“右綴じ・右開き” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

解説

右綴じ右開きとは、本を読み進める際にページを右に開いていく形式のものを指します。表紙を表にした場合、右側が綴じられているものです。



右綴じイメージ


日本語の縦書きでは、視線の進行方向が左に向かっていくため、右綴じは縦書きの書籍・雑誌などで多く採用されています。

日本の漫画雑誌や単行本などでは右綴じが採用されています。


DTP・デザイン・印刷の専門雑誌「DTPWORLD」は横書きと縦書きが混ざっているため、右綴じになっていると考えられます。

関連情報・参考資料

このページをシェア

カテゴリ

綴じ 製本・加工工程

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています