ご利用ガイド
Q&A《よくある質問と回答》

ネット印刷通販「トクプレ.」へお寄せいただいたご質問をQ&A形式にまとめました。

サイト内検索

様々なキーワードで検索できます。


DTP・印刷用語集

充実の用語集です。ご参考になさってください。

DTP・印刷用語集

よくある質問

トクプレ.は、お客様が作成した完全データ(完成した印刷原稿データ)を印刷・製本・加工し、印刷物をお客様にお届けするインターネット印刷サービスです。

※トクプレ.は吉田印刷所が運営するインターネット印刷発注システムの商標です。(旧名:特売プレス)

トクプレ.は、わかりづらい印刷コストをパッケージ化し(=ガイドライン・ルールを設け、その範囲でご発注いただくこと)、仕様条件や発注条件などをオープンにすることで誰もが手軽にご発注いただける印刷発注システムです。

印刷商品をパッケージ化することで作業の効率化を進めることができ、従来の印刷価格よりも低価格にて印刷物をご提供することが可能になりました。2000年より全国の皆様からデータ入稿をしていただくというスタイルを行っており、新潟から遠い地域のお客様とのやりとりも数多くの実績がございます。

チラシ印刷・フライヤー印刷・ポスター印刷・中綴じ冊子印刷 ・カタログ印刷・大判印刷・ポケットフォルダー印刷など様々な印刷サービスを取り揃えております。

トクプレ.はフルカラー印刷(プロセスカラー印刷・CMYK)を専門に行っています。

ポスターは20枚から、チラシ・フライヤー・リーフレット・パンフレットは500枚からの少部数印刷です。プリンター出力印刷ではないため、各メニューの最低枚数より少ない部数でのご注文は最低枚数の価格でお受けしております。

業務用印刷機による印刷になります。

業務用印刷機には、オフセット印刷機・オンデマンド印刷機・インクジェット印刷機などありますが、お客様が作りたい印刷物の仕様・条件に応じて最適な印刷機を選定させていただきます。

折り加工や表面加工などもおまかせ下さい。

折り加工に際してハイデルベルグ「Stahlfolder TH」を自社に用意し、特殊な折り加工・複雑な折り加工にも対応できますのでデザインに凝った印刷物などでもご利用いただけます。

折り加工の機械についてはこちらから

また、PP加工などの表面加工・穴空け・ミシン目入れなどもできますので、ご相談下さい。

基本的に翌日着にて商品をお届けすることが可能です。(北海道・九州以外)
また、ご注文に関して不慣れなお客様にもメール・電話等でサポートを行っておりますので気軽にご相談ください。

プロのDTPオペレーターが細心の注意を払ってデータをチェック

ワークフローRIPのデータチェック機能や専用データチェックソフトを利用し、確認ミスを減らせる仕組み作りをしております。

同時に社内でプリントアウトし、印刷物として正常に仕上げられるかどうか「断ち落とし」「断裁位置」「折り位置」「サイズ」などのチェックをします。印刷適性に不具合があった場合、 ご連絡後、再入稿していただくことがあります。

オプションサービスで、最終出力データを確認できる「PDF校正」・カラープリンタ出力による「プリンタ校正」・オフセット印刷機で印刷を行う「色校正」と、最終印刷に入る前にデータを確認できる体制が整っています。

最新ソフトウェア・PDFへの対応力

Adobe Illustrator CC・InDesign CCなどの新しいソフトウェアにも対応しており、下位バージョンで保存などの煩わしい作業は必要ありません。(下位バージョンでの保存はデータ破損の原因になりますので行わないでください)

もちろんPDF/X-1a・PDF/X-4でのご入稿も歓迎いたします。

心強いサポート体制

データの変換方法についてはホームページ上に掲載しております。ホームページを見ながら手順を追っていくことで印刷に適したデータへの変換が行えるようになっております。

当社運営の「DTPサポート情報ブログ 」では更に詳しいデータ作成のテクニックを掲載。お客様の心強いサポートとなります。

印刷・製本加工に関してはISO 9001を元にした品質管理システムにて印刷・製本加工を行います。(冊子・カタログ印刷で部数の多い場合は協力会社に依頼する場合があります)

お電話は平日夜18:30まで対応をしておりますので、不安が無くなるよう、疑問点をご質問下さい。(お見積もりは翌平日からの対応になる場合があります)

個人のデザイナー様から官公庁・一般企業・各種団体・商店・レストラン・ホテル・旅館の方々まで、 プロ・アマ問わず幅広くご注文をお受けしております。特に同業の印刷業界の方から多くご発注をいただいております。個人の方の発注も受け付けております。

地域としても、新潟県だけでなく、全国全都道府県よりお仕事をいただいている実績があります。「海外でデータ制作→トクプレへインターネットで入稿→トクプレで印刷・加工→国内の指定箇所に納品・お支払い」といった事例もあります。

完全データとは、「変更・修正する必要のない完成された印刷原稿データ」のことです。

トクプレ.では完全データでご入稿いただき、不備があった場合は、お客様ご自身の手で修正を行い再入稿いただきます。

デザイン・制作のご依頼については、運営会社の吉田印刷所が承りますのでご相談ください。

申し訳ございません。トクプレ.ではお客様ご自身の手で不備の修正をお願いしております。

データに不備がありますと印刷・加工を進めることができず納期にも影響します。入稿前に必ずデータチェックをお願いします。

データの修正をご依頼される場合は、トクプレ.の仕様から外れるため料金・納期などがリセットされます。別途お見積もりをご提出いたしますが、大幅に料金が高くなる場合もあります。

トクプレ.は完全データ入稿によりロープライスを実現しているためですので、どうぞご了承ください。

今までお客様からいただいたご質問

ご発注数量の一部だけの折り加工の対応はできます。

 

ご注文の際に、まず折り加工オプションを選択してください。

20130422-fold500in1000-01.png

 

ご注文画面を進んで頂き、受付窓口とのご連絡事項を記入する項目のコメント欄にて折りたい部数の指示をお願いいたします。

20130422-fold500in1000-02.png

 

全数折り加工をした場合と比べて、金額の変動がある場合は別途ご連絡致します。

お見積もりにて対応しております。

弊社サイト内では48ページまでの中綴じカタログ印刷の料金表が掲載されていますが、48ページを超える印刷物は、別途お見積もりにて対応しております。

また、中綴じ以外にも無線綴じやPUR製本などの製本方法のご要望も承れますので、窓口までお問い合わせ下さい。

 

納品スケジュールは、価格表で掲載しているスケジュールとは、異なりますのであらかじめご了承下さい。お急ぎなどのご要望も窓口とご相談下さい。

お問い合わせ・お見積もりはこちらから

チラシ・フライヤー印刷メニューで仕上がりの倍のサイズでご注文して「2つ折り」オプションを付けて下さい。

大変申し訳ございませんが、4ページ折りパンフレット印刷の専用ページはございません。

以下の例のようなご注文をお願いいたします。

二つ折り①A4サイズ仕上がりの4ページの折りパンフレットをご希望の場合は、A4サイズの倍のサイズの「A3サイズ」でご注文を進めて下さい。

「折り」のオプションで「2つ折り」のオプションを付けて頂くことで、ご希望のA4仕上がりの4ページ折りパンフレットができあがります。

2つ折りについて (チラシ・フライヤー印刷)

チラシ・フライヤー印刷のページはこちら

お見積もりにて承ります。

大変申し訳ございませんが、6ページ冊子印刷の専用ページはございません。お見積もりは承っておりますので、窓口にお見積もりをご請求下さい。

お問い合わせ・お見積もりはこちら


6ページ冊子とは…(A4仕上がりを例に)

A3サイズを2つ折りした印刷物の間に、A4サイズの印刷物を入れる形になります。A4サイズのページは挟み込まれているだけで、ホチキス止めや糊綴じはありません。

A3サイズ2つ折りの部分が4ページ分、A4サイズの両面で2ページ分で合計6ページの冊子となります。

6ページ折りパンフレット


パスワードの再設定手続きを行って下さい。

 

IDはメールアドレスとなっております。

登録したと思われるメールアドレスを用意し、パスワードの再設定手続きのページでメールアドレスを入力すると、入力したメールアドレスにパスワードの再設定用のアドレスが書かれたメールが届きます。

このアドレスにアクセスして、パスワードを再設定して下さい。

パスワードの再設定手続きページ

PDF入稿が印刷データの処理を効率よく進める上で適したデータ形式だからです。

トクプレ.では、Office系のアプリケーションやDTPアプリケーションよりPDF入稿がメリットがある料金体系となっています。

 

PDFは、フォント(文字)や画像データを全て含めたデータになります。

PDFはこうしたデータのため、複数のファイルがリンクされるIllustratorやInDesignなどのデータより簡単に扱え、また、文字のズレなども発生しないのですぐに文字がずれるWordやExcelなどのデータより信頼がおけるデータ形式であるといえます。

 

安定した出力ができるデータ形式は印刷までのコストが下げられるため、PDF入稿の印刷料金は他の形式より安くなる、といった裏付けがあります。

PDF入稿について (印刷データ作成ガイド)

お見積もりにて承ります。

メニュー外の仕様となりますので、窓口にお問い合わせ下さい。お見積もりをさせていただきます。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

ケータイのメールアドレスでも無料のメールアドレスでも会員登録できます。

会員登録にあたって、弊社からご本人様の確認メールを送信させて頂いております。

このため、ケータイのメールアドレスの場合、PCからのメールを受信拒否されている場合は「@ddc.co.jp」のドメインを受信許可して頂く必要があります。また、ご本人様の確認メールに書いてあるURLアドレスをクリックして、サイトにアクセスして頂く必要があります。PCのウェブを表示できないケータイ端末の場合、会員登録が完了しない場合がありますので、ご注意下さい。(スマートフォンであれ多くの機種で会員登録は可能です)

 

Gmail・Yahoo!・Hotmailなどをご利用の方は、迷惑メールフォルダーにご本人様の確認メールが届いている場合もあるので、ご確認下さい。

スキャニングはオプションで対応しています。

スキャニングの元になる写真や絵などは、凹凸のないA3サイズ(420×297mm)までの物が対象です。

 

また、スキャニングは最終的に印刷物で使用するサイズにより料金が変わってきます。

料金などは以下のページをご覧下さい。

スキャニング(画像取り込み)について

可能です。

但し、料金については500枚と同額になります。

 

チラシ印刷以外のメニューの場合も同様に、価格表の最低注文数と同じ金額になります。

料金的メリットは還元できませんが、ご希望の数量のみお申し付けください。

お見積りでお受けしております。窓口にご相談ください。

 

変形サイズといったメニュー以外のご注文の場合は、ご注文前に予め窓口と見積もりやスケジュール調整をしておくことをお勧めいたします。

トクプレ.のメニューサイズに当てはまるものに関しては当てはめたものをご案内いたします。

 

折り加工がある場合は、展開サイズ(加工前の拡げたサイズ)をご連絡ください。あまりに小さいサイズですと、折り加工ができない場合もございます。

 

ご注文時には、サイト内のメニュー項目(左側)に「商談済・価格表以外の印刷発注はこちらから!」というボタンがございます。

そちらから注文内容を送信してください。

商談時の担当者がご対応いたします。

価格表は表示されておりますでしょうか。

価格表の金額をクリックすると、注文が開始されオプションなどを選択する画面が表示されます。

ログインがお済みの場合はそのまま注文を進めることが出来ます。


注文が完了しましたら弊社よりご発注内容の確認のお電話を差し上げますのでよろしくお願いいたします。


《ワンポイント》

トクプレ.のサイトは、ご注文の際にログインが必要になりますので、予めログインしてからのサイトを閲覧すると便利です。

トクプレ. ログイン トクプレ. 会員登録


無料のトクプレ.会員登録をされていない方は上のボタンから新規会員登録を行って下さい。

マイページでは見積書の閲覧・印刷データの入稿・お問い合わせ・ご注文履歴・登録情報の変更などが行えます。

マイページでは、以下の機能が使用できます。

見積もり閲覧機能

カートに入れて作成したお見積書は1ヶ月保管されます。

PDF形式なのでプリントやメール添付がしやすいです。

見積もりからのご注文再開

お見積書の内容でご注文される際は、再度カートに入れなくても「ご注文再開」からすぐにできます。

印刷データの入稿・再入稿

SSLでの暗号化通信で安全に最大2GBまでファイル送信ができます。

PDFファイルを自動チェックするファイル送信もあります。

お問い合わせ

お名前などは入力しなくてもOKの簡単問い合わせ機能です。

ご登録情報の修正・変更

発送先のアドレス帳編集ができます。複数の発送先がある場合に事前に登録しておくと便利です。

メールマガジンの購読開始・停止の設定ができます。

ご注文履歴

印刷物のプレビューが見られてわかりやすい履歴表示です。


会員登録ページ マイページを開く


ご指定頂けます。

チラシ印刷・冊子印刷・大判折りパンフレット印刷・ポストカード印刷・チケット印刷・ポケットフォルダー印刷などでは、価格表から進んでご注文の詳細を選択する画面で「端数注文」という項目がありますので、そこでご入力下さい。

