PDFデータのオーバープリントの状態を簡易的に確認する方法(Photoshop利用)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

概要

このページではPDFデータのオーバープリントの状態をPhotoshopを利用して簡易的に調べる方法について掲載しています。



必要なソフトウェア

吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

確認方法

PhotoshopPDFを開くと、オーバープリントがある程度再現された形で画像化されます。



実例

以下のようなIllustratorデータを作成します。



このデータをPDF変換します。



PDFファイルをPhotoshopで開くと、解像度の指定を促すダイアログが表示されますので、設定を行います。

  • 解像度:72~150pixel/inch
  • モード:CMYK
  • アンチエイリアス:チェックをつけます



Photoshop CS2以降の場合は以下の設定をしてください。

  • トリミング:バウンディングボックス
  • 解像度:72~150pixel/inch
  • モード:CMYK
  • アンチエイリアス:チェックをつけます



オーバープリントが再現された状態で画像化されます。

ただし特色のオーバープリントは再現されないようです。†1



当社の出力機では以下のようなイメージで出力されます。

関連情報・参考資料