“TIFF/IT(画像形式)” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

読み

  • TIFF/IT...てぃふ いっと/てぃふ あいてぃー

解説

TIFF/ITとは、Tagged Image File Format for Image Technologyの略で、印刷用データの相互交換用(=入稿用)に規定されたファイル形式です。

ISO 12369で規定されています。(ISO 12639:2004)


TIFF/ITは出力メディアに依存しない様に規定されており、ファイル形式としてはTIFF形式を採用しています。

TIFFのリビジョンは6.0をベースとしています。

このデータは全ての情報がラスタライズ(画像化)されており、最終的なページデータのイメージを含みます。


TIFF/ITはP1とP2のプロファイルに分かれており、使用できるカラーが異なります。TIFF/ITのCMYKカラーを基本としていますが、拡張されたLW(color line art data)のパレット(65,535色)と32色の特色も使用できるようになっています。他のカラースペースやICCプロファイルも使用できます。ただし、TIFF/ITのP1プロファイルでは、使用できるカラーがCMYKカラーだけに制限されています。


TIFF/ITは雑誌などの広告部分のデータなどで多く使用されてきましたが、次第にPDF/Xのデータに置き換わっていきました。

TIFF/ITは全てがラスタライズされたデータなので非常に大きなデータとなります。ラスターデータとベクターデータを併用使用できるPDF/XのデータはファイルサイズがTIFF/ITより小さく、積極的にTIFF/ITを採用するメリットがなくなったためです。



東京都印刷工業組合のページではTIFF/ITについて以下の様に記載されています。

最近は1bitTIFFデータでのやりとりがワークフローで確立されたため、あまり使用されなくなりました。
分かったつもりの印刷用語

網点を表したTIFFである1bit TIFFが、TIFF/ITの代替になったとされています。

関連情報・参考資料

  • TIFF/IT for Image Technology(アメリカアメリカ議会図書館)
  • TIFF/ITの読み方:『DTPエキスパート試験 スーパーカリキュラム[第7版対応]』(野尻研一著/毎日コミュニケーションズ発行)P153
  • 分かったつもりの印刷用語(東京都印刷工業組合)