『チャンスは厄介の中に潜在する』(3)価値に含まれる利益

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

複数回に分けて弊社が発行している書籍『チャンスは厄介の中に潜在する 私たちは価値の実をお客様と共に収穫する会社です。』の内容をメールマガジンでお届けしております。

経営者・営業担当向けの内容になっております。

この書籍は一般非売品です。


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

本書は、五泉信用組合若手経営者の会主催により2012年2月8日に開催された、株式会社吉田印刷所社長吉田和久の講演「非常識な経営理念」を書籍化したものです。

当日は若手を中心とした次世代を担う経営者が多く来場し、講演に熱心に聴き入る姿が見られました。

尚、書籍化にあたり、発言の流れや言葉の入れ替えなどの修正を行っておりますので、予めご了承ください。

- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

《前回: https://www.ddc.co.jp/mail/archives/20120913/110300.html


●価値に含まれる利益


さて、ここで皆さんにお渡しした、私の名刺をご覧ください。

https://www.ddc.co.jp/mail/images/20120920-meishi-01.png

https://www.ddc.co.jp/mail/images/20120920-meishi-02.png

これが本日の非常識な講演資料です。

そこに『私たちは価値の実をお客様と共に収穫する会社です』と書かれています。

この名刺をお渡ししますと、「この価値の実とはいったい何ですか」と質問されることがあります。


皆さんは「価値の実」に何を連想されるでしょうか。

当社の考える価値の実とは、紛れもなく利益を表しています。

お客様にこの価値に含まれる利益をどのように受け止めていただけるかが、とても重要だと考えています。


利益には「りやく」という別読みがあります。

この読みに接頭語を付けると「ごりやく」となります。

この名刺に書かれた文章には、お客様と共に、利益(りやく)に通じる価値ある仕事をさせていただき、その結果生まれる利益を共に収穫する会社でありたいと願っていることを表しています。


また、「お客様と共に」のお客様とは、単純に発注者を指すのではありません。

これまでは発注者であるお客様と、それを受注する当社という二者の関わりのみの認識でしたが、実はそうではないと感じています。

当社の考えるお客様とは、発注する側だけでなく、それを利用される側も含めてのお客様だと思っています。

つまり、発注者、受注者、利用者によって作られるトライアングルの中で発生する情報をきちんと整理し、無駄なく活用して流通させることが、三方が利益を与る価値ある仕組みを作ることに繋がると考えています。

これを実現するために、実際に印刷物を利用されるお客様のところに伺い、何か問題はありませんか。

使い勝手に関するご意見は...といった調査を兼ねた取材を行っています。

印刷物を発注する企業に対しては、利用者の不便情報の開示と、その解決へ向けた新価値提案を行っています。

最近ではこのような提案に興味や関心を寄せていただける企業が増えてきました。


この新価値提案の一つである「フレッシュプリント」を最初にご理解くださったお客様に、医療関連企業で国内のほとんどの病院に導入されているベッドメーカーさんがいらっしゃいます。

当社が提案している無駄を出さない、作らないという考えに高い評価をいただいたことがきっかけです。


以前は、多く作ると1部あたりの単価が下がるとの考えで、1年分をまとめて作られていました。

しかし、その単価が本当に提示されている単価で収まっているのか検証してみることを提案致しました。


例えば、1部単価100円で買った印刷物があったとします。しかし作った量の1割から2割を、掲載情報の陳腐化によって一度も使うことなく廃棄したとします。すると100円の単価が110円、120円となり買い求めた単価と実際の単価に差が生じてしまいます。

この事実を認識し是正していただかないと、本当にお得な買い物をされたことにはなりません。

そこで当社のフレッシュプリントがお役に立っているのです。


このフレッシュプリントについてはまた後程ご説明申し上げます。

(次回に続く)

※メールマガジンでの紹介にあたり、漢数字をアラビア数字に部分的に変更しています。

- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*


吉田印刷所のその他の書籍は以下のページで紹介しております。

http://www.ddc.co.jp/company/book.html

カテゴリ

書籍・雑誌紹介 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています