【コラム】中綴じと無線綴じの違いは? メリット・デメリットを比較してみました/いろいろな綴じについて

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
吉田印刷所

吉田印刷所メールマガジン

2019/11/18 号

カタログ印刷について


吉田印刷所ではカタログ印刷において、期間を分けて印刷するフレッシュプリントを通じて、お客様の利益の元となる印刷物を提供しています。
 

カタログブログ

カタログの制作・運用・管理に役立つ情報をお届けするブログの更新情報をお届けします。
中綴じと無線綴じの違いは? メリット・デメリットを比較してみました

中綴じ無線綴じの違いは?
メリット・デメリットを比較してみました


カタログ印刷冊子印刷では、ポスターチラシと違って「綴じ」という製本加工でページ同士をまとめています。この綴じの加工は色々あり、よく使われるものだけでも以下のものがあります。 PUR製本無線綴じの一種ですが、PURと指定される場合が多いので分けました


このほかにもさまざまな特徴を持った綴じがあります。

綴じの製本加工は、ページをまとめるという機能は同じですが、その手法によって、コストや納期が変わってきたり、仕上がりなども変わってきたりするので、印刷物の目的に合っている綴じ加工を選択する必要があります。

そうは言っても、このさまざまな綴じの特徴を理解して、印刷物に合った適切な綴じを選択するというのも、難しいと感じられるかもしれません。

今回は、さまざまな綴じの中でもカタログ印刷冊子印刷で最もよく使われ、よく目にすることの多い「中綴じ」と「無線綴じ」について、違いやメリット・デメリットを解説します。

まずはこの2つを理解することで、綴じ加工を理解するきっかけにしてみてください。
中綴じと無線綴じの違いについて読む

綴じに関する用語解説

綴じに関しての用語解説は以下のページをご覧ください。
色々な綴じ方がありますね。
綴じそれぞれに目的がきちんとあるので、目的に応じた綴じを選択するようにしましょう。
カタログの製本でお悩みの際は、ぜひ吉田印刷所までご相談ください!
印刷物の相談をしてみる

フレッシュプリントとは

フレッシュプリント
フレッシュプリントは、必要な時に、必要分だけカタログを作る印刷方式です。

その都度作成するのではなく、1つの注文を、使用する時期毎に分けて作ることで、印刷リスクを大幅に回避することができる仕組みです。

それだけではなくコスト面・単価抑制をはじめ、在庫管理からお支払条件までも、総合的にカバーできる仕組みになっています。
 
フレッシュプリントについて詳しく知る
吉田印刷所のサービスはこちら
フレッシュプリント・カタログ印刷 薄紙印刷/スーパーライトプリント 相談できる印刷通販トクプレ. お薬袋・おくすり手帳
神社・仏閣 授与品袋・お守り入れ袋 ペーパーアイテム販売 そ・か・な×グラシン工房 DTPサポート情報 DTP・印刷用語集
Copyright © 2019 〈吉田印刷所〉, All rights reserved.
吉田印刷所

このページをシェア

カテゴリ

フレッシュプリント メールマガジン全文

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。

こんな記事も読まれています