無線綴じ 冊子印刷

冊子印刷で綴じが無線綴じ製本の印刷物についてのご案内ページです。

綴じを無線綴じにすることで、印刷物の背に文字を入れることができる様になり、印刷物を書棚にしまう際に印刷物を見分けやすくなります。

無線綴じについて

無線綴じとは、背の部分でページ同士を糊付けした製本になります。

ページの多い冊子・カタログでは、最もスタンダードな製本方式です。

無線綴じ

用語の解説

無線綴じ (DTP・印刷用語集ブログ)

無線綴じのメリット

非常にページ数が多い冊子にも対応できます。

中綴じ製本は多くて96ページ程度までの対応になります。(紙の厚さや種類によります)

無線綴じ

無線綴じの注意点

ページ数が48ページ未満の場合、背の部分に糊が付く量が非常に少なくなってしまうため、ページが取れやすくなってしまいます。

48ページ未満はPUR製本もしくは中綴じ製本をお薦めいたします。

一般的な無線綴じは、ノド側を少し削って糊を付けるので、見開きの絵柄・レイアウトは注意が必要です。

また、完全に開くタイプの製本ではないため、ノド側の文字・絵柄は見えづらくなる場合があります。

無線綴じの冊子印刷のご注文について

無線綴じの冊子印刷は、すべて印刷見積からの対応となります。料金表はございません。

このため、通常のメニュー(料金表)と異なり、様々な仕様の印刷物に対応できます。

  • ページ数が多い
  • 印刷部数が多い
  • 表紙と本文で用紙を変えて印刷したい
  • 表紙に表面加工をしたい

など、ご希望の印刷の仕様をご連絡ください。お見積もり致します。

PUR製本について

無線綴じの一種に「PUR製本」というものがあります。PUR製本は糊を通常の無線綴じから変更し、ページ同士の強い接着力を実現した製本です。

PUR製本の冊子・カタログ印刷は以下のページをご覧ください。

冊子印刷《PUR製本》

メールでのお見積もりはこちらから

お見積もりでは以下の内容をご記入いただくとお見積もりがスムーズに進みます。

以下のテキストをコピーして使うと便利です。