“巻き三つ折り・6ページ折り・6P折り” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

  • 巻き三つ折り…まきみつおり
  • 6ページ折り…6ぺーじおり
  • 6P折り…6ぺーじおり
吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

解説

巻き三つ折りとは、巻き込む形で2回折る折り方のことです。


巻き込む形になりますので、内側に入る面は少し小さめにすることが重要です。

A4サイズで印刷したものを巻き三つ折りにするとパンフレット置き場に立てておきやすい形になります。


巻き三つ折りしたパンフレットを6ページに見ることもできるので、6ページ折り(6P折り)とも呼ばれます。


形態

巻き三つ折り・6ページ折り・6P折り


折りの例

  • A4サイズ(297×210mm) → 100・100・97×210mm

折り方

吉田印刷所では、複雑な折り加工の印刷物も承っております。

お見積もりやお問い合わせは以下のページからお願いいたします。

お見積もり・お問い合わせ

このページをシェア

カテゴリ

折り 製本・加工工程

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。

こんな記事も読まれています