ただし、ここでは100枚単位でしかご入力頂けません。

端数注文

 

100枚未満の区切り枚数でご注文されたい場合は、入稿日などを記載するページのコメント欄にて「120枚で注文したい」など枚数をご記入下さい。

ポスター印刷では、入稿日などを記載するページのコメント欄にて「120枚で注文したい」などご記入下さい。

なお、印刷の価格は価格表での区切りの価格となりますので、あらかじめご了承下さい。

 

端数を指定した場合の価格例

  • チラシ120枚のご発注 → 価格はチラシ500枚と同額
  • チラシ1,035枚のご発注 → 価格はチラシ1,500枚と同額
  • ポスター8枚のご発注 → 価格はポスター20枚と同額
  • ポスター25枚のご発注 → 価格はポスター50枚と同額

枚数により対応できる場合があります。

個別に対応させて頂きますので、お気軽に窓口にお問い合わせください。お見積もりをさせていただきます。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

指定のページから登録・解除を行って下さい。

会員登録された際にメールマガジンをお申し込みされた方、またはマイページからメールマガジンの購読を設定された方は以下のページで設定を変更できます。

メールマガジンの購読設定変更ページ (ログインが必要です)

まぐまぐ!・メルマ・FreeML・めろんぱんのメール配信スタンドからメールマガジンが届いている場合は以下の各リンクから配信・解除手続きをお願いいたします。(メールのFrom・送信元をご覧下さい)

まぐまぐ!からのメールマガジン配信・解除

メルマからのメールマガジン配信・解除

FreeMLからのメールマガジン配信・解除

めろんぱんからのメールマガジン配信・解除

対応致しておりません。

弊社では、差し替えではなく単品扱いとしてお受けする形になります。

ご案内しているトクプレ.は、数多くのお客さまの仕様条件を同一化させ、効率よく印刷することにより印刷コストを大幅に削減しております。

このため、差し替えの印刷方法が適用できません。

店舗名が2つであれば、2つの印刷注文としてご発注下さい。

その場合、印刷データも、店舗名だけではなく、全てのデザイン要素が入ったデータの入稿をお願いいたします。

 

枚数が多い場合はお見積もりでコストメリットが出る場合がございますので窓口にお見積もりをご請求下さい。

お問い合わせ・お見積もりはこちらから

弊社責任の不良品の場合、交換対応させて頂きます。

基本的に弊社責任の不良品は交換対応とさせていただきますが、いくつかの条件がございます。

  • お客様のご都合による商品の返品もしくは商品の交換を求めることは承りかねます。
  • トクプレ.の責任による不良品につきましては、お客様は、良品との交換を求めることができるものとします。
  • 良品との交換を求めることができる期間は、商品のご到着後7日間以内とさせていただきます。商品が到着しましたら、かならず商品の確認をしていただきますようお願いいたします。
  • ただし、商品の一部でも配布・使用・掲示した場合は交換は承りかねます。
  • 不良品の確認のため、返品の対応をお願いします。

その他、条件がございますので、以下のページをご覧下さい。

返品・不良品について 特定商取引法に基づく表示

基本的にはできません。

会員登録では、メールが正しく届くかどうかの確認や、送付先などの登録処理があります。

この登録作業は、お客様の印刷のご注文、そしてお届けにできる限り問題が無いようにするためです。

 

ご注文の印刷物を正しく行い、安心して印刷物をお届けするために、ご協力をお願いしております。

会員登録はこちらから

Google・Yahoo!・Hotmailなどのフリーメールをご利用の場合は迷惑メールフォルダーのご確認を。ケータイのメールアドレスの場合は、受信許可のご確認を。

Google・Yahoo!・Hotmailなどのフリーメールの場合、迷惑メールフォルダーにご本人様の確認メールが振り分けられていることがあります。このため、受信フォルダーになくても、迷惑メールフォルダーに届いている場合もあるので、必ずご確認下さい。

 

ケータイのメールアドレスの場合、PCからのメールの受信拒否をされているとメールが届きません。メールの設定画面で「@ddc.co.jp」を受信許可に設定して下さい。

 

メールの送信は自動で送信していますので、すぐにお送りしています。

お見積もりにて対応しております。

包装紙専用のメニューはご用意しておりませんが、お見積もりにて対応することは可能です。また別途包装紙印刷のページはご用意しておりますのでそちらもご覧下さい。

包装紙印刷について


用紙は上質紙・純白ロール紙・コート紙・マットコート紙・クラフト紙・グラシン紙・ニューカラペ・t-カラペ・パレットカラーなど、様々な用紙へフルカラー印刷ができます。オリジナルの包装紙をご希望の際は、ぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・お見積もりはこちら


お見積りでお受けしております。窓口にご相談ください。

変形折りといったメニュー以外のご注文の場合は、対応できるかどうかを確認しますので、お見積もりをご請求下さい。

サイズによりますが、弊社でできる折りは次のページにまとめております。掲載されていないものでもご相談下さい。

  • 二つ折り
  • 巻き三つ折り
  • 外三つ折り(Z折り)
  • 観音折り
  • 外四つ折り
  • クロス8ページ折り(直角四つ折り)
  • 巻き四つ折り
  • カエル折り
  • クロス16ページ折り
  • 蛇腹折り(3山~14山)
  • 二つ折り+巻き三つ折り
  • 二つ折り+外三つ折り
  • 二つ折り+外四つ折り
  • 二つ折り+平行外三つ折り
  • ハリセン折り・地図折り(蛇腹折り+二つ折り)
  • 見出し折り・ずらし蛇腹折り(3山~6山)

折り加工一覧はこちら (吉田印刷所コーポレートサイト)

お見積もり・お問い合わせはこちら

印刷メニューに掲載されている以外の仕様でのご注文は、以下のページからご発注下さい。商談時の担当者がご対応いたします。

商談済み・価格表以外のご発注はこちら

お見積りでお受けしております。窓口にご相談ください。

印刷枚数・サイズ・ご入稿形式などを基にお見積りいたします。

スケジュール(納期)も通常の案内とは異なりますので、打ち合わせ済の状態でご注文をお願いいたします。

お見積もり・お問い合わせはこちら

可能です。対応は翌営業日からとさせていただきます。

印刷のご注文・お問い合わせ(ネット)・データの入稿は24時間受け付けております。

ただし、受け付け・対応・データ処理などは翌営業日からとさせていただきますのであらかじめご了承下さい。

お問い合わせページ

データ入稿ページ(再入稿もこちら) (ログインが必要です)

土曜日・日曜日・祝祭日は休業日となっております。

このため、土曜日・日曜日・祝祭日は営業日(納期)としてカウント致しません。

 

土曜日・日曜日を含む営業日カウントの例(金・月・火曜日が平日の場合)

金曜日午前中入稿 3日コース →金・月・火→火曜日出荷→水曜日以降のお届け

※データに不備やお客様に確認すべき点が無い場合

 

なお、土曜日・日曜日・祝祭日でも24時間印刷のご発注・データ入稿は受け付けております。どうぞご利用下さい。(ただし営業日にはカウントしません)

お電話、メールでのお問い合わせは、翌営業日からの対応とさせていただきます。あらかじめご了承下さい。

事前に窓口までご連絡ください。

 

控えデータを破棄していないか確認いたします。

控えデータが破棄されていない場合は、再度データを送る必要はございませんが、念のため、FAXやメールで印刷内容を確認させて頂きますのでご協力をお願いいたします。

屋外用ポスターとしては合成紙のユポ紙を使用した印刷をお薦めします。

屋外用ポスターですが、弊社では耐久性や耐水性にすぐれた合成紙のユポ紙(スーパーユポ)を扱っております。

通常のコート紙のポスターはコスト面に優れ、屋外での利用も可能ですが、雨や風によって波うちが出たり破れたりする事もあります。

比較すると、耐久性等の面でユポより劣ってしまいます。

多少コストはかかりますが、用紙はユポ紙を使用されると通常のポスターに比べ長い期間利用する事ができます。

 

また、印刷インキについては、色褪せに強い耐光インキをご使用される事で、ポスターの印刷色が青白く色あせるのを遅らせることができます。

(耐光インキでも全く色あせないわけではありませんが、耐光インキは通常の印刷インキの5~10倍の耐光性を持っています。)

 

季節や天候、掲示場所にもよりますが、通常のポスターでも、数日程度~2週間のご利用ならば負担も少ないため実用に耐えうると思われます。

雨にあまり当たらず、日光が当たりやすい場所での2週間程度の掲示で、コストを優先するのであれば、通常のコート紙と耐光インキの組み合わせをお薦めします。

1ヶ月以上の比較的長い期間のご利用を考えておられるのならばユポ用紙と耐光インキのご利用を強くお勧めします。

 

耐光インキについて (コート紙などでのポスターの場合)

ユポ紙を使った屋外向けポスターについて

コート紙などでのポスター印刷について

規程の部数、印刷商品サンプルとして同梱します。

ご注文の部数に加えて同梱する印刷商品サンプル数は以下のページをご覧下さい。

印刷商品サンプルについて

 

同梱される印刷商品サンプルは数量が多くはありません。

弊社から納品後に、別の加工をする場合、過去前の事前テストなどのために加工予備が必要ですので、数が足りなくなる場合がございます。後加工がある場合は、最初から印刷部数を多めにご発注下さい。

料金が高い方の印刷料金になります。(今回の場合はDTPの料金になります)

できる限り入稿のデータの形式は統一してご入稿下さい。

 

弊社ではPDF形式でのご入稿をお薦めしております。PDF形式への変換は以下のページをご覧下さい。

PDF形式への変換設定について (印刷データ作成ガイド)

 

もし変換方法や変換後のPDFについて分からない点がある場合、ご相談下さい。担当窓口がサポート致します。

お問い合わせについて

メニューからのご注文で、用紙の銘柄指定は対応しておりません。

銘柄の指定をされたい場合は別途お見積もりになります。

お見積もりはこちらから

資材供給の用紙メーカー様・紙卸し様と間で安定的な用紙の供給体制を作っておりますが、資材供給状況によっては、同じグレード・厚さ(例:コート紙・マットコート紙)であっても、ご注文によって銘柄が異なる場合がございます。銘柄が異なっても、厚さや重さには変化はございません。あらかじめご了承下さい。

ご発注の状況により、規程の代金が発生します。

トクプレ.はパッケージ化することで印刷コストを軽減しております。ご発注後のキャンセルは極力ご遠慮願います。

作業はデータがご入稿されますと随時進行します。このためご入稿後にキャンセルのご連絡を頂いても、作業が進行している可能性があります。

また、オペレーションだけではなく、印刷機や加工機のセッティング、紙やインキなどの資材発注も行われます。様々な予定が組まれていきますので、ご入稿日の変更もないようにお願いします。

 

このため、ご入稿後にキャンセルをされる場合は、その状況に応じて金額が請求されます。

請求金額は商品金額に相当する場合もあります。ご注意ください。

ご注文内容のキャンセル・変更について

 

※発送後のキャンセルや変更は承れませんのであらかじめご了承下さい。

納期スケジュールのカウントはお客様のお返事が来るまで一時停止します。

校正オプションにはPDF校正・プリンター校正・本機色校正がありますが、いずれの場合も、お客様からお返事を頂くまで、作業が進行できません。

このため、納期スケジュールのカウントを一時停止します。

PDF校正について プリンター校正 本機色校正

例:3日コース・PDF校正オプション・月曜日午前中入稿

※PDF校正オプションは納品スケジュールが1日追加となるため、4日目の出荷となります。


A
午前中
入稿

午前中
校正提出

午前中
校正確認返信

弊社出荷

B
午前中
入稿

午前中
校正提出

午後
校正確認返信




弊社出荷

C
午前中
入稿

午前中
校正提出




午前中
校正確認返信

弊社出荷

この例は校正確認後、修正がない場合です。修正データを再入稿の場合は、スケジュールは変更されます。

可能です。

弊社では色校正の印刷を行うサービスがございます。

この色校正は納品される印刷物を印刷する機械と同じ印刷機で印刷を行う「本機色校正」というものです。インクジェットプリンターでの印刷ではありません。

納品される印刷物を印刷する機械で色校正を印刷するため、色や質感などを正確に確認するために非常に良い色校正となっております。

色や品質を気にされる印刷物で、ぜひご利用下さい。

本機色校正について

 

また、データの印刷直前の状態を確認したいだけでしたら、プリンター校正やPDF校正などの方法もございます。

こちらは色や質感などの正確性は本機色校正に劣りますが、コスト的なメリットがございますので合わせてご検討ください。

プリンター校正について PDF校正について

基本的には価格表で表示されている金額よりお安くなりませんが、ご発注の点数や印刷物の種類によっては、お見積もりでお安くなる場合もあります。窓口にご相談下さい。

枚数が少ないチラシ印刷などでは、お見積もりをしてもお安くならない場合もございますのであらかじめご了承下さい。なお、複数ご注文の際には、発送の個数はなるべく少なくなるように作業を行い、送料ができるだけ安くなるようにしております。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

