク配置してあるIllustratorデータの線をすべて「分割・拡張」し、線の情報をすべて塗りの情報に変換する。

a.Illustratorから直接PDF保存せずに、EPSPostScriptを作成して、Acrobat DistillerPDFへ変換する。

この問題はIllustratorへリンク配置されたIllustratorデータの処理・結果が問題であるため、PDF変換Acrobat Distillerにて行います。

Acrobat Distillerの設定については以下のページをご覧下さい。


※ただし、EPSPostScriptを作成する際に、透明効果の影響があると、リンク配置されたIllustratorデータを埋め込まなくてはいけませんので、その時点で線幅が変化しエラーになります。



b. IllustratorIllustratorの部品を配置する際は、「リンク」ではなく「埋め込み」を選択しておく。拡大縮小は埋め込んだ後に行う。

「リンク」の状態でPDF保存を行うために問題が発生します。このためリンク配置はせずに、埋め込み配置を行います。

 ▲リンク配置の状態


 ▲埋め込み配置の状態


c.リンク配置してあるIllustratorデータの線をすべて「分割・拡張」し、線の情報をすべて塗りの情報に変換する。

リンクされているIllustratorデータを開いて、すべての線のオブジェクトを塗りに変更します。線の情報が無くなるため、線の幅が変わってしまうという問題は発生しません。


リンク配置されたIllustratorデータを開いてすべてのオブジェクトを選択し、「オブジェクト」→「分割・拡張」を選択します。「塗り」「線」にチェックを入れてOKをクリックすると線のオブジェクトは塗りのオブジェクトに変換されます。

 ▲「オブジェクト」→「分割・拡張」を選択し、「塗り」「線」にチェックをつけOKをクリックする。



関連情報

Illustrator CS・Illustrator CS2ではこの問題は解決されています。

 ▲Illustrator CS2で保存した例



しかし、他の問題が発生する場合もあるようです。

Illustrator CS・CS2でデータをリンク配置した場合の問題について、Adobe TechNoteに以下のものが掲載されています。