SSL 3.0の脆弱性(POODLE)対策に伴うブラウザー設定の確認・変更のお願いについて(Internet Explorer)

SSL 3.0の脆弱性(POODLE)対策に伴うブラウザー設定の確認・変更のお願いについて(Internet Explorer)

2014年10月14日に公開されたSSL 3.0の脆弱性(通称POODLE)によりセキュリティ上の問題で、SSL 3.0を使用していると、通信の一部が第三者に漏えいする可能性があります。


弊社ではこの問題に対応し、SSL 3.0を使用したアクセスをサーバー側で遮断し、現在はSSL 3.0の脆弱性(POODLE)による情報の漏洩は発生しません。


この問題への対応により、Internet Explorerの「インターネットオプション」の設定によっては弊社ウェブサイトでSSLで暗号化されているページ(アドレスが https:// で始まるアドレス)にアクセスできなくなる可能性があります。

SSLで暗号化されているページへアクセスできない場合、Internet Explorerの以下のインターネットオプションをご確認いただき、設定の変更をお願いいたします。



Internet Explorer 6の場合

  1. 「インターネットオプション」の「詳細設定」のタブを開きます。
  2. 「セキュリティ」の項目で「TLS 1.0を使用する」にチェックを入れてください。(問題がなければセキュリティ対策上、「SSL 2.0を使用する」「SSL 3.0を使用する」のチェックを外すことをお薦めします)
  3. 「OK」をクリックし、「インターネットオプション」のダイアログを閉じます。
  4. Internet Explorerのウインドウを全て閉じて、再度Internet Explorerを開きます(うまくいかない場合はWindowsを再起動してください)。



その他のInternet Explorerの場合(多くは同じです)

画面はInternet Explorer 11です。

  1. 「インターネットオプション」の「詳細設定」のタブを開きます。
  2. 「セキュリティ」の項目で「TLS 1.0を使用する」にチェックを入れてください。(問題がなければセキュリティ対策上、「SSL 3.0を使用する」のチェックを外し、「TLS 1.1の使用」「TLS 1.2の使用」にチェックを入れることをお薦めします)
  3. 「OK」をクリックし、「インターネットオプション」のダイアログを閉じます。
  4. Internet Explorerのウインドウを全て閉じて、再度Internet Explorerを開きます(うまくいかない場合はWindowsを再起動してください)。

関連情報・参考資料

このページをシェア

カテゴリ

その他

  • 情報は掲載当時または修正当時のものであり、最新の情報・内容とは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。