可能です。

仕上がりのサイズや加工方法によってはできない場合もございますが、基本的には発送する商品をなるべくまとめ、送料を少しでも軽減する対応をしております。(複数の印刷商品をご注文で、納期が異なる商品を選択している場合を除きます)

 

A4サイズ 500枚×4種類(用紙はすべてコート90kg)のご発注

↓

梱包は1箱にまとめて発送(送料は1個分になります)

 

ただしオンライン発注時には、1種類分ずつ送料が加算されてますので、後ほどまとめた場合の金額をお知らせいたします。

 

関連情報

お届けの地域によって送料が異なります。下記ページをご覧ください。ご不明な場合はお電話いただければお答えいたします。

配送について

1箱あたりに入る枚数について

コピー用紙(PPC用紙)相当は、上質紙の55kg(※)になります。

※四六判換算。

一般的に販売されているコピー用紙の厚さは、米坪量で記載されていて、64g/m2程度となっていることが多いです。この厚さは四六判換算で55kgとなります。

チラシ・フライヤー印刷価格表の用紙選択にて「上質55kg」をお選び下さい。

チラシ・フライヤー印刷について

 

上質紙は、インキが紙に浸透しやすく、コート紙のような光沢感はほとんど出ません。落ち着いた沈んだ印刷仕上がりになります。このため、鮮やかな印刷をお望みの場合は、上質紙ではなく、コート紙をお選び下さい。

弊社で印刷する印刷物でソイインキマークを入れる場合は、弊社と契約書を交わす必要があります。

詳しくは以下のページをご覧下さい。


ソイインキマークについて


弊社で使用しているインキはお客様ご指定の特別なインキではない限りソイインキとなっております。

お見積りでお受けしております。窓口にご相談ください。

 

変形サイズといったメニュー以外のご注文の場合は、ご注文前に予め窓口と見積もりやスケジュール調整をしておくことをお勧めいたします。

トクプレ.のメニューサイズに当てはまるものに関しては当てはめたものをご案内いたします。

 

折り加工がある場合は、展開サイズ(加工前の拡げたサイズ)をご連絡ください。あまりに小さいサイズですと、折り加工ができない場合もございます。

 

ご注文時には、サイト内のメニュー項目(左側)に「商談済・価格表以外の印刷発注はこちらから!」というボタンがございます。

そちらから注文内容を送信してください。

商談時の担当者がご対応いたします。

印刷されません。宛名面の郵便番号枠や切手の枠などのデータはお客様側でご用意する必要があります。

ポストカード印刷・大判ポストカード印刷において、片面印刷のご注文の場合、頂いたデータをご注文の通りに片面に印刷を行い、その裏面の印刷は行いません。片面は白地でのお届けになります。

 

宛名面の郵便番号枠や切手の枠を印刷したい場合は、郵便番号枠や切手の枠などのデザインデータをご用意頂き、両面印刷をお選び下さい。

 

宛名面の郵便番号枠や切手の枠のデータがご用意できない場合は窓口までご相談下さい。

可能です。

ご注文時に発注フォームの備考欄でお知らせいただくか、窓口にご連絡ください。

 

  • 備考欄コメント記入例
    • 「綴じはいりません」
    • 「丁合のみ」

 

この場合のご注文時のメニューは、冊子印刷の中綴じメニューでお願いいたします。

窓口からご注文内容の確認連絡が入りますので、再度お知らせください。

 

※中綴じのホチキス止めをしないものをスクラム製本ということがあります。

お見積もりにて対応しております。

包装紙専用のメニューはご用意しておりませんが、お見積もりにて対応することは可能です。また別途包装紙印刷のページはご用意しておりますのでそちらもご覧下さい。

包装紙印刷について


用紙は上質紙・純白ロール紙・コート紙・マットコート紙・クラフト紙・グラシン紙・ニューカラペ・t-カラペ・パレットカラーなど、様々な用紙へフルカラー印刷ができます。オリジナルの包装紙をご希望の際は、ぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・お見積もりはこちら


お見積りでお受けしております。窓口にご相談ください。

変形折りといったメニュー以外のご注文の場合は、対応できるかどうかを確認しますので、お見積もりをご請求下さい。

サイズによりますが、弊社でできる折りは次のページにまとめております。掲載されていないものでもご相談下さい。

  • 二つ折り
  • 巻き三つ折り
  • 外三つ折り(Z折り)
  • 観音折り
  • 外四つ折り
  • クロス8ページ折り(直角四つ折り)
  • 巻き四つ折り
  • カエル折り
  • クロス16ページ折り
  • 蛇腹折り(3山~14山)
  • 二つ折り+巻き三つ折り
  • 二つ折り+外三つ折り
  • 二つ折り+外四つ折り
  • 二つ折り+平行外三つ折り
  • ハリセン折り・地図折り(蛇腹折り+二つ折り)
  • 見出し折り・ずらし蛇腹折り(3山~6山)

折り加工一覧はこちら (吉田印刷所コーポレートサイト)

お見積もり・お問い合わせはこちら

印刷メニューに掲載されている以外の仕様でのご注文は、以下のページからご発注下さい。商談時の担当者がご対応いたします。

商談済み・価格表以外のご発注はこちら

お見積りでお受けしております。窓口にご相談ください。

印刷枚数・サイズ・ご入稿形式などを基にお見積りいたします。

スケジュール(納期)も通常の案内とは異なりますので、打ち合わせ済の状態でご注文をお願いいたします。

お見積もり・お問い合わせはこちら

屋外用ポスターとしては合成紙のユポ紙を使用した印刷をお薦めします。

屋外用ポスターですが、弊社では耐久性や耐水性にすぐれた合成紙のユポ紙(スーパーユポ)を扱っております。

通常のコート紙のポスターはコスト面に優れ、屋外での利用も可能ですが、雨や風によって波うちが出たり破れたりする事もあります。

比較すると、耐久性等の面でユポより劣ってしまいます。

多少コストはかかりますが、用紙はユポ紙を使用されると通常のポスターに比べ長い期間利用する事ができます。

 

また、印刷インキについては、色褪せに強い耐光インキをご使用される事で、ポスターの印刷色が青白く色あせるのを遅らせることができます。

(耐光インキでも全く色あせないわけではありませんが、耐光インキは通常の印刷インキの5~10倍の耐光性を持っています。)

 

季節や天候、掲示場所にもよりますが、通常のポスターでも、数日程度~2週間のご利用ならば負担も少ないため実用に耐えうると思われます。

雨にあまり当たらず、日光が当たりやすい場所での2週間程度の掲示で、コストを優先するのであれば、通常のコート紙と耐光インキの組み合わせをお薦めします。

1ヶ月以上の比較的長い期間のご利用を考えておられるのならばユポ用紙と耐光インキのご利用を強くお勧めします。

 

耐光インキについて (コート紙などでのポスターの場合)

ユポ紙を使った屋外向けポスターについて

コート紙などでのポスター印刷について

包装数指定オプションをご利用ください。

トクプレ.では、梱包数の指定(指定梱包)のオプションをお受けしております。指定梱包は、お客様の要望によって商品を包む数量を決めることです。

1区分当たりに掛かる費用は以下のページをご覧下さい。

梱包数指定オプションについて

 

指定がない場合はトクプレ.内で商品を取り分の良い状態で包装させていただきます。この包装に対して、指定することが指定梱包になります。

弊社で印刷する印刷物で植物油インキマークを入れる場合は、弊社と契約書を交わす必要があります。

契約書の締結後マークをお送りいたしますので、お手数ですがご発注様自身で印刷データにマークを入れてご入稿下さい。

詳しくは以下のページをご覧下さい。


植物油インキマークについて


弊社で使用しているインキはお客様ご指定の特別なインキではない限り植物油インキとなっております。

再生コート紙・再生マットコート紙の古紙パルプ配合率は最低でも70%以上になります。

このため「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」いわゆる「グリーン購入法」の基準にも適合しております。


トクプレ.で使用する再生紙は基本的に古紙パルプ配合率80%以上の用紙を使用します。印刷物にはR70・R80のいずれかのマークを印刷することが可能です。(ただし、状況に応じて古紙パルプ配合率70%以上の用紙に変更させて頂く場合がございます)


R70・R80のマークは以下のページでダウンロードできます。

Rマーク・R100・R80・R70(再生紙使用マーク) (DTP・印刷用語集)


その他の配合率をご希望の場合は、銘柄指定となりますので、お見積もりで対応致します。窓口にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

大変申し訳ございませんが、弊社では郵便はがき(官製はがき)への印刷は行っておりません。

同様に年賀はがきの持ち込みでの印刷も承れません。ご了承下さい。

 

印刷は切手が貼っていない私製ハガキとなります。

対応しておりません。

お申し込みになったメニューサイズでの仕上がり断裁になります。

A4サイズでお申し込みの場合はA4サイズでの仕上がりになります。

 

A4サイズの中に、A5サイズのデータを2面付けして(=2つ並べて)、「断裁を加えて仕上げサイズの指定をA5サイズ」と「断裁の追加」のご指示を頂いても対応致しかねます。ご了承下さい。

データサイズ調整オプションにて対応可能です。

データの拡大・縮小を行う「データサイズ調整オプション」(有料)にて、小さなサイズを大きなサイズに合わせる処理、もしくはその逆の縮小処理を行います。

データの拡大・縮小オプション(データサイズ調整オプション)について

 

拡大をして印刷をした場合に、解像度の関係で画像の粗さが目立つ場合があります。拡大して印刷を予定されている場合は、画像の解像度を高めに設定しておくことをお薦めします。

(ただし、ポスター印刷の場合は、その商品の特性上、接近してみることが少ないため、多少の画像の粗さは目立ちません)

弊社外のサービスからのダウンロードは対応致しておりません。

Dropbox・Google Drive・SkyDriveなどのオンラインストレージの公開フォルダーからのダウンロードや、ファイル送信サービスの「宅ふぁいる便」「おくりん坊」などでのファイル送信には対応しておりません。

また、お客様が用意したサーバーからのダウンロードも対応しておりません。

理由は、弊社外のオンラインストレージやファイル送信サービスからのデータダウンロードは、ダウンロードに時間が掛かる場合が多く、データを全てダウンロードし、最終的に弊社でデータを開くまでの時間を予測することが難しいためです。弊社でデータを開くまでに時間が掛かることで、次行程以降のスケジュールに影響が発生し、納品が遅くなります。

安定的な納品サービス提供のため、弊社ファイル送信ページからデータ入稿にご協力をよろしくお願いいたします。

印刷データのご入稿はこちらから (ログインが必要です)

※印刷のご注文をされていない方は、先にご注文をお願いいたします。

当社では対応フォントであればアウトライン化する必要はありません。そのままご入稿下さい。

対応フォントは以下のページをご覧下さい。

Macで対応しているフォント

Windowsで対応しているフォント

InDesign上でアウトライン化する場合ですが、アウトラインありなしの混在は問題ありません。

InDesignではアウトライン化の作業により、文字の位置がずれる場合もありますので、ご注意ください。

また、対応フォント以外をご使用でも、PDFデータに変換することでアウトライン化しなくても問題はありませんのでお薦めです。

PDFに埋め込めるフォントは自由にご使用いただけます。

InDesignでの印刷用PDFの作成の仕方は以下のページをご覧下さい。

InDesignから印刷用PDFデータへ変換する手順 (印刷データ作成ガイド)

可能です。ご入稿の際は解像度にご注意下さい。

各種画像編集ソフト(Photoshop ElementsやSAIなど)からのJPEG画像の書き出しや、既にある印刷物をスキャニングにしてJPEG画像にしているデータなどがありますが、そのようなJPEG形式でのご入稿も受け付けております。

データ形式はDTPデータ形式のご入稿として扱いますので、印刷価格表に掲載しているPDF形式でのご入稿の場合の金額とは異なります。

JPEG形式でのご入稿は、解像度(ピクセル数)にご注意下さい。解像度が低い場合、文字が読みづらくなります。

またRGBカラーになっているデータは、印刷用のCMYKカラーへと自動的に変換されますので、元のデータから色彩が変更されます。弊社での色彩の調整は行っておりませんので、あらかじめご了承下さい。

RGBデータからCMYKデータへカラー変換した例 (DTPサポート情報)

※JPEGファイルをPDF形式へ変換していただければ、PDF形式の印刷価格となります。

PagesからPDF形式のデータに変換していただければ印刷データとしてご利用頂けます。

大変申し訳ございませんが、弊社ではMacのPagesをご用意しておりませんので、Pagesのデータそのままでは対応することができません。

しかし、PDFデータに変換されていれば印刷用データとして対応することができます。

印刷用のPDF変換の手順については以下のページをご覧下さい。

PagesデータからPDFデータへ変換する手順

Word・Excel・PowerPointなどのビジネスソフトも対応しております。

価格表はPDF形式でご入稿の場合の金額ですので、ご注文の際に「ご入稿データの種類」にて「OFFICE」をお選び下さい。

ご入稿データの種類 で OFFICE

ただし、カラーと文字・フォントについて注意点があります。

カラーについて

Word・Excel・PowerPointなどのビジネスソフトのデータはRGBカラーで色彩の表現が行われます。

これらのソフトに関しては、弊社標準のカラー変換機能にて、RGBカラーから印刷用のCMYKカラーへ自動変換させて頂きます。

このため、お客様のお手元にあるプリンターや画面上で見る色とは異なります。予めご了承ください。

RGBカラーからCMYKカラーへ変換したときの色の変化の例 (DTPサポート情報)

