Illustrator・Photoshopなどデザイン用ソフトで使用されているバージョンの調査結果を公開(2014年9月調査)

2014年10月9日

株式会社 吉田印刷所

Illustrator・Photoshopなどデザイン用ソフトで
使用されているバージョンの調査結果を公開
(2014年9月調査)

Creative Cloud利用者は回答者の40%超えに

既にCreative Cloudを使っているユーザーは新しいバージョンへの抵抗が少ない


株式会社吉田印刷所(新潟県五泉市・代表取締役社長 吉田和久)は、印刷業界・デザイナー向けに行った「使用しているAdobeソフトのバージョン」のアンケートの結果を公開した。


今回の調査結果から、Creative Cloudの利用割合が40%を超え、普及期に入ってきたといえる。メインで使用しているバージョンの調査ではCreative Cloudの2014年リリース版が比較的多く利用されていることがわかり、Creative Cloudユーザーは新しいバージョンへの移行意識が高いことが伺えた。

ただ、特にIllustratorは複数バージョンを併用しながら作業している状況は依然と変わっておらず、データの受け渡しのフローで様々なバージョンの制限があると考えられる。




アンケート概要

株式会社吉田印刷所では自社サイトにて印刷業界・デザイナー向けに「DTP・デザインで使用するAdobeソフトのバージョンアンケート」アンケートを2014年9月に行った。

アンケートの目的は、ユーザー実際に使用されているソフトのバージョンを調査することで、印刷データをやり取りする際の参考資料として活用するため。


アンケート期間 2014年9月1日~2014年9月24日
アンケート対象 DTP・デザイン・印刷関係のAdobeソフトユーザー
アンケート方法 以下のページに設置したアンケートによる回答(無記名回答・記入回答あり)

   http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20140901/090000.html

アンケート内容 Adobe Illustrator・Photoshop・InDesign・Acrobatのソフトのメインで使用しているバージョン・他にも使用しているバージョンがあればそのバージョン・Adobe Creative Cloudの使用状況・CC導入の理由・CC未導入の理由・CCを使って驚いたこと(自由回答)・欲しい機能(自由回答)・Adobeへのメッセージ(自由回答)
アンケート回答者数 360名

アンケート結果

アンケートの結果は以下の通り。(5位より下位は省略/右側の丸括弧内は2014年3月に行ったアンケートとの比較)

Illustratorについて

●メインで使用するバージョン

メインで使用するIllustratorのバージョン

  • [1位]23.1% Illustrator CS5/5.1              (- 1.4ポイント)
  • [2位]21.9% Illustrator CS6(パッケージ または ライセンス)(前回データなし)
  • [3位]18.6% Illustrator CC(2014)             (前回データなし)
  • [4位]11.1% Illustrator CS4                (- 4.9ポイント)
  • [5位] 7.8% Illustrator CS3                (- 0.4ポイント)

※参考:Illustrator CS6の提供形式(パッケージ・ライセンス・CC付属)全てを合計すると26.6%


●使用バージョンについて

Illustratorは複数のバージョンを併用していますか?

  • ひとつのバージョンのみ使用:28.3%
  • 複数のバージョンを併用  :71.7%

●複数のバージョンを併用している場合のバージョンについて

複数のバージョンを併用している場合のIllustratorのバージョン

  • [1位]Illustrator CS6(パッケージ または ライセンス)
  • [2位]Illustrator CS3
  • [3位]Illustrator CS5/5.1
  • [4位]Illustrator CS4
  • [5位]Illustrator CC


Illustratorメインで使用するバージョンは、Illustrator CS5/5.1がトップとなったが、提供の形式が複数あるIllustrator CS6を全て合計すると、前回と同じくIllustrator CS6がトップとなった。前々回の結果で「パッケージ版はIllustrator CS6が最終バージョンのため、Illustrator CS6がある種のスタンダードになる可能性がある」と書いたが、調査項目を今回変更したことで、パッケージ版とライセンス版の永続ライセンスは21.9%と非常に多くのユーザーが使っていることが判明した。

