小ロットのカタログ印刷に適した印刷方式とは?/ハイブリッド印刷で少部数から大部数までカタログ印刷の対応が可能に

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
株式会社吉田印刷所

吉田印刷所メールマガジン

2019/02/27 号

カタログ印刷について


吉田印刷所ではカタログ印刷において、期間を分けて印刷するフレッシュプリントを通じて、お客様の利益の元となる印刷物を提供しています。
 

カタログブログ

カタログの制作・運用・管理に役立つ情報をお届けするブログの更新情報をお届けします。
小ロットのカタログ印刷に適した印刷方式とは?

小ロットのカタログ印刷に適した印刷方式とは?


みなさん、最近印刷の種類で「オンデマンド印刷」や「POD(プリントオンデマンド)」という名称を見かけることが多くなってきていませんか?

今回は、そのオンデマンド印刷について、カタログ印刷を例にしながら紹介していきます。

 

オンデマンド印刷はダイレクトに紙へ印刷する方式


オンデマンド印刷は、いわゆるデジタル印刷といわれる印刷手法なのですが、以前からある印刷方法とは異なり、印刷用の「版」を使用しない印刷方法です。

従来はコンピュータで作ったデータを印刷用の「版」に出力し、「版」を使用してインキを紙に転写する方法が用いられていましたが、オンデマンド印刷はコンピュータで作ったデータを「直接」紙などに出力する印刷方式で、小ロット印刷の分野では、低コスト、短納期を実現できる印刷方法です。

みなさんがオフィスやご家庭でプリンターを使用して印刷するのと、非常に近い印刷方法です。

もちろん、我々印刷会社が使用するマシンは、プロ用の印刷機なので、オフィスやご家庭でお持ちのプリンターとは印刷スピードや印刷できるサイズなどのスペックが異なります。

オンデマンド印刷のメリットとデメリットについては、以下のボタンをクリックしてお読みください。
 
小ロットのカタログ印刷に適した印刷方式とは?を読む

【過去記事】
オンデマンド印刷機とオフセット印刷機の
ハイブリッド印刷について


吉田印刷所では、リコー社のオンデマンド印刷機(POD)のRICHO Proを導入しています。

Heidelberg社のワークフローRIPのPrienct(プリネクト)を利用することでオンデマンド印刷機(POD)のRICHO Proとオフセット印刷機をリンクしたハイブリッド印刷が可能になり、カラーマネージメントも一元化されました。

このハイブリッド印刷の仕組みにより、極小ロットから大ロットへの途切れのない対応やスピーディーな納品が可能になり、カタログ印刷において、以下のようなお客様のご要望に対応することができるようになりました。
RICOH Pro 導入事例 株式会社吉田印刷所
RICOH Pro 導入事例 株式会社吉田印刷所
詳しくは以下のボタンをクリックしてご覧ください。
インタビュー動画を見る

フレッシュプリントとは

フレッシュプリントは、必要な時に、必要分だけカタログを作る印刷方式です。その都度作成するのではなく、1つの注文を、使用する時期毎に分けて作ることで、印刷リスクを大幅に回避することができる仕組みです。

それだけではなくコスト面・単価抑制をはじめ、在庫管理からお支払条件までも、総合的にカバーできる仕組みになっています。
 
フレッシュプリントについて詳しく知る
吉田印刷所のサービスはこちら
フレッシュプリント・カタログ印刷 薄紙印刷/スーパーライトプリント 相談できる印刷通販トクプレ. お薬袋・おくすり手帳
神社・仏閣 授与品袋・お守り入れ袋 ペーパーアイテム販売 そ・か・な×グラシン工房 DTPサポート情報 DTP・印刷用語集
Copyright © 2019 〈株式会社吉田印刷所〉, All rights reserved.
株式会社吉田印刷所

このページをシェア

カテゴリ

フレッシュプリント メールマガジン全文

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。

こんな記事も読まれています