RGBカラーからCMYKカラー変換の変化がどのようになるか、印刷前に傾向を確認したい場合は校正オプション(有料)をお薦めいたします。

PDF校正について(有料オプション)

フォント・文字について

また、フォント環境やお客様のOS環境・プリンタ環境との違いによりフォントや文字が変わってしまったり、文字送りなども変化する場合があります。文字送りが変わることによって文字が消えてしまう場合もあります。

こうした問題を解消するために、弊社ではPDFデータに変換することを強くお薦めしております。PDFデータはフォント・文字情報が埋め込まれるので、文字が変わったり、ずれたりする問題は発生しません。

PDF変換の方法はこちら (印刷データ作成ガイド)

可能です。ご注文時に発注フォームのオプションの項目からお選びいただけます。

「フチなし印刷オプション」または「拡大・縮小オプション」をお選び下さい。

 

 

ご依頼を頂くと、全体を拡大処理することで余白をなくす処理を行っております。

但し、文字・画像・マークなどが元のデータで端のギリギリに配置されている場合、拡大処理をすると仕上げ断裁処理において欠けてしまうことがありますので、データ内容を拝見し、状況をフィードバックさせていただきます。

 

■関連情報

OpenOfficeやLibraOfficeからPDF形式のデータに変換していただければ印刷データとしてご利用頂けます。

OpenOfficeやLibraOfficeのドキュメントデータ(Writer・Calc・Impress・Drawのドキュメントでファイル名が「○○.odt」「○○.ods」「○○.odp」など)の印刷には対応しておりませんが、OpenOfficeやLibraOfficeから変換されたPDFデータの印刷には対応しております。

 

弊社ではWindowsでは、PrimoPDFという無料のPDF変換ソフトを使用してPDF変換する方法を、MacではMac OS X標準機能を使用してPDF変換する方法紹介しております。

PrimoPDFでPDF変換をする手順について (印刷データ作成ガイド)

Mac OS X標準の機能でPDF変換をする手順について (DTPサポート情報)

 

なお、OpenOfficeやLibraOfficeから書き出されたWordドキュメントやExcelドキュメント(○○.docや○○.xls)は弊社のWord・Excelで意図したデザインで開けない場合があります(文字がずれたり、グラフが消えたりします)。このため、PDF形式でのご入稿を弊社ではお薦めしております。

拡大して白い線が消える(太くならない)ようであれば問題ありません。

Acrobat・Adobe ReaderでPDFを確認する時に、画像などに細く白い線が見える現象がありますが、多くの場合、画面表示用の計算誤差によって発生している隙間です。
表示を拡大や縮小すると消える場合がほとんどです。
表示を拡大や縮小すると消える白い線は、基本的に印刷では白い線は表現されません。



ただし、拡大していった時に白い線(隙間)が太くなっていくデータは、データ上に白い線(隙間)が存在しているため、印刷したときにも白い線が表現されてしまいます。ご注意下さい。

同じデータでも変換方法により白い線が増えたり減ったりします

Acrobat Distillerで変換したPDFやPDF/X-1aでは、白い線が見えることが多くあります。
PDF/X-4の場合は白い線が見えることが少なめになります。これは透明効果の分割がPDF/X-4では基本的にないため、データの構造がシンプルになっているためです。
PDF/X-1aとは PDF/X-4とは (DTP・印刷用語集)

PDF変換の設定が正しければ印刷品質に問題はありません。

PDFデータの画像が粗い(解像度が低い)というイメージを持たれているのは、インターネットで公開されている多くのPDFファイルが、ネットで閲覧しやすいよう画像の解像度を下げて変換されているためかと思います。(データのサイズが小さくなるので閲覧しやすくなります)

PDFへの変換設定を印刷向けの設定を正しく設定していただければ、画像が目に見えてギザギザになってしまうことはありません。

元のアプリケーションでの印刷と同等品質での印刷が可能です。

 

PDF変換設定は以下のページをご覧下さい

PDF変換設定について (印刷データ作成ガイド)

 

また、PDF形式でのご入稿の際は、PDF変換後にAcrobat・Adobe Readerで開いて、必ずご確認をお願いいたします。

PDFデータのチェックについて (印刷データ作成ガイド)

PDF入稿が印刷データの処理を効率よく進める上で適したデータ形式だからです。

トクプレ.では、Office系のアプリケーションやDTPアプリケーションよりPDF入稿がメリットがある料金体系となっています。

 

PDFは、フォント(文字)や画像データを全て含めたデータになります。

PDFはこうしたデータのため、複数のファイルがリンクされるIllustratorやInDesignなどのデータより簡単に扱え、また、文字のズレなども発生しないのですぐに文字がずれるWordやExcelなどのデータより信頼がおけるデータ形式であるといえます。

 

安定した出力ができるデータ形式は印刷までのコストが下げられるため、PDF入稿の印刷料金は他の形式より安くなる、といった裏付けがあります。

PDF入稿について (印刷データ作成ガイド)

印刷データ作成ガイドのページに各ソフトからの変換方法が掲載されています。

印刷データ作成ガイドでは、PDF変換の手順を掲載しています。

Illustrator・InDesign・Photoshop・Word 2007以降・Excel 2007以降・PowerPoint 2007以降などでは、ソフトから直接PDFへ変換できます。

PDF変換設定はこちら (印刷データ作成ガイド)

ソフトから直接PDFファイルへ変換できない場合は以下のページをご覧下さい。

Windowsの場合(PrimoPDFを使用) (印刷データ作成ガイド)

Mac OS Xの場合 (DTPサポート情報)

PDF変換の設定が正しければ色の再現に問題はありません。

色の再現において、PDF変換時に元のアプリケーションで指定した網点(CMYKの%)が変化することはありません。

元のアプリケーションでの印刷と同等品質での印刷が可能です。

 

ただし、RGBカラーの画像データを貼り込んでいたり、RGBカラーのカラー指定をして、RGBカラーが残るようにPDF変換した場合は、弊社システムにてRGBカラー→CMYKカラーへの変換を行うため、お手持ちのCMYKカラーのプリンターでの出力と色の傾向が異なる場合があります。

これは、CMYKカラーに変換するための変換情報が各メーカーによって異なるためです。カラー変換が気になるのであれば、本機色校正をお薦めいたします(有料)。

 

PDF変換は以下のページをご覧下さい。

PDF変換設定について (印刷データ作成ガイド)

 

また、PDF形式でのご入稿の際は、PDF変換後にAcrobat・Adobe Readerで開いて、必ずご確認をお願いいたします。

PDFデータのチェックについて

 

色校正については以下のページをご覧下さい。

本機色校正について

フォントが全て埋め込まれたPDFであればアウトライン化する必要はありません。

PDFへ埋め込めないフォントを使用している場合は、必ずアウトライン化してください。

 

当社で用意してあるフォントであっても、全てのフォントがPDFに埋め込まれている状態でご入稿下さい。

例:MS ゴシック・MS明朝・リュウミンなど。

 

PDFファイルのフォントの埋め込み状態を確認するには以下のページをご覧下さい。

印刷用PDFファイルのチェックリストについて (印刷データ作成ガイド)

RGBカラーのデータでも構いませんが、印刷用のCMYKカラーへ変換できる方は変換しておくことをお薦めいたします。

Word・Excel・PowerPoint・一太郎などのビジネスソフトやPhotoshop ElementsのデータはRGBカラーになります。

また、これらのソフトから変換されたPDFも基本的にはRGBカラーのままです。

これらのソフトに関しては、弊社標準のカラー変換機能にて、RGBカラーから印刷用のCMYKカラーへ自動変換させて頂きます。

お客様のPDFのカラーイメージ色とは異なりますので予めご了承ください。

また、IllustratorなどのグラフィックソフトにてRGBカラーにて制作した場合も同様に自動的に印刷用のCMYKカラーへ変換します。

ただし、グラフィックソフトはCMYKカラーで制作できますので、できる限り最初からCMYKカラーで制作された方が、イメージと大きくずれない仕上がりになりますので、CMYKカラーでの制作をお薦めいたします。(お客様の画面の色と印刷物の色を合わせることは承っておりません)

RGBカラーからCMYKカラーへ変換したときの色の変化の例 (DTPサポート情報)

RGBカラーからCMYKカラー変換の変化がどのようになるか、印刷前に傾向を確認したい場合は校正オプション(有料)をお薦めいたします。

PDF校正について(有料オプション)

オーバープリントの設定がされているオブジェクトはオーバープリントを再現した状態で印刷がされますが、自動スミノセにはなりません。

スミ(ブラック)100%の部分は自動的にはオーバープリントにはなりません。ソフトウェア上でオーバープリントの設定をお願い致します。

また、オーバープリントが設定されているデータのオーバープリントを自動的に解除することも行っていません。

これは制作データと異なるオーバープリントの状態による仕上がりイメージの違いを防ぐためです。

Illustrator 9以降ではメニューから「表示」→「オーバープリントプレビュー」にチェックを付けるとオーバープリントの確認ができます。

Illustratorでオーバープリントを画面上で確認する設定 (DTPサポート情報)

PDFデータはAcrobatの設定することでオーバープリントの確認ができます。

Acrobatでオーバープリントプレビューの状態にする設定 (DTPサポート情報)

オーバープリントに関する注意点

Illustrator 8をご利用の方は必ず Illustrator 8.0.1にアップデートしてください。

Illustrator 8を購入時のままでご使用になると、白が勝手にオーバープリントになる現象が発生します。

Adobe Illustrator8.0.1ダウンロード

また、Illustrator 10以降では白に対してオーバープリントが設定できます。ご注意下さい。

なお、白にオーバープリントの設定がされていると、白ではなく下地がそのまま出ることになります。文字が白で書かれていたら文字は見えなくなります。ご注意下さい。

スキャニングはオプションで対応しています。

スキャニングの元になる写真や絵などは、凹凸のないA3サイズ(420×297mm)までの物が対象です。

 

また、スキャニングは最終的に印刷物で使用するサイズにより料金が変わってきます。

料金などは以下のページをご覧下さい。

スキャニング(画像取り込み)について

弊社で印刷する印刷物でソイインキマークを入れる場合は、弊社と契約書を交わす必要があります。

詳しくは以下のページをご覧下さい。


ソイインキマークについて


弊社で使用しているインキはお客様ご指定の特別なインキではない限りソイインキとなっております。

外国語のデータの場合はフォントが弊社に無いため、PDFデータになれば印刷対応可能です。

吉田印刷所ではInDesignのデータ入稿に対応しておりますが、中国語や韓国語のフォントがございませんので、そのままでは対応できません。

 

ですが、PDFデータであれば、フォントを埋め込めますので、印刷や製本に対応することが可能になります。

PDF形式にすると画像が粗くなる…ということを危惧される方もいらっしゃいますが、主な原因は設定が適切ではないからです。

印刷向けのPDF変換につきましては以下のページで説明しておりますので、ご覧ください。

PDF変換設定について

大変申し訳ございませんが、基本的にはお客様にてデータを修正して再入稿していただくことになります。

再入稿となった場合、再度データチェック・プリントアウト出力などの印刷・加工・製版のためのチェックを行うことになりますので、状況によっては納品日が遅れたり、データ変更料金が別途発生する場合があります。

仕様の変更などに伴う請求金額について

 

トクプレ.では完全データ入稿(頂いたデータを出力・印刷する)が基本になっておりますので、ご理解いただきたく思います。

 

また、お客様自身で入稿後にデータの不備やエラーを発見し、再度データを送信する際は、データ送信前に必ずお電話でご連絡下さい。進行状況を確認いたします。状況によっては作業が進行してデータの差し替えができない場合がございます。ご協力をお願いいたします。

電話番号:050-3733-1975

圧縮前と後で変化するものとしないものがあります。

圧縮にもいくつかありますので分けてご説明いたします。

ファイル圧縮のStuffIt・Lha・ZIP

StuffIt・Lha・ZIPでのファイル圧縮は可逆圧縮という圧縮という、元の状態に戻せる圧縮なので、圧縮と展開(解凍)を繰り返しても元のファイルは劣化しません。

よってデータが間引きされるということはなく、圧縮する前の品質と全く同じものとなり、印刷の仕上がりも変わりません。

 

画像のJPEG圧縮

JPEG画像・Photoshop EPSのJPEGエンコーディング(圧縮)・PDF変換の際のJPEG圧縮の場合は、厳密に言えばデータが間引きされています。不可逆圧縮といって元の状態に完全には戻りません。

ただ、圧縮される部分は人間が違いを感じづらい部分を圧縮しているので、これまでで画像をJPEGしたデータで、印刷がイメージと異なっているという意見は寄せられておりません。

