“PSD” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

  • PSD...ぴーえすでぃー

解説

PSDとは、PhotoShop Documentのことで、画像形式のひとつです。

Photoshopのネイティブ保存形式で、バージョンによっては色調の調整・ベクトルオブジェクト・透明の情報を持たせたまま保存することができます。


このため最近のレイアウトソフトウェア(InDesignQuarkXPressIllustratorなど)ではPhotoshop EPS形式やTIFF形式ではなく、PSD形式での画像配置を推奨されている場合があります。


IllustratorInDesignQuarkXPressなどにPSD形式で画像を貼り込む際は、IllustratorInDesignQuarkXPressPhotoshopのバージョンの組み合わせによりPhotoshopで設定した色調補正が有効にならなかったり、透明の情報が無効になったりする場合があるので、注意が必要です。


新しい機能に関しては、Photoshopで互換性を最大限に確保して保存することで、レイヤーを統合した画像イメージをファイルの中に含めることができるので、以前のバージョンのPhotoshopで開ける様になったり、その他のPSD形式対応ソフトウェアで開ける様になったりします。ただし調整レイヤーなどのレイヤー情報は開くときに無効になったり、一枚のビットマップ画像として統合されてしまったりする場合がありますので注意が必要です。

Photoshop形式オプション:互換性を優先


拡張子

ファイルの拡張子は「psd」がよく使用されています。