スクリーンショットの作成方法
(Windows)

スクリーンショット作成の手順

ファイルを開く

入稿用(印刷用)の最終データを作成されたアプリケーションで開いてください。

ページ全体を表示にし、隠れている部分がないようにできるだけ大きく表示してください。

良い例○
スクリーンショットの作成(1)
悪い例×
スクリーンショットの作成(2)

スクリーンショットを撮る

全体が表示されたらスクリーンショットを撮ります。

「PrintScreen」キーがキーボードの右上あたりにあります。
そのボタンを押すと画面上では何も変化は見えませんが、クリップボード(メモリ)に保存されます。

スクリーンショットの作成(PrintScreen)

PrintScreen専用のキーがない場合

ノートパソコンなど、PrintScreen専用のキーがない場合は、大体のノートパソコンのキーボードの左下の方に「Fn」キーというものがあるので、それを押しながら「Prt Sc」などと書いてあるキーを押してください。

多くのパソコンメーカーではFnキーと同じ色で文字が書かれています。

以下の画像の場合、Fnキーのカラーが水色ですが、それを押しながら「Insert」のキーを押すと「Prt Sc」の機能になります、という意味です。スクリーンショットをを撮るために、「Fn」キーを押しながら「Insert」キーを押してください。

PrintScreenのキー(ノートパソコン編)(1)
PrintScreenのキー(ノートパソコン編)(2)

スクリーンショットの保存

「スタートボタン(Windowsボタン)」→「アクセサリ」→「ペイント」と選択し、ペイントを起動します。

スクリーンショットの作成(ペイント起動)

メニューから「編集」→「貼り付け」を選択すると、先程の画面全体の情報が貼り付けられます。

スクリーンショットの作成(貼り付け)

メニューから「ファイル」→「名前を付けて保存」を選択します。

スクリーンショットの作成(保存)

「見本表」「見本裏」などのファイル名を付け、ファイルの種類をJPEG形式にして保存してください。

スクリーンショットの作成(保存-2)

印刷用データを送信する際は…

印刷用の入稿データを送信する際は、作成したスクリーンショットの見本データも一緒にのフォルダに入れ、圧縮してお送りください。

スクリーンショットの作成(送信時)