 

画像のZIP圧縮

PDF変換の際のZIP圧縮の場合は、可逆圧縮なので、データが間引きされるということはなく、圧縮する前の品質と全く同じものとなり、印刷の仕上がりも変わりません。

トクプレ.では様々なデータ・ソフトウェアに対応しております。

  • PDFデータ
  • Adobe Illustrator
  • Adobe Photoshop
  • Adobe InDesign
  • Quark QuarkXPress
  • Microsoft Word
  • Microsoft Excel
  • Microsoft PowerPoint
  • Microsoft Publisher

 

対応バージョンなど詳しくは以下のページをご覧下さい。

パーソナル編集長からPDFデータへ変換していただくことで印刷対応することができます。

パーソナル編集長のデータそのままでは対応することはできません。大変申し訳ございません。

パーソナル編集長で印刷についての詳しい情報は以下のページをご覧下さい。

パーソナル編集長で印刷をご発注される方へ

PDFデータチェック機能付きは100MB×3ファイルまで、チェックなしは2GBまで送信できます。

ファイル送信は2つの送り方があります。

①PDFデータチェック機能付きファイル送信

ファイル送信が完了すると、すぐにデータチェックを自動で開始する機能がある送り方です。

1ファイルあたり最大100MBのサイズまで送信でき、同時に3ファイルまで送信できます。

 

②チェックなしファイル送信

データのチェックが自動で行われないファイル送信です。

最大2GBのファイルサイズまで送信でき、1ファイルだけ送信できます。

 

ファイル送信について

ファイル送信では、送信中にブラウザを閉じるとファイル送信が中断してしまいますので、ファイル送信が終わるまではブラウザを開きっぱなしにしておいてください。

ファイル送信は以下のページからお願いします。ファイルの送信はログインが必要ですので、会員登録されていない方は会員登録をお願いいたします。

印刷用入稿データファイル送信ページ

圧縮をお薦めするいくつかの理由があります。

ネットでの入稿・ファイル送信の時間が短縮できるため

ファイル圧縮はその名の通りファイルサイズを圧縮し、小さくします。

このため、入稿・ファイル送信にかかる時間が大幅に短縮され、素早く終わります。

 

ファイルに必要な情報が壊れることがあるため

制作ファイルをそのまま送信された場合、ファイルが壊れているケースがあるためです。

特にMac OS X以前のデータでは、どのソフトウェアで開くのかなどのアイコン付属情報(リソースフォーク)がファイル送信の過程で欠落することがあり、印刷用のデータチェック作業の進行に大きな影響を与えるため、ファイル圧縮をお願いしております。

 

ファイル送信で一度に送信できるファイル数の制限のため

弊社のファイル送信は一度に数十個のファイルを選択して送信することはできません。

このためIllustratorやInDesignなどのレイアウトソフトで画像ファイルを多数使用している場合は、送信する際に、ファイルをまとめて頂く必要があります。

ファイルを圧縮すると複数のファイルをまとめられますので、1回で送信することができます。

 

当社で対応しているファイル圧縮の形式について (DTPサポート情報)

 

なお、PDFのデータチェック機能付きファイル送信をご利用の際は、圧縮をしないで送信して下さい。よろしくお願いいたします。

データチェック機能付きファイル送信はこちらから (ログインが必要です)

一太郎のドキュメントデータ(文書ファイル)には印刷対応しておりません。

ジャストシステムの一太郎のドキュメントデータ(ファイル名が「○○.jtd」「○○.jfw」など)の印刷には対応しておりませんが、一太郎から変換されたPDFデータの印刷には対応しております。

 

弊社ではPrimoPDFという無料のPDF変換ソフトを使用してPDF変換する方法を紹介しております。

PrimoPDFでPDF変換をする手順について (印刷データ作成ガイド)

 

お客様の制作環境の関係で、PrimoPDFやAcrobatのインストールができない場合はご相談下さい。対応を協議させて頂きます(印刷価格表に記載のPDF形式の入稿と印刷価格は異なります)。

お問い合わせ・ご相談はこちら

対応致しておりません。

弊社では、差し替えではなく単品扱いとしてお受けする形になります。

ご案内しているトクプレ.は、数多くのお客さまの仕様条件を同一化させ、効率よく印刷することにより印刷コストを大幅に削減しております。

このため、差し替えの印刷方法が適用できません。

店舗名が2つであれば、2つの印刷注文としてご発注下さい。

その場合、印刷データも、店舗名だけではなく、全てのデザイン要素が入ったデータの入稿をお願いいたします。

 

枚数が多い場合はお見積もりでコストメリットが出る場合がございますので窓口にお見積もりをご請求下さい。

お問い合わせ・お見積もりはこちらから

窓口とご相談下さい。対応可能かを判断させていただきます。

基本的に、データの確認は弊社スケジュール内で処理をさせていただきますので、優先対応は致しかねます。

ただ、お客様のご都合で、優先的なデータの確認処理をご希望の場合は、協議させていただきます。時間や処理するページ数の関係で、対応致しかねる場合もあります。あらかじめご了承下さい。

PDFをまとめてひとつのファイルにする必要はありません。

チラシ・フライヤー印刷などの両面の印刷でしたら表と裏と天地方向がわかれば問題はありません。

カタログ・冊子印刷の場合は、そのファイルが何ページ目かがわかれば、もしくはファイルの順番が分かれば問題はありません。ファイル名にページ数を入れるか、ファイル名を連番にしてください。

 

印刷用のPDFファイルであるPDF/X-1a・PDF/X-4のファイルを、Acrobatなどのソフトで複数のPDFファイルをひとつにまとめると、PDF/Xの規格準拠では無くなってしまう場合があります。

また、まとめ方によっては印刷には適さないPDFになってしまう場合もありますので無理にまとめず、そのままご入稿下さい。

一般的なファイル名であれば入稿可能です。

 

日本語のファイル名でも英数字のファイル名でも、基本的にはいずれの場合も問題は発生しません。

ファイル名の指定は特にありませんが、データの取り違えなどを最大限防ぐために、商品問い合わせ番号(※)をファイル名に付けることをお薦めします。

 

※印刷のご注文確認メールに記載されている「2X-XXXXX」の7桁の番号。

データ入稿はネットで24時間いつでも受け付けています。

夜中でも通信入稿はいつでも可能ですので、作業が終わり次第ご入稿下さい。

データ入稿はこちらから (ログインが必要です)

 

トクプレ.は午前中のデータ着が当日受付扱いになります。お昼の12時を過ぎて届いたデータは翌日受付扱いになりますのであらかじめご了解下さい。

事前に印刷のご発注がされていてもデータが届かない場合は、後日扱いになります。

CD-RやDVD-Rにデータを入れて、宅配便で送られる場合は当社への着日にご注意下さい。

 

もし、当初の予定よりご入稿が遅れる場合は、後工程の準備もありますので、ご連絡をお願いいたします。

一部を修正して再印刷の場合は、基本的にそのページ全体のデータが必要になります。

 

このため、修正部分だけをお送りいただき印刷を行うことは基本的には承っておりません。

 

ただし、Word・Excel・PowerPointやIllustrator・InDesignなどのデータでご入稿頂いていた場合で弊社にて修正できる場合は、対応することが可能です(データが弊社に残っているかをご確認ください)。

この場合、トクプレ.の印刷メニューでご提示している仕組みとは異なるため、料金体系が異なります。詳しくは窓口へお問い合わせ下さい。

主な原因は必要以上に高い解像度の画像があるためです。解像度の確認をして下さい。

印刷データのファイルサイズが非常に大きい場合の主な原因として挙げられるのは、使用している画像の解像度が必要以上に高いといったものです。

過去にご入稿いただいたデータに、1000dpiを超えるカラー画像を貼り込んであるデータなどがありました。

一般的には175線の印刷では画像の解像度は350~400dpi程度が上限として適切と言われています。この解像度を超える解像度の画像は、印刷では表現しきれず、過剰な情報となります。

画像の解像度は350~400dpiを目処に調整するように制作をしてみて下さい。

冊子・カタログ印刷の場合、画像の解像度が過剰に高くなくても、ページ数によってはファイルサイズが非常に大きくなってしまう場合があります。この場合は、ページを区切って2回か、3回に分けてPDF変換することをお薦めいたします。(できあがったPDFをAcrobatで分割することはお薦めいたしません)

また、PDF入稿の場合、元データは変更せずに、PDF変換の設定をすることでPDFのファイルだけ解像度を350dpiや400dpiに変更することができます。

くわしくは以下のページをご覧下さい。

InDesign・Illustratorから画像解像度を変更しながらPDF変換する方法 (DTPサポート情報)

印刷データの再入稿のページから再入稿をお願いいたします。

お客様側でデータの間違いに気がついた場合は、作業が進行している場合がありますので、データを送る前に必ず一度お電話でご連絡下さい。進捗状況を確認してデータの差し替えが可能か確認いたします。

印刷データの再入稿 (ログインが必要です)

印刷データの再入稿を行った場合、状況によっては納品日や印刷代金が変更になることがあります。納品日・印刷代金の件は窓口にお問い合わせ下さい。

事前、もしくはご注文時に窓口へお申し付けください。

お話を伺い、どのような補正を掛けるかをご相談させていただきます。

 

但し、補正作業をご依頼される場合は、PDF入稿扱いでのデータ入稿はお受けできません。

編集可能な元データ(Illustrator・Photoshop・Word・Excel・PowerPointなどのいわゆるネイティブデータ)でのご入稿となります。

 

データ編集作業となり、お客様の完全原稿データを印刷するわけではないので、印刷料金のベースもトクプレ.の料金体系と異なりますのであらかじめご了承ください。

窓口へご相談ください。

 

全ての制作ソフトをサポートすることはできませんが、通常よく利用されているDTP系ソフト(Illustrator・Photoshop・InDesignなど)やOffice(Word・Excel・PowerPointなど)であれば、ある程度のサポートは出来ると思います。

 

また、DTPサポート情報ブログも開設しております。是非こちらもご覧ください。

お客様が契約しているネット回線の速度によって異なります。

50Mバイトのデータを送信するのに必要な時間の目安は以下の通りとなります。

ネット回線想定回線速度50Mバイト送信に
掛かる時間(目安)
携帯電話・モバイル 3G回線1~5Mbps1分30秒~7分
携帯電話・モバイル 4G・LTE・WiMAX回線5~20Mbps20秒~1分30秒
固定 ADSL回線1~5Mbps1分30秒~7分
固定 光回線20~50Mbps10秒~20秒

※弊社の通信回線の混雑状況によっても変わります。あらかじめご了承下さい。

ご入稿はその日の午前中までがその日の扱いとなります。

モバイル回線でのご入稿は、通信状況により上記目安よりも時間が掛かることが多いのでご注意下さい。

印刷用データのご入稿はこちらから (ログインが必要です)

可能です。対応は翌営業日からとさせていただきます。

印刷のご注文・お問い合わせ(ネット)・データの入稿は24時間受け付けております。

ただし、受け付け・対応・データ処理などは翌営業日からとさせていただきますのであらかじめご了承下さい。

お問い合わせページ

データ入稿ページ(再入稿もこちら) (ログインが必要です)

お客様の意図したデータを確実に印刷するための参考資料としてレイアウト見本を利用します。

トクプレ.では印刷・加工の商品の最終工程を担っております。

データ上に予期しないバグが発生したり、明らかに仕上りイメージが一般常識と異なっている場合、1つのデータしかないとお客様の仕上りイメージが判断出来ません。

また、明らかにお客様の指定の品名(印刷物の内容)とデータの内容が違っていても、送られてきたデータが間違っているかどうかの判断ができません。

このために印刷用のデータと仕上りイメージが確認できるレイアウト見本が必要なのです。

レイアウト見本について・作成方法の紹介ページ

対応する圧縮形式は、Zip・StuffIt・Lha形式です。

  • Zip形式(Windows・Mac OS Xでおすすめ)
  • StuffIt形式(MacOS 9でおすすめ)
  • Lha形式

自己解凍形式のファイルはセキュリティの都合上、開けない場合がありますので使用しないで下さい。

 

当社で対応している圧縮の圧縮方法やソフトのインストールについては以下のページをご覧下さい。

対応しているファイル圧縮形式について

フォントは基本的にはアウトライン化した状態でお願いします。もしくは、対応フォントで作成をお願いします。

対応フォントは次の通りです。

Macの対応フォントについて

Windowsの対応フォントについて

 

対応フォントをデータ使用されている場合は、文字が表示されなかったり、文字化けが発生したり、予期しないフォントに置き換わったりして、体裁が崩れる場合があります。ご注意ください。

 

PDF入稿の場合は、フォントがPDFファイルに埋め込んであればどのようなフォントをご利用いただいても構いませんので、アウトライン化する必要がありません。

デザイン性が高いデータや、InDesignやQuarkXPressで作成するページ物の印刷データにお薦めの入稿形式です。

PDF入稿について (データ作成ガイド)

