みなさん、最近印刷の種類で「オンデマンド印刷」や「POD(プリントオンデマンド)」という名称を見かけることが多くなってきていませんか?

今回は、そのオンデマンド印刷について、カタログ印刷を例にしながら紹介していきます。


オンデマンド印刷はダイレクトに紙へ印刷する方式

画像:リコーのオンデマンドプリンター
リコーのオンデマンドプリンター

オンデマンド印刷は、いわゆるデジタル印刷といわれる印刷手法なのですが、以前からある印刷方法とは異なり、印刷用の「版」を使用しない印刷方法です。

従来はコンピュータで作ったデータを印刷用の「版」に出力し、「版」を使用してインキを紙に転写する方法が用いられていましたが、オンデマンド印刷はコンピュータで作ったデータを「直接」紙などに出力する印刷方式で、小ロット印刷の分野では、低コスト、短納期を実現できる印刷方法です。

みなさんがオフィスやご家庭でプリンターを使用して印刷するのと、非常に近い印刷方法です。

もちろん、我々印刷会社が使用するマシンは、プロ用の印刷機なので、オフィスやご家庭でお持ちのプリンターとは印刷スピードや印刷できるサイズなどのスペックが異なります。


オンデマンド印刷のメリット・デメリット

さて、カタログ印刷などでは、効果的な印刷物の活用のために、配布先を細かく分けていくセグメント化が進んでおり“小ロット・多品種”の需要が増加しています。

24時間あらゆる情報に接する生活者は、企業から毎日のように大量に届くマス的な情報に対して反応しにくくなっているということが指摘されている。そこで、受け取った情報をきちんと理解してもらい、行動を促すには生活者に「自分ごと」と感じられる情報を提供することが重要になる。したがって企業は売り上げを上げる、新規顧客獲得、顧客満足度向上、ブランディングのためにパーソナライゼーションを活用し始めている。

印刷の可能性を拡げるクロスチャネル対応とパーソナライズ(JAGAT)

例えば、一般顧客とプレミアム顧客(上客)で内容が一部異なったカタログを作成する取り組みや、エリア別に内容や価格が異なったカタログを作成するという取り組みをされている企業もあります。こういった“小ロット・多品種”の需要増加に伴い、オンデマンド印刷でのカタログ製作が多くなってきています。


オンデマンド印刷で作るメリットとしては以下のような要望を満たせるので、従来の一括大量印刷では対応できなかった“小回りが利く印刷方法”としても注目されています。

  • バリアブル印刷で豊富なバリエーションの印刷物が用意したい
  • サンプル用に数部だけ欲しい
  • 新商品の発売前に、営業への商品説明プレゼン用に数十部だけ印刷したい


そんなオンデマンド印刷ですが、もちろん良いことばかりではありません。

オフセット印刷と比べると、以下のようなデメリットもあり、すべてが優れている印刷方法というわけではありません。

  • 対応している用紙の種類が少ない
  • 大量印刷にしても1部あたりの印刷コストが安くならない
  • 使用できない特色がある(例えば、金・銀・ホワイト・蛍光色など)
  • 印刷サイズが限定される
  • 印刷品質の違い(発色・均一な印刷色の部分・精細さなど)
  • 印刷スピードが遅い

印刷方式は使い分けが重要

画像:選択するイメージ
選択のイメージ

いずれにしても、お客様のご要望によってオフセット印刷とオンデマンド印刷を適切に使い分けることが大事です。

ただ単純に500部以下はオンデマンド印刷で、500部以上はオフセット印刷というものではありません。


用途や仕様により、オフセット印刷とオンデマンド印刷を効果的に使い分け、無駄の無い効率的な印刷物の調達をご提案、ご案内すべきでしょう。

吉田印刷所では、ご要望の品質や納期とともに、ページ数や後加工などの印刷物の仕様と合わせて、最適な印刷方式を選択いたします。


いかがでしたか。最近よく聞くオンデマンド印刷についてご理解いただけましたでしょうか。


コストを抑えながら掲載情報のブラッシュアップが可能なフレッシュプリントでは、オフセット印刷と今回ご紹介したオンデマンド印刷をバランス良く利用し、ムダなく、より効率的な印刷物の運用ができるようお客様をサポートしています。

まずは資料請求から

フレッシュプリントの企画資料をお送りいたします