Illustrator CS5/5.1とIllustrator CS6は大きな差はないが、注目すべき点はIllustrator CC(2014)というCCの最新版が18.6%とIllustrator CC(無印)ユーザーよりも多いことだ。Illustrator CC(無印)とIllustrator CC(2014)は別のアプリケーションとして存在しているが、より新しいバージョンを積極的に使うユーザーが多くなってきていることを意味している。


複数のバージョンを併用している場合のバージョンを見てみると、Illustrator CS6が前回同様トップとなっている。5位までの順位も前回と全く変わらない。

まだ複数のバージョンを併用している割合は70%を超えており、複数のバージョンを使い分けないとデータのやり取りが難しい状態が伺える。



Photoshopについて

●メインで使用するバージョン

メインで使用するIllustratorのバージョン

  • [1位]21.9% Photoshop CC(2014)             (前回データなし)
  • [1位]21.9% Photoshop CS6(パッケージ または ライセンス)(前回データなし)
  • [3位]20.3% Photoshop CS5/5.1              (- 0.6ポイント)
  • [4位]11.9% Photoshop CS4                (- 1.0ポイント)
  • [5位] 6.9% Photoshop CS3                (- 3.1ポイント)

※参考:Photoshop CS6の提供形式(パッケージ・ライセンス・CC付属)全てを合計すると26.1%


●使用バージョンについて

Photoshopは複数のバージョンを併用していますか?

  • ひとつのバージョンのみ使用:43.3%
  • 複数のバージョンを併用  :56.7%

●複数のバージョンを併用している場合のバージョンについて

複数のバージョンを併用している場合のPhotoshopのバージョン

  • [1位]Photoshop CS6(パッケージ または ライセンス)
  • [2位]Photoshop CS3
  • [3位]Photoshop CS5/5.1
  • [4位]Photoshop CC
  • [5位]Photoshop CS4

Photoshopユーザーは過去の調査から最新のバージョンを利用する傾向にあるが、今回はその傾向が強く表れた結果となった。

前回の調査結果では「Photoshop CCが次回トップに」と予測したが、Photoshop CC(2014)という新しいバージョンがリリースされ、そちらへの移行が一気に進んだ。

Photoshopはデータの互換性がAdobeの他のソフトウェアより高いと言われており、新しいバージョンで作業を行っても問題が発生しづらいため、このように最新版への移行が進んでいるのだと考えられる。



InDesignについて

●メインで使用するバージョン

メインで使用するIllustratorのバージョン

  • [1位]23.6% 使っていない                (+ 3.0ポイント)
  • [2位]18.9% InDesign CS6(パッケージ または ライセンス)(前回データなし)
  • [3位]11.4% InDesign CS5                (+ 1.6ポイント)
  • [4位]11.1% InDesign CC(2014)             (前回データなし)
  • [5位]10.6% InDesign CS5.5               (- 2.3ポイント)

※参考:InDesign CS6の提供形式(パッケージ・ライセンス・CC付属)全てを合計すると23.3%


●使用バージョンについて

InDesignは複数のバージョンを併用していますか?

  • ひとつのバージョンのみ使用:49.4%
  • 複数のバージョンを併用  :50.6%

●複数のバージョンを併用している場合のバージョンについて

複数のバージョンを併用している場合のInDesignのバージョン

  • [1位]InDesign CS6(パッケージ または ライセンス)
  • [2位]InDesign CS3
  • [3位]InDesign CS4
  • [4位]InDesign CS5
  • [5位]InDesign CS5.5

InDesignのメインで使用するバージョンとしては今回もInDesign CS6がトップとなった。それもInDesign CS6だけが頭ひとつ抜けて多い結果が出ているが、これはAdobeの他のソフトウェアにはない結果だ。

InDesignが大量ページのドキュメントを作成するためのソフトウェアなので、バージョン間のデータの開き方が異なった場合の影響が大きい。InDesign CS6はある意味、これ以上バージョンアップされないものなので、ある日突然組版結果やデザイン状態が変わることはない。不具合などを認識した上で、組版結果・デザイン状態を安定させるためにInDesign CS6を使用しているのかもしれない。

結果を見てみるとInDesign CCをメインで使用する割合は前回より減少し、InDesign CC(2014)がある程度の割合を占めている。これはInDesign CCユーザーがInDesign CC(2014)へ順調に移行できていることを表しているといえるのではないか。



Acrobatについて

●メインで使用するバージョン

メインで使用するIllustratorのバージョン

  • [1位]32.5% Acrobat X  (- 3.1ポイント)
  • [2位]30.8% Acrobat XI (+ 4.8ポイント)
  • [3位]18.3% Acrobat 9  (- 0.8ポイント)
  • [4位]11.7% 使っていない(- 0.4ポイント)
  • [5位] 5.6% Acrobat 8  (+ 1.5ポイント)

●使用バージョンについて

Acrobatは複数のバージョンを併用していますか?

  • ひとつのバージョンのみ使用:71.1%
  • 複数のバージョンを併用  :28.9%

●複数のバージョンを併用している場合のバージョンについて

複数のバージョンを併用している場合のAcrobatのバージョン

  • [1位]Acrobat X
  • [2位]Acrobat 9
  • [3位]Acrobat XI
  • [4位]Acrobat 8
  • [5位]Acrobat 7
  • [5位]Acrobat 5

Acrobatは前回の調査から新しいバージョンが出ていないので大きな変化は見られなかった。

Acrobat XとAcrobat XIという新しいバージョンを利用する場合が非常に多い。Acrobatに関しては新しいバージョンがユーザーに受け入れられていることが伺える。



Creative Cloudについて

●導入状況について

Creative Cloudの導入状況について

  • 既に使っています:40.3% (+ 2.7ポイント)
  • 導入予定あり  : 5.0% (+ 0.4ポイント)
  • しばらく様子見 :30.0% (- 6.6ポイント)
  • 使う予定はない :24.7% (+ 3.6ポイント)

既にCreative Cloudを使っているユーザーが40%を超えた。前回の調査からは微増ではあるが着実にユーザーが増えていることがわかる。

しばらく様子見と回答した割合が減って、使っている・使う予定はないと回答した割合がそれぞれ増えたということは、周りの状況を見ながらCreative Cloudの必要性を見極めているのではないだろうか。



●Creative Cloudを導入した理由について

Creative Cloudを導入した理由について

  • 常に最新環境が使えること            :51.0%
  • 導入の価格が安いこと              :10.3%
  • Creative Cloudで使えるソフトに魅力を感じて   : 5.5%
  • 製品の仕様にメリットを感じて          : 9.0%
  • テスト的に少数導入               : 6.9%
  • キャンペーン価格に魅力を感じて         : 5.5%
  • その他                     :11.7%

●Creative Cloudを導入していない理由について

Creative Cloudを導入していない理由について

  • OSやハードなど、Creative Cloudを導入できない環境:13.5%
  • 将来的な過去バージョンの取り扱いが不透明    : 5.6%
  • 全てのアプリケーションを必要としていない    :13.5%
  • トータルするとコストが高く感じる        :23.7%
  • パッケージ版の方がいい(ライセンス契約含む)  :14.9%
  • サブスクリプション(年間・月間払い)に抵抗がある:20.0%
  • その他                     : 8.8%


関連情報

前回の使用ソフトのアンケート調査結果(2014年3月調査)



株式会社吉田印刷所について

株式会社吉田印刷所は、1920年創業の様々な印刷サービスを提供する印刷会社です。

新潟県五泉市という地域に根付いた印刷会社ですが、ネットで印刷を全国から受注する取り組みも2000年より業界に先駆けて行っており、近年は極薄紙(薄葉紙)のカラー印刷などにも取り組み、市場の開拓を進めています。

http://www.ddc.co.jp/service/ultra-thin-print.html


■お問い合わせ担当者:株式会社吉田印刷所 営業部 笹川( info@ddc.co.jp )

〒959-1835 新潟県五泉市今泉902-1  TEL.050-3733-1975

http://www.ddc.co.jp/