弊社で印刷する印刷物で植物油インキマークを入れる場合は、弊社と契約書を交わす必要があります。

契約書の締結後マークをお送りいたしますので、お手数ですがご発注様自身で印刷データにマークを入れてご入稿下さい。

詳しくは以下のページをご覧下さい。


植物油インキマークについて


弊社で使用しているインキはお客様ご指定の特別なインキではない限り植物油インキとなっております。

料金が高い方の印刷料金になります。(今回の場合はDTPの料金になります)

できる限り入稿のデータの形式は統一してご入稿下さい。

 

弊社ではPDF形式でのご入稿をお薦めしております。PDF形式への変換は以下のページをご覧下さい。

PDF形式への変換設定について (印刷データ作成ガイド)

 

もし変換方法や変換後のPDFについて分からない点がある場合、ご相談下さい。担当窓口がサポート致します。

お問い合わせについて

窓口へご相談下さい。編集作業について協議させて頂きます。

トクプレ.は制作済みの完全データ支給の印刷が基本となっております。提示されている印刷価格も制作済みの完全データ支給での条件になります。

 

編集作業をご依頼なさる場合は、印刷価格と別に編集料金が発生します。料金については、編集内容を考慮し、協議のもと、金額を決定します。

編集をご依頼なさる際は、編集内容を把握するため、予め窓口と相談し、できあがりイメージなどの送付をお願いいたします。

また、お届け日も印刷価格表に掲載されているのものと異なってきますので、ご希望のお届け日があれば、窓口にお伝え下さい。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

納期スケジュールのカウントはお客様のお返事が来るまで一時停止します。

校正オプションにはPDF校正・プリンター校正・本機色校正がありますが、いずれの場合も、お客様からお返事を頂くまで、作業が進行できません。

このため、納期スケジュールのカウントを一時停止します。

PDF校正について プリンター校正 本機色校正

例:3日コース・PDF校正オプション・月曜日午前中入稿

※PDF校正オプションは納品スケジュールが1日追加となるため、4日目の出荷となります。


A
午前中
入稿

午前中
校正提出

午前中
校正確認返信

弊社出荷

B
午前中
入稿

午前中
校正提出

午後
校正確認返信




弊社出荷

C
午前中
入稿

午前中
校正提出




午前中
校正確認返信

弊社出荷

この例は校正確認後、修正がない場合です。修正データを再入稿の場合は、スケジュールは変更されます。

お見積もりにて対応しております。

弊社サイト内では48ページまでの中綴じカタログ印刷の料金表が掲載されていますが、48ページを超える印刷物は、別途お見積もりにて対応しております。

また、中綴じ以外にも無線綴じやPUR製本などの製本方法のご要望も承れますので、窓口までお問い合わせ下さい。

 

納品スケジュールは、価格表で掲載しているスケジュールとは、異なりますのであらかじめご了承下さい。お急ぎなどのご要望も窓口とご相談下さい。

お問い合わせ・お見積もりはこちらから

お見積りでお受けしております。窓口にご相談ください。

 

トクプレのメニュー外印刷サービスとなりますが、お受けすることは可能です。

スケジュール(納期)も通常の案内とは異なりますので、打ち合わせ済の状態でご注文をお願いいたします。

お見積もりにて承ります。

メニュー外の仕様となりますので、窓口にお問い合わせ下さい。お見積もりをさせていただきます。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

オフセット印刷とは、一般的なカラー雑誌やチラシなどで幅広く使用されている印刷方式のことです。

印刷用の版を作成し、インキを転写して印刷します。

印刷機のサイズ自体が家庭用のプリンターやオフィスのコピー機などとは異なって大きく、大きなサイズで枚数の多いものが得意です。

弊社の印刷では商業用の印刷機を使用しますので、短時間で大量の印刷が可能です。

 

20130605-printing-machine-01.jpg

▲弊社の印刷機

 

関連ページ

吉田印刷所の印刷機について

オフセット印刷について(技術的な内容) (DTP・印刷用語集)

オーバープリントの設定がされているオブジェクトはオーバープリントを再現した状態で印刷がされますが、自動スミノセにはなりません。

スミ(ブラック)100%の部分は自動的にはオーバープリントにはなりません。ソフトウェア上でオーバープリントの設定をお願い致します。

また、オーバープリントが設定されているデータのオーバープリントを自動的に解除することも行っていません。

これは制作データと異なるオーバープリントの状態による仕上がりイメージの違いを防ぐためです。

Illustrator 9以降ではメニューから「表示」→「オーバープリントプレビュー」にチェックを付けるとオーバープリントの確認ができます。

Illustratorでオーバープリントを画面上で確認する設定 (DTPサポート情報)

PDFデータはAcrobatの設定することでオーバープリントの確認ができます。

Acrobatでオーバープリントプレビューの状態にする設定 (DTPサポート情報)

オーバープリントに関する注意点

Illustrator 8をご利用の方は必ず Illustrator 8.0.1にアップデートしてください。

Illustrator 8を購入時のままでご使用になると、白が勝手にオーバープリントになる現象が発生します。

Adobe Illustrator8.0.1ダウンロード

また、Illustrator 10以降では白に対してオーバープリントが設定できます。ご注意下さい。

なお、白にオーバープリントの設定がされていると、白ではなく下地がそのまま出ることになります。文字が白で書かれていたら文字は見えなくなります。ご注意下さい。

コピー用紙(PPC用紙)相当は、上質紙の55kg(※)になります。

※四六判換算。

一般的に販売されているコピー用紙の厚さは、米坪量で記載されていて、64g/m2程度となっていることが多いです。この厚さは四六判換算で55kgとなります。

チラシ・フライヤー印刷価格表の用紙選択にて「上質55kg」をお選び下さい。

チラシ・フライヤー印刷について

 

上質紙は、インキが紙に浸透しやすく、コート紙のような光沢感はほとんど出ません。落ち着いた沈んだ印刷仕上がりになります。このため、鮮やかな印刷をお望みの場合は、上質紙ではなく、コート紙をお選び下さい。

印刷されません。宛名面の郵便番号枠や切手の枠などのデータはお客様側でご用意する必要があります。

ポストカード印刷・大判ポストカード印刷において、片面印刷のご注文の場合、頂いたデータをご注文の通りに片面に印刷を行い、その裏面の印刷は行いません。片面は白地でのお届けになります。

 

宛名面の郵便番号枠や切手の枠を印刷したい場合は、郵便番号枠や切手の枠などのデザインデータをご用意頂き、両面印刷をお選び下さい。

 

宛名面の郵便番号枠や切手の枠のデータがご用意できない場合は窓口までご相談下さい。

申し訳ございません。この件についてはお受けしておりません。

 

これは、印刷方式がCMYKで表現されているのに対しモニター(画面)はRGB(光の3原色)で表現されているため、色彩領域に違いがある表現になるためです。

構造的な問題ですので、あらかじめご了承ください。

また、当社以外での色校正出力された各種プリントにおいても印刷機上で色を合わせることは行っておりません。こちらもご了承ください。

対応致しておりません。

弊社では、差し替えではなく単品扱いとしてお受けする形になります。

ご案内しているトクプレ.は、数多くのお客さまの仕様条件を同一化させ、効率よく印刷することにより印刷コストを大幅に削減しております。

このため、差し替えの印刷方法が適用できません。

店舗名が2つであれば、2つの印刷注文としてご発注下さい。

その場合、印刷データも、店舗名だけではなく、全てのデザイン要素が入ったデータの入稿をお願いいたします。

 

枚数が多い場合はお見積もりでコストメリットが出る場合がございますので窓口にお見積もりをご請求下さい。

お問い合わせ・お見積もりはこちらから

弊社基準範囲内の印刷色での印刷となりますので、若干の差が発生します。

弊社では、印刷色の基準を策定して印刷を行っております。

用紙・インキ・温度・湿度などの様々な環境要因により印刷の色は変化するため、印刷色が一定の範囲に収めるように印刷を行っております。

仕上がった印刷物同士の色差に関しては、一定の範囲内の印刷色のため、比べると若干の差が発生します。あらかじめご了承ください。

印刷色の色管理システムについて (吉田印刷所の設備)

同じ色の仕上がりにはなりません。

他社様の印刷の色管理システムと弊社での印刷の色管理システムの違いや、その時々の紙やインキの状態などにより色の差が発生いたします。

このため、他社様の印刷物と同じ色には仕上がりません。また、印刷物への色合わせも行っておりません。

 

※弊社で設定した色基準範囲内に印刷色が収まるように管理して印刷しております。

業務用印刷機を使い分けて使用しております。

トクプレ.で印刷する機械は、オフセット印刷機・オンデマンド印刷機・インクジェット印刷機になります。


オフセット印刷とは、一般的なカラー雑誌やチラシなどで幅広く使用されている印刷方式のことで、印刷機のサイズ自体が家庭用のプリンターやオフィスのコピー機などとは異なって大きく、大きなサイズで枚数の多いものが得意な印刷方式です。

オンデマンド印刷機は、高速なカラーレーザープリンターのような印刷機です。オフィスにあるようなカラープリンターやコピー機と異なり、業務用として高速で安定した品質の印刷ができるようになっております。

インクジェット印刷機は、家庭用のインクジェット印刷機と異なり、B1サイズなどの大きなサイズの印刷もできる大型のインクジェット印刷機になります。


トクプレ.ではお客様がお求めの印刷物の仕様・条件に応じて最適な印刷機を選定させていただきます。


20130605-printing-machine-01.jpg

▲吉田印刷所のオフセット印刷機


関連ページ

吉田印刷所の印刷機について

オフセット印刷について(技術的な内容) (DTP・印刷用語集)


お見積もりにて対応しております。

包装紙専用のメニューはご用意しておりませんが、お見積もりにて対応することは可能です。また別途包装紙印刷のページはご用意しておりますのでそちらもご覧下さい。

包装紙印刷について


用紙は上質紙・純白ロール紙・コート紙・マットコート紙・クラフト紙・グラシン紙・ニューカラペ・t-カラペ・パレットカラーなど、様々な用紙へフルカラー印刷ができます。オリジナルの包装紙をご希望の際は、ぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・お見積もりはこちら


基本的にカラー印刷と同じ価格です。

申し訳ございませんが、トクプレ.は印刷条件を均一化することにより、印刷コストの低減を図っています。この印刷条件の均一化は、インクにも同じ事が言えます。よって単色印刷の際にも多色印刷と同じ条件で印刷することになりますので費用は多色印刷と同額になります。

このため、スミ(ブラック)やシアンなどのプロセスカラー単色の印刷でも価格は基本的にトクプレ.のカラー印刷の価格と変わりません。(※)

 

ただし枚数によってはお安くなる場合もありますので、窓口にお見積もりをご請求下さい。

 

※特色印刷は印刷価格が異なります。

申し訳ございません。印刷の立ち会いはお受けしておりません。

 

情報保護の観点からも何卒ご了承ください。

印刷は業務用印刷機を使用した印刷になります。

業務用印刷機には、オフセット印刷機・オンデマンド印刷機・インクジェット印刷機があります。

業務用印刷機の選定はお客様がお求めの印刷物の仕様・条件に合わせた印刷機を選定させていただきます。


業務用印刷機の中から、ここではオフセット印刷機を紹介いたします。

オフセット印刷機は大きな紙に印刷できる特徴を持ち、チラシやポスター、冊子などの印刷物を大量で高速に印刷することができます。

20130605-printing-machine-01.jpg

▲当社で使用しているハイデルベルグSpeed Master XL105-8P


オフセット印刷で印刷したものがどのような仕上がりになるかをお知りになりたい方は、印刷サンプルを用意しておりますので資料請求をお願いいたします。

資料請求はこちらから(無料)

事前に窓口までご連絡ください。

 

控えデータを破棄していないか確認いたします。

控えデータが破棄されていない場合は、再度データを送る必要はございませんが、念のため、FAXやメールで印刷内容を確認させて頂きますのでご協力をお願いいたします。

屋外用ポスターとしては合成紙のユポ紙を使用した印刷をお薦めします。

屋外用ポスターですが、弊社では耐久性や耐水性にすぐれた合成紙のユポ紙(スーパーユポ)を扱っております。

通常のコート紙のポスターはコスト面に優れ、屋外での利用も可能ですが、雨や風によって波うちが出たり破れたりする事もあります。

比較すると、耐久性等の面でユポより劣ってしまいます。

多少コストはかかりますが、用紙はユポ紙を使用されると通常のポスターに比べ長い期間利用する事ができます。

 

また、印刷インキについては、色褪せに強い耐光インキをご使用される事で、ポスターの印刷色が青白く色あせるのを遅らせることができます。

(耐光インキでも全く色あせないわけではありませんが、耐光インキは通常の印刷インキの5~10倍の耐光性を持っています。)

 

季節や天候、掲示場所にもよりますが、通常のポスターでも、数日程度~2週間のご利用ならば負担も少ないため実用に耐えうると思われます。

雨にあまり当たらず、日光が当たりやすい場所での2週間程度の掲示で、コストを優先するのであれば、通常のコート紙と耐光インキの組み合わせをお薦めします。

1ヶ月以上の比較的長い期間のご利用を考えておられるのならばユポ用紙と耐光インキのご利用を強くお勧めします。

 

耐光インキについて (コート紙などでのポスターの場合)

ユポ紙を使った屋外向けポスターについて

コート紙などでのポスター印刷について

規程の部数、印刷商品サンプルとして同梱します。

ご注文の部数に加えて同梱する印刷商品サンプル数は以下のページをご覧下さい。

印刷商品サンプルについて

 

同梱される印刷商品サンプルは数量が多くはありません。

弊社から納品後に、別の加工をする場合、過去前の事前テストなどのために加工予備が必要ですので、数が足りなくなる場合がございます。後加工がある場合は、最初から印刷部数を多めにご発注下さい。

お見積りでお受けしております。窓口にご相談ください。

 

トクプレ.のメニュー外印刷サービスとなりますが、お受けすることは可能です。

スケジュール(納期)も通常のご案内とは異なりますので、打ち合わせ済の状態でご注文をお願いいたします。

メニューからのご注文で、用紙の銘柄指定は対応しておりません。

銘柄の指定をされたい場合は別途お見積もりになります。

お見積もりはこちらから

資材供給の用紙メーカー様・紙卸し様と間で安定的な用紙の供給体制を作っておりますが、資材供給状況によっては、同じグレード・厚さ(例:コート紙・マットコート紙)であっても、ご注文によって銘柄が異なる場合がございます。銘柄が異なっても、厚さや重さには変化はございません。あらかじめご了承下さい。

再生コート紙・再生マットコート紙の古紙パルプ配合率は最低でも70%以上になります。

このため「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」いわゆる「グリーン購入法」の基準にも適合しております。


トクプレ.で使用する再生紙は基本的に古紙パルプ配合率80%以上の用紙を使用します。印刷物にはR70・R80のいずれかのマークを印刷することが可能です。(ただし、状況に応じて古紙パルプ配合率70%以上の用紙に変更させて頂く場合がございます)


R70・R80のマークは以下のページでダウンロードできます。

Rマーク・R100・R80・R70(再生紙使用マーク) (DTP・印刷用語集)


その他の配合率をご希望の場合は、銘柄指定となりますので、お見積もりで対応致します。窓口にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

可能です。

弊社では色校正の印刷を行うサービスがございます。

この色校正は納品される印刷物を印刷する機械と同じ印刷機で印刷を行う「本機色校正」というものです。インクジェットプリンターでの印刷ではありません。

納品される印刷物を印刷する機械で色校正を印刷するため、色や質感などを正確に確認するために非常に良い色校正となっております。

色や品質を気にされる印刷物で、ぜひご利用下さい。

本機色校正について

 

また、データの印刷直前の状態を確認したいだけでしたら、プリンター校正やPDF校正などの方法もございます。

こちらは色や質感などの正確性は本機色校正に劣りますが、コスト的なメリットがございますので合わせてご検討ください。

プリンター校正について PDF校正について

色合わせは対応しておりません。

色見本として支給された校正刷りやプリントアウトなどに、色を合わせて刷ることはお受けしておりません。

これは、支給される見本が様々な印刷環境(インク・プリンター・用紙など)で行われているため、弊社が用意する印刷環境において、色を合わせることが出来ないからです。

また、色が「合っている」「合っていない」という判断基準もお客様によりかなり幅があるため、色合わせが安定的なサービスとして供給できないためです。

ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

出来上がりの色合いを気にされる方は、オフセット印刷機で印刷する色校正サービスの「本機色校正」をぜひご利用ください。

本機色校正サービスについて

色校正のサービスをご利用下さい。

「試し刷り」というサービスはございませんが、色校正の印刷を行うサービスがあります(有料)。なお、この印刷はインクジェットプリンターの印刷ではなく、ご注文頂いた印刷物を印刷するための印刷機と同じものを使用します。

色の確認や仕上がり具合の確認は、この色校正サービスをご利用頂くことで、納品時の状態と同じ環境で印刷されたもので確認ができます。

色や品質を大切にしたい印刷物の時に、ぜひご活用下さい。

色校正について(本機色校正)

大変申し訳ございませんが、弊社では郵便はがき(官製はがき)への印刷は行っておりません。

同様に年賀はがきの持ち込みでの印刷も承れません。ご了承下さい。

 

印刷は切手が貼っていない私製ハガキとなります。

ご発注数量の一部だけの折り加工の対応はできます。

 

ご注文の際に、まず折り加工オプションを選択してください。

20130422-fold500in1000-01.png

 

ご注文画面を進んで頂き、受付窓口とのご連絡事項を記入する項目のコメント欄にて折りたい部数の指示をお願いいたします。

20130422-fold500in1000-02.png

 

全数折り加工をした場合と比べて、金額の変動がある場合は別途ご連絡致します。

チラシ・フライヤー印刷メニューで仕上がりの倍のサイズでご注文して「2つ折り」オプションを付けて下さい。

大変申し訳ございませんが、4ページ折りパンフレット印刷の専用ページはございません。

以下の例のようなご注文をお願いいたします。

二つ折り①A4サイズ仕上がりの4ページの折りパンフレットをご希望の場合は、A4サイズの倍のサイズの「A3サイズ」でご注文を進めて下さい。

「折り」のオプションで「2つ折り」のオプションを付けて頂くことで、ご希望のA4仕上がりの4ページ折りパンフレットができあがります。

2つ折りについて (チラシ・フライヤー印刷)

チラシ・フライヤー印刷のページはこちら

メニューではポスター印刷・ポケットフォルダー印刷で承っております。他はお見積もりにて承っております。

PP加工は、グロス感(光沢)のある「クリアPP加工」とマット感(光沢がやや抑えられた)のある「マットPP加工」があります。

PP加工とは(DTP・印刷用語集)

 

各メニューに金額等は掲載されていますのでご確認下さい。

ポスター印刷のPP加工について

ポケットフォルダー印刷のPP加工について

 

また、カタログ・冊子印刷の表紙やパンフレットなどの印刷でPP加工を行いたい場合などのメニュー外のPP加工は、お見積もりにて承っております。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

ラミネート加工のひとつである「PP加工」には対応しています。

メニューではポスター印刷とポケットフォルダー印刷になりますが、ラミネート加工のPP加工に対応しております。

PP加工について (ポスター印刷)

PP加工について (ポケットフォルダー印刷)

また、冊子・カタログ印刷やそのほかの印刷メニューでPP加工をご希望の場合は、窓口にお問い合わせください。お見積もりいたします。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

お見積りでお受けしております。窓口にご相談ください。

変形折りといったメニュー以外のご注文の場合は、対応できるかどうかを確認しますので、お見積もりをご請求下さい。

サイズによりますが、弊社でできる折りは次のページにまとめております。掲載されていないものでもご相談下さい。

  • 二つ折り
  • 巻き三つ折り
  • 外三つ折り(Z折り)
  • 観音折り
  • 外四つ折り
  • クロス8ページ折り(直角四つ折り)
  • 巻き四つ折り
  • カエル折り
  • クロス16ページ折り
  • 蛇腹折り(3山~14山)
  • 二つ折り+巻き三つ折り
  • 二つ折り+外三つ折り
  • 二つ折り+外四つ折り
  • 二つ折り+平行外三つ折り
  • ハリセン折り・地図折り(蛇腹折り+二つ折り)
  • 見出し折り・ずらし蛇腹折り(3山~6山)

折り加工一覧はこちら (吉田印刷所コーポレートサイト)

お見積もり・お問い合わせはこちら

印刷メニューに掲載されている以外の仕様でのご注文は、以下のページからご発注下さい。商談時の担当者がご対応いたします。

商談済み・価格表以外のご発注はこちら

PP加工では紙の端や裏側から紙へ水分が浸透するため、耐水性向上の目的には向きません。

PP加工は紙に接着剤を塗布してフィルムを貼る(圧着する)加工です。

パウチ加工の様に用紙全体をフィルムが包んでいるわけではありません。

このため、フィルムが貼られている部分はフィルムに保護されて紙へ水が浸透しませんが、「紙の端のフィルムと紙の隙間」や「紙の裏側」から紙へ水分が浸透するため、紙が伸びたり切れたりするので、耐水性が高まるという認識は正確ではありません。

 

耐水性を確保したい場合は、水に強い合成紙のユポを使用した印刷をお薦めいたします。(弊社ではユポ紙にスーパーユポを使用します)

雨に強いポスター印刷について

スーパーユポについて (DTP・印刷用語集)

対応しておりません。

お申し込みになったメニューサイズでの仕上がり断裁になります。

A4サイズでお申し込みの場合はA4サイズでの仕上がりになります。

 

A4サイズの中に、A5サイズのデータを2面付けして(=2つ並べて)、「断裁を加えて仕上げサイズの指定をA5サイズ」と「断裁の追加」のご指示を頂いても対応致しかねます。ご了承下さい。

お支払いの方法によって異なります。

 

①代金引換(代引)の場合

代金引換は印刷商品お届けの時に代金と商品を引き換えますので、納品時にお支払い下さい。

 

②銀行振込の場合

弊社より印刷商品の請求書をメールまたはFAXにて送付いたしますので、指定銀行口座に指定日までにお振り込み下さい。振り込みが確認できない場合、商品の出荷を一時保留とさせていただくことがあります。

 

③クレジットカードの場合

弊社より印刷商品の請求書をメール送信いたしますので、メールの内容に従い、クレジットカード決済のお手続きをお願いいたします。決済が確認できない場合、商品の出荷を一時保留とさせていただくことがあります。

 

④後払い(請求書払い)の場合

請求書を送付させていただきますので、指定日までに指定銀行口座にお振り込み下さい。

弊社ではクレジットカード情報を保存していません。ご安心下さい。

クレジットカードでのお支払いの際は、ヤマトフィナンシャル株式会社「クロネコwebコレクト」を経由してクレジットカード情報を入力して頂きます。

このためトクプレ.(吉田印刷所)のサーバーにはお客様のクレジットカード情報は残りません。もちろん、セキュリティコードもトクプレ.(吉田印刷所)のサーバーに残りません。ご安心下さい。

クレジットカード払いについて

クレジットカードでのお支払いには手数料は必要ありません。銀行振込の場合はお振り込み手数料がお客様のご負担になります。

銀行振込の場合のお振り込み手数料は銀行により異なりますのでご注意下さい。お客様のお振り込み銀行と、弊社指定のお振込口座の銀行を合わせると(=同行宛のお振り込みにする)、手数料が多少お安くなります。

クレジットカード払いについて

銀行振込について

 

※クレジットカード払いの手数料については一括払いの場合です。クレジットカード払いで分割払いを指定された場合の手数料はお客様のご負担になります。

印刷メニューと代金総額とお支払方法によっては対応しております。

パターン①

以下の条件をすべて満たしている場合に分割払いが可能です。

  • 通常の印刷メニュー(料金表から注文するメニュー)でのご発注
  • 代金の総額が285,000円以下
  • お支払方法がクレジットカード払い
  • クレジットカードが分割払いに対応している

クレジットカード払いのお手続きの画面で、分割回数をお選びください。クレジットカード会社によって別途手数料が発生する場合がございます。手数料はお客様のご負担になりますのであらかじめご了承ください。

クレジットカード払いについて

パターン②

以下の条件をすべて満たしている場合に分割払いが可能です。

  • 「直せるカタログ印刷」での印刷をご依頼の場合(トクプレ.の仕様外になります)

「直せるカタログ印刷」では、カタログ印刷の印刷注文を分割してご依頼することが可能です。分割した印刷の納品分のみのお支払いが可能です。

直せるカタログ印刷について

対応しておりません。

現金を用意して配達ドライバーにお支払い下さい。

印刷物のご請求金額によって異なります。

代金引換手数料は以下の通りとなります。

支払金額代金引換手数料
1万円未満300円+消費税
1万円以上3万円未満400円+消費税
3万円以上10万円未満600円+消費税
10万円以上1000円+消費税

代金引換でのお支払いについて

折りなどの加工や各種オプションを指定した場合のオプション料金、送料などの金額が加算されます。

印刷価格表の金額は印刷だけの料金です。

折り加工や拡大指定、デジタルカタログ作成、校正などのオプションを追加した場合、その料金が加算されます。

また、送料と代金引換(代引)の場合は代金引換手数料(代引手数料)も加算されます。

 

お支払い合計 = 印刷料金 + オプション料金 + 送料 (+代金引換手数料)

翌営業日からの確認となります。

土曜日・日曜日のお振り込みは主に月曜日からの確認となりますのでよろしくお願いいたします。

 

ただし、弊社が営業日で、金融機関が休業日の場合は、弊社が営業日であっても入金の確認ができませんので、大変お手数ですが、振込完了証や、ネットバンキングのお振り込み完了画面などのスクリーンショットなどの送付をお願いする場合がございます。ご協力をお願いいたします。

銀行振込(事前支払い)について

事前審査がありますが可能です。(官公庁・公共機関や施設・法人・学校限定)

 

代金を後で払う後払い決済(請求書払い)は、ご発注前に事前の審査が必要です。

官公庁・公共機関や施設・法人・学校(生徒除く)限定の決済方法ですので、あらかじめご了承下さい。

請求書払いについて

代金引換決済(代引:現金引き換え)・事前の銀行振込・事前のクレジットカード決済・後払い決済(売掛)によるお支払いになります。

代金引換決済の場合、宅急便コレクトにて商品をお届けいたします。代金引換決済とは商品と引き換えに支払いを完了させることです。決済には代金引換手数料が含まれております。

事前の銀行振込・事前のクレジットカード決済・後払い決済(売掛)のお支払いでは通常の宅急便にて商品をお届けします。

お支払いについて

 

※後払い決済(売掛)は事前の審査が必要です。また後払い決済は、官公庁・法人・公共団体のお客様のみの対応となります。

お支払い金額を記載した『お支払いご案内メール』を請求書としてメールでお客様に送信いたします。

お支払いご案内メールにお支払総額とご指定のお支払い方法についての説明がございますので、ご確認の上、手続きを行って下さい。(代金引換の場合は特にお手続きは必要ありません)

 

書面で「請求書」の発行をご希望で、郵送をご希望の際は、お届け日にご注意下さい。事前決済の「銀行振込」「クレジットカード払い」ではお振り込みや支払い手続きが完了しませんと、弊社からご注文の商品を発送致しません。このため、大幅にお届け日が遅くなることがございます。

請求書について

第四銀行・楽天銀行の口座があります。

どちらに振り込んでいただいても同じです。

●第四銀行(ダイシギンコウ)

  • 支店名:五泉支店(ゴセンシテン)
  • 銀行番号:0140
  • 支店番号:332
  • 口座番号:当座 102110
  • 口座名義:(株)吉田印刷所 【カ)ヨシダインサツジョ】

 

●楽天銀行(ラクテンギンコウ)

  • 支店名:タンゴ
  • 支店番号:206
  • 口座番号:7004151

 

第四銀行・楽天銀行共に、お振り込みの際の手数料はお客様のご負担でお願いいたします。

領収書は原則として発行いたしません。

代金引換の場合はコレクト伝票に付属の伝票が決済証明書類になり、また、領収書になります。

 

事前振り込み(銀行振り込み)の場合は各金融機関がお振込時に発行する振り込み証明書(受領書)が決済証明書類になります。振り込み証明書が弊社の領収書になります。

 

クレジットカード払いは、クレジットカード会社から発行される「ご利用明細書」が領収書になります。

クレジットカード払いについては、ご発注時に「領収書の発行を希望する」にチェックを付けると、印刷商品と共にお届けいたします。

領収書について

B1ポスターでも折らずに広げた状態で梱包・発送いたします。

印刷物を丸めると商品が傷む可能性がありますので、印刷物の傷みを防止するために、広げた状態での発送を行っております。

 

このため、紙缶での発送ではなく、チラシやカタログ印刷と同じく、段ボール箱に梱包して発送になります。

ポスター印刷では、クラフトの包装紙で印刷物を包装した後、規定の段ボール箱に入れ、中で動かないように固定して梱包します。

複数箇所への発送が可能です。

発注画面のお届け先の項目で、複数の発送先・指定部数・お届け希望時間帯を設定することができます。

アドレス帳機能にお届け先をあらかじめ登録しておけば、納品先の指定をする際に選択するだけになりますので簡単です!

最大10件まで送付先をご登録頂けます。

アドレス帳登録・編集

発送先のご指定が終わると、送料が決定されますので、ご確認下さい。

基本的に商品の発送にタイムサービス便の指定は承っておりません。

諸事情によりタイムサービス便をご希望の場合は、ご案内している送料金額とは異なりますのでご注意ください。ご利用の場合は予め窓口と協議が終了していることが条件になります。

タイムサービス便は翌日午前10時着または翌日17時着を希望することができる配達ですが、確実に届くことを保証するものではございません。

また、地域により翌日10時対応可能か翌日17時対応可能かが異なります。対応していない地域もあります。事前にお問い合わせ下さい。

また、通常の送料より2倍~3倍の送料が必要になる場合がありますのでご注意下さい。

このサービスをご利用の場合、通常の印刷のご発注とは異なりますので窓口と十分に打ち合わせをしてください。

宅急便タイムサービス (kuronekoyamato.co.jp)

印刷物のご請求金額によって異なります。

代金引換手数料は以下の通りとなります。

支払金額代金引換手数料
1万円未満300円+消費税
1万円以上3万円未満400円+消費税
3万円以上10万円未満600円+消費税
10万円以上1000円+消費税

代金引換でのお支払いについて

到着日の指定は可能です。

指定できる到着日は以下の制限があります。(離島を除きます)

お届け地域 到着日指定可能範囲
北海道・九州・沖縄以外(国内)発送予定日の翌日以降の日付で6日以内
北海道・九州・沖縄発送予定日の翌々日以降の日付で5日以内

発送予定日より早めに発送する場合があるため、到着日の予定はできる限り早めにご連絡下さい。状況によっては対応できない場合もございます。

 

上記の到着日指定可能範囲以外の日にお届けを希望される場合は、窓口までご相談下さい。

お問い合わせ先はこちら

 

例:発送予定日が「5月20日」の場合

  • 北海道・九州・沖縄以外(国内)にお届け → 5月21日~26日が指定可能
  • 北海道・九州・沖縄にお届け       → 5月22日~26日が指定可能

※上記例は離島を除きます。

できあがった印刷物を包装資材で包み、全て箱詰めにてお届けしております。

B3サイズ以上の印刷メニュー(ポスター印刷)では、丸めずに広げた状態で包装資材で包み、箱詰めをして納品させていただきます。

 

1箱当たりに入れる印刷商品の数量は以下のページに記載している数量となります。

入数・梱包費目安について

※商品の包装は、当社任意の包装形態・個数となります。

イベント会場への直接納品は、対応できる場合と対応できない場合がございます。

 

まず、展示会のイベント会場への直接納品はできるイベントとできないイベントがあるため、イベント主催者への事前の確認が必要です。

 

また、イベントの種類やイベント会場によっては配送業者(納入業者)の指定や、荷物の搬入時間(納品時間)の制限が存在する場合がありますので、注意が必要です。

配送業者の指定や搬入時間の制限が存在する場合、配送業者との事前の協議が必要なため、トクプレ.の納品スケジュールが変更される場合があります。

 

ブースへのお届けもイベントにより異なりますが、イベントが開場している時間では、来場者への配慮もあって、ブースでの受け取りではなく、搬入口・関係者控え室・事務室などので受け取りのみの対応としているところが多い様です。

事務室の受け取りはイベントスタッフが受け取って、事務室に商品がそのままおかれて状態になっていることも多くあるので、必ずイベント主催者と打ち合わせをお願いいたします。

 

いずれにしても、イベント会場への配送対応は個別対応となりますので、イベント主催者にご確認の上、搬入のための条件を窓口にお伝え下さい。折り返し、スケジュールなどをご連絡いたします。

可能です。ただし東京営業所は対応しておりません。

お客様が吉田印刷所へ来社されて、印刷商品を引き取る「来社引取」に対応しております。

ただし、営業日・営業時間内の対応となります。

また、来社引取を希望される場合、できるだけ早めに、遅くとも出荷予定日の前々日までにご連絡をお願いいたします。出荷予定の変更や、弊社工程の変更を行うためです。連絡なしでご来社なさっても、印刷商品の引き渡しができません。

 

また、原則、出荷予定日の15時以降に今泉工場での引き取りとなっております。

 

例:5日コースで月曜日午前中入稿

曜日
日数

①午前中入稿

⑤出荷予定日
15時以降
来社引取可能

××

9時~18時
来社引取可能

 

ご来店・ご来社引取について

少ない数量でもポスターは広げた状態で発送致します。

弊社では、印刷用紙にクセがつかないように広げた状態での発送が望ましいと考えております。

このため、少ない数量でも紙管に入れて発送することはせず、広げた状態でお届けいたします。

 

紙管でのポスター発送をご希望なさる方は、窓口までお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

 

包装数指定オプションをご利用ください。

トクプレ.では、梱包数の指定(指定梱包)のオプションをお受けしております。指定梱包は、お客様の要望によって商品を包む数量を決めることです。

1区分当たりに掛かる費用は以下のページをご覧下さい。

梱包数指定オプションについて

 

指定がない場合はトクプレ.内で商品を取り分の良い状態で包装させていただきます。この包装に対して、指定することが指定梱包になります。

確認いたしますので、窓口にご相談下さい。

発送先の国・地域・印刷物によって、対応できる場合と対応できない場合がございます。

またお届けまでの日数や送料も、物流手段に応じて変わりますので、窓口へお問い合わせ下さい。

 

※代金引換(代引)はできません。事前の銀行振込・クレジットカード払いでの決済をお願いいたします。

お客様がご用意した送り状による商品の発送は承っておりません。

これは集荷業務で発送元・発送先から送料を計算するため、弊社契約の送料の違いが発生してしまうからです。

代金引換伝票(代引伝票)も同じ扱いになります。

早く発送(出荷)される場合もあります。

案件により早めに発送した方がより確実にお届けできると弊社で判断した場合や、発送作業の状況により早めに発送する場合があります。

このため発送直前に発送先の変更をご指示されても対応できない場合がございます。あらかじめご了承下さい。

 

ただし、到着日はご注文時にお知らせしている発送予定日より後の日になります(全国の主な地域で発送予定日の翌日または翌々日到着)。早く到着することはございません。これは意図しない日に印刷商品をお届けすることで「お客様のご予定がずれてしまう(狂ってしまう)こと」「代金引換(代引)の際のお金の用意ができていなくて結局再配達依頼というお手数」などを起こさないためです。

荷主(発送元の名義)を、ご希望のお名前にすることが可能です。

ただし、代金引換(代引)で納品先にて代金をお支払いいただく場合は、代金引換の仕組み上、荷主は吉田印刷所になりますので、ご希望のお名前で納品することができません。

荷主を変更した場合は、銀行振込・クレジットカード払いをご利用下さい。

銀行振込について

クレジットカード払いについて

 

また納品時に添付される書類(請求書・納品書・明細など)の同梱については、ご指示をいただければ各種対応いたします。

基本的に納品代行(例:荷主がお客様で、発送先がクライアント様)の場合には印刷物以外は何も同梱しません。ご安心下さい。

印刷物だけを入れて発送致しますのでご安心下さい。

納品代行の場合は、梱包は印刷物だけとなります。

トクプレ.(吉田印刷所)のセールスレターや他社の広告、納品書や請求書などの印刷代金がわかる書類などは一切入りませんので、ご安心下さい。

もちろん、梱包で使用する段ボール箱も「トクプレ.」「吉田印刷所」などの文字やロゴが入らない「無地」のものを使用します。

納品代行・代行出荷について

 

※クライアント様へ直送で、クライアント様が代金引換(代引)でお支払いいただくパターンでは納品代行は対応致しかねます。

注文画面のお届け先入力画面で発注主以外の送り先を指定できます。

アドレス帳機能にお届け先をあらかじめ登録しておけば、納品先の指定をする際に選択するだけになりますので簡単です!

最大10件まで送付先をご登録頂けます。

アドレス帳登録・編集

ただし、代金引換を利用して、別の納品先に届けて支払いも納品先で行おうとお考えの場合、荷主をお客様の名前(お申し込み主)にすることができません。

これはお客様の名前では代金引換の契約をヤマト運輸(ヤマトフィナンシャル)と行っていないためです。残念ですが、トクプレ.ではこのようなケースは対応致しかねます。

別の納品先に商品を発送する時に、お客様の名前(お申し込み主)を荷主にするには、事前に銀行振込にてお振込をしていただくか、媒体などの返却をお客様にするときに代金引換でお支払いいただく方法があります。この方法を使うと納品先には吉田印刷所の名前を一切出さずに納品することが可能になります。

お届けの地域によって送料が異なります。下記ページをご覧ください。ご不明な場合はお電話いただければお答えいたします。

配送について

1箱あたりに入る枚数について

納品希望時間帯を選択することができます。

お届け先の項目で、希望時間の選択があります。

以下の時間帯の希望ができます。

  • 午前中
  • 14~16時
  • 16~18時
  • 18~20時
  • 19~21時


また、土曜日・日曜日・祝祭日に受け取りたくない・配達して欲しくない場合は、その指示も以下の様にできますのでご利用下さい。

  • 土曜・日曜受け取り可能
  • 土曜・日曜受け取り不可
  • 土曜のみ受け取り可能
  • 祝日含めて受け取り可能


指定時間はあくまでも希望時間帯になります。

地域、交通事情・配送会社の都合などにより希望に添えない場合があります。

「絶対に午前中に欲しい」といった場合は前日の受け取りになるスケジュールでのご発注をお薦めしております。

配送について

印刷や用紙・加工などからご入稿のデータに関することまで、不安な点・疑問な点があれば、ぜひメールやお電話にてお問い合わせ下さい! 印刷の営業経験豊富なスタッフとデータ入稿 担当のスタッフが、あなたの印刷の不安な点・疑問な点を解消いたします。