“身ぐわえ” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
目次 [ 隠す ]
Loading...

表記・読み

  • 身ぐわえ…みぐわえ

解説

身ぐわえとは、印刷するそれ自身を印刷機のくわえ爪でくわえる状態のことや、印刷物の仕上がり範囲に重なるようにくわえ爪でくわえる位置がある状態のことを意味します。

または、その状態で(印刷などの)作業をすることを意味します。


くわえ」については以下のページをご覧ください

くわえ・くわえ尻 の意味・解説|印刷|印刷工程|DTP・印刷用語集


既に製袋された封筒を印刷機に通して宛名面などのデザインを印刷する場合や、既に仕上がりサイズになっている印刷物に印刷機で追い刷り(刷り込み)を行う場合も、「身ぐわえで印刷する」という用語の使い方をされる場合もあります。

(ここでの印刷機は、オフセット印刷機を意味します)


身ぐわえは、くわえ側にカラー・文字・写真などが入っていないデザインを印刷用紙に可能な限り大きく印刷したい場合や、可能な限り多く面付けをしたい場合に使われる方法です。

くわえの位置は印刷ができないので、その部分は白(印刷なし)になっている必要があります。


身ぐわえで印刷する場合の注意点

身ぐわえで印刷する場合は、紙を最大限に利用できるというメリットもありますが、以下の注意点があります。

  • 面付け内容によりますが、トンボなどの印刷管理マークなどが印刷できないこともあるので、印刷物の品質管理や断裁では注意が必要です。
  • 面付け内容によりますが、くわえのギリギリまで文字や絵柄があると、色や印刷精度などの印刷結果が不安定になる場合があります。

このページをシェア

カテゴリ

デザイン・編集・製版工程 印刷 印刷工程 面付け

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。

こんな記事も読まれています