QuarkXPressのドキュメントにフォントを使用していないのにPDF変換時・PDF変換後にフォントのエラーが発生する

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

このページではQuarkXPressAcrobat Distillerを使用してPDFを作成する際のフォントに関する注意事項を掲載しています。


問題の状況

フォントを使用していない(もしくはフォントがすべてアウトライン化)のQuarkXPressドキュメントからPSプリンタドライバ(Adobe

PS・LaserWriterなど)でPostScriptファイルを作成し、Acrobat DistillerPDFに変換しようとすると「フォントが埋め込めません」という主旨のエラーが発生する。

もしくは、PDFプリフライトすると「フォントが埋め込まれていない」という主旨のエラーが表示される。


原因

下の画像のようにQuarkXPressからPSプリンタドライバで書き出す際にドキュメント情報が左上に書き込まれるためです。

トンボなしで出力した場合は別)


解決方法

以下の方法のいずれかにより解決する場合があります。

  • a.細明朝体をフォントフォルダからアンインストールする(外す)。
  • b.Acrobat DistillerがインストールされているマシンにモリサワNewCIDフォント(A-CID リュウミン L-KL)をインストールします。

a.細明朝体をフォントフォルダからアンインストールする(外す)

細明朝体フォント細明朝体がフォントフォルダに入っていると、結果としてQuarkXPressPostScriptファイルにはドキュメント情報の部分の「Ryumin-Light」のフォント情報が入ってしまいます。

このフォントはモリサワNewCIDフォント(A-CID リュウミン L-KL)がインストールされていないと、Acrobat Distillerでは埋め込むことはできません。

この現象を回避するためには、フォントフォルダから細明朝体をアンインストールする(外す)ことで、ドキュメント情報の部分のフォントがOsakaに変更されます。OsakaはAcrobat Distillerで埋め込むことができますので、Acrobat DistillerPDFへ変換することができます。(Acrobat Distiller4.0はAcrobat4.0のTouch UP機能で埋め込んでください)


b.Acrobat DistillerがインストールされているマシンにモリサワNewCIDフォント(A-CID リュウミン L-KL)をインストールします。

モリサワNewCID(A-CIDリュウミン L-KL)をインストールすることでドキュメント情報の部分で使用されているフォントを埋め込むことができます。