疑問から生まれた印刷加工技術を製品にしたオリジナルブランド『そ・か・な』を立ち上げ

2014年7月31日

株式会社 吉田印刷所

疑問から生まれた印刷加工技術を製品にした

オリジナルブランド『そ・か・な』を立ち上げ


株式会社吉田印刷所(本社:新潟県五泉市、代表取締役社長:吉田和久)は、印刷紙工品を主力商品とするオリジナルブランド『そ・か・な』を2014年8月1日に立ち上げます。


今回立ち上げたブランド『そ・か・な』は、吉田印刷所の印刷加工に対する様々なチャレンジから培われた難度の高い印刷技術を基に、アートや雑貨、紙モノ好きをターゲットとした商品開発を行い、今までありそうでなかった印刷加工品を提供します。ブランド名の『そ・か・な』は、今までの常識や決まり事に対して「そうかな?」と疑問を持って取り組む姿勢を表現しています。現状に満足することなく、常に改善・改良、技術開発を重ね、進化を続ける当社の社風に由来しています。


『そ・か・な』第一弾商品として、薄紙印刷技術を用いて印刷されたグラシンペーパー(30.5g/m2)封筒を発売します。淡く透けるグラシンペーパーに英字新聞柄や水玉、和風な趣のグラデーションなど女性好みの繊細なプリントを施しました。ポストカードがぴったり収まるサイズの洋封筒で、ご友人に写真を渡す際や、大切な日に贈るプレゼント包装に最適なグッズです。

サイズ展開は全4サイズを予定しており、集めた切手やカードを入れても楽しいミニチュア封筒などが順次発売されます。商品はグラシンペーパーグッズ専門の直営オンラインショップ『GLASSINE KOBO(グラシン工房)』で販売します。


  • 色展開:全6色
  • 絵柄:英字新聞柄・水玉・和風グラデーション
  • 価格:単色5枚セット 480円(税込519円)・6色セット 560円(税込605円)


将来的には『そ・か・な』での一般消費者向け販売を通じて商品開発力を強化し、ノベルティ商品やインテリアグッズ、文具など他分野へのアプローチを視野に入れ、印刷需要の更なる市場開拓を目指しています。


●直営オンラインショップURL: https://www.ddc.co.jp/store/


以上


【吉田印刷所について】

吉田印刷所は乾燥促進技術を高めることで高品質オフセット印刷を提供しており、2012年6月より取り組み始めた薄紙印刷は、現在主要な薄紙「グラシンペーパー」「カラペ」「薄葉紙 菊(きく)」などへのオフセット枚葉印刷機による商用印刷に成功しています。


■お問い合わせ担当:株式会社吉田印刷所 CSS部 笹川 ( info@ddc.co.jp )

〒959-1835 新潟県五泉市今泉902-1  TEL.050-3733-1975


写真

グラシン工房イメージグラシン工房イメージグラシン工房イメージ