GPマーク(グリーンプリンティングマーク)使用における禁止事項

投稿時間:2008-03-04 21:28

吉田印刷所は、環境に配慮した印刷工場であるグリーンプリンティング工場で、環境に配慮した印刷製品の提案をしています。

具体的には、弊社の場合、「印刷用紙」「表面加工」に注意をして頂くことで、環境配慮された印刷製品となります。

そして、環境配慮製品のマーク「GPマーク」をつけることが出来ます。

今回、Webサイトに製品にGPマークをつけて頂くとき、どのように使えばいいかわかるよう、情報を追加しました。

GPマークは、日本印刷産業連合会(日印産連)から、利用の指針が各GP認定工場に配布されていますが、日印産連のWebサイトには掲載されていません。

今回弊社Webページにて、日印産連のGPマーク担当者様に連絡を取り、転載許可をいただいた上で、掲載いたしました。このblogの今回の内容は、そのダイジェストです。


禁止事項の一例として、マークの色を変えてしまうというものがあります。 規定外の色に変えてはいけません。
また、ロゴを勝手に組み替えてもいけません。
勝手に囲ってもダメです。
本当の使い方が知りたい方は、

グリーンプリンティングマーク(GPマーク)Q&A - 吉田印刷所[印刷会社]

をご覧下さい。

弊社で印刷物を作るときにこのマークをつける場合、必ず印刷用紙と表面加工の準備が必要になりますので、マークを入れる前に事前にお問い合わせください。

また、マークのデータはお渡しできませんので、基本的に弊社の作業にて入れることになることも、あらかじめご了承ください。

  • こちらの記事は弊社スタッフが過去に書いたブログ「みんなの印刷会社-特売プレス/吉田印刷所blog」のアーカイブです。
  • 情報は掲載当時または修正当時のものであり、最新の情報・内容とは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。