日本では紙をどのくらい使っているか知っていますか?

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

 JAGATの「印刷界OUTLOOK2008」で国内の用紙の使用量をまとめたものが公開されていました。

 日本での紙・板紙の使用量は3153万トンで一人あたりの用紙の使用量は247.4kgになります。結構多いですね。1週間で5kgくらいの紙を使用している計算になりますね。

 一人あたりの用紙の使用量トップはアメリカで300.6kgです。ITが発達すると紙の使用量が増えるといいますが、このためでしょうかね。次にドイツが253.1kgなのはさすがというか何というか印刷の国ですね。


 また古紙利用率では韓国がダントツの88.1%、ドイツが67.3%、中国が65.0%、日本は61.2%と資源が少ない国の割にはちょっと残念な結果になっていますね。それにしても韓国の古紙利用率はものすごく高いですね。韓国の古紙利用についても今後調べてみたいