“ソイインキ・大豆油インキ・SOYINK” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
ソイインキ・大豆油インキ・SOYINK
目次 [ 隠す ]
Loading...

表記・読み

※場合によっては、ソイインク大豆油インクとも言います。

解説

ソイインキ大豆油インキ)はインキの油の成分の一部を石油ではなく大豆からとれる植物油で構成したインキのことです。


特徴

ソイインキは以下のような特徴があります。


技術的特長

  • 鮮やかな発色
  • 擦り落ち耐性の向上
  • インキの使用量の低減

環境的特長

  • 揮発性有機化合物(VOC)の発生を低減できます
  • インキと紙を分離させやすいため印刷物を再生する際にリサイクルしやすい
  • 埋め立て処理する際に土中で分解しやすい
  • 主成分が大豆から生成されるため、石油などの化石燃料系の資源の使用量を抑えることができます

この大豆油インキを主成分としたソイインキは以上の様な特徴を持っているため、今までの印刷インキに比べて環境に大変優しいものになっております。


ソイシール認定について

ソイシール(ソイインキマーク/大豆油インキマーク)


上記のソイシールソイインキマーク)の認定を受けるには以下の条件があります。

  • 黒の新聞インキ: 調合インキ全重量の40パーセント以上
  • カラー新聞インキ: 調合インキ全重量の30パーセント以上
  • コールドセットインキ: 調合インキ全重量の30パーセント以上
  • 枚葉紙インキ: 調合インキ全重量の20パーセント以上
  • ビジネスフォームインキ: 調合インキ全重量の20パーセント以上
  • ヒートセットインキ: 調合インキ全重量の7パーセント以上
  • UVインキ: 調合インキ全重量の7パーセント以上
  • メタリックインキ: 調合インキ全重量の10パーセント以上
  • 孔版インキ: 調合インキ全重量の6パーセント以上(*注)
  • カーボンインキ: 調合インキ全重量の25パーセント以上
  • フレキソインキ: 最低15パーセントのビヒクル中に、大豆タンパク20パーセント以上

アメリカ大豆協会 - ソイシールについて

吉田印刷所で使用しているインキは「枚葉紙インキ」です。


吉田印刷所印刷のインキは大豆油インキ

吉田印刷所は通常のプロセスインキに大豆油を成分の一部としたインキを使用しております。

アメリカ大豆協会のソイシール認定インキ、印刷インキ工業連合会認定の植物油インキ(ベジタブルオイルインキ)です。


ソイシール印刷物に掲載したい場合は?

印刷物を依頼している印刷会社にお問い合わせください。

吉田印刷所での印刷窓口までご連絡ください。ロゴのデータをお渡しします。

吉田印刷所での印刷に限りお渡ししたデータを使用できます。それ以外の用途では使用しないでください。

また、印刷物で大豆油インキを使用している旨を表現するためにソイシールを掲載することに対して費用は掛かりません。


補足:ソイシールの商標有効期限について

ソイシールソイインキマーク/大豆油インキマーク)の商標有効期限については2007年8月23日に全日本印刷工業組合連合会のサイトに以下の文章が掲載されているので、使用期限が延長されているようです。ただし、どの期間まで延長されているのかについては不明です。

アメリカ大豆協会では、ソイシールの使用許諾の終了に関して関係先に意見を求めてきましたが、使用許諾契約の継続希望を求める企業が多いことから、ソイシールの商標権存続期間を延長することになりました。

これにより、今後も継続して大豆インキを使用した印刷物にはソイシールを使用することが可能となりました。

アメリカ大豆協会ソイシール使用許諾契約の継続に関するお知らせ|全日本印刷工業組合連合会

ソイシールソイインキマーク/大豆油インキマーク)は報道によれば2011年8月末日で商標有効期限が切れるということも報じられております。また、植物由来のインキという広範囲なインキの認定があるため、今後はソイシールから植物油インキマークに移行していくことが想定されます。

大豆油インキの商標登録が2011年で切れるが、米国の大豆業界はマークを辞めるという意向を示しており、業界としてそれに替わるマークを用意しておいた方が良いということから検討した。

印刷タイムス: 印刷インキ工業連合会 「植物油インキ」の定義および準拠マークの使用基準を設定(2009年01月20日の記事)

追記(2010/08/20)

その後アメリカ大豆協会から以下のアナウンスが表明されました。

結果としてソイシールは2011年9月頃まで使用可能ということになります。

アメリカ大豆協会は、組織変更のため、ソイシール使用許諾契約業務を9月末日にて終了することに致しましたので、ご連絡申し上げます。ソイシール商標登録有効期限は2011年4月末日となっておりますので、ソイシールの使用は2011年9月頃まで可能です。


アメリカ大豆協会・ソイシール使用許諾契約業務終了のご連絡 | アメリカ大豆協会


追記(2011/10/26)

2011年1月14日付けのPDFファイルでアメリカ大豆協会が以下の発表を行っていました。

アメリカ大豆協会日本事務所はソイシールロゴの商標登録更新手続きを済ませましたので、お知らせいたします。アメリカ大豆協会のソイシールロゴは、 引き続きお使い頂けます。

昨年8月2日付文書で、ソイシール使用許諾契約業務終了のご連絡をいたしましたことにより、大豆インキ、印刷業界の皆様にはご心配、多大なご迷惑をお掛けし、混乱を引き起こしましたことを、心からお詫び申し上げます。

ソイシールロゴの商標登録更新、ソイシール使用許諾契約業務再開のお知らせPDFファイル)

この結果、吉田印刷所とては引き続きソイシールを使用できることとなりました。

このページをシェア

カテゴリ

インキ 印刷 印刷工程 環境

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。

こんな記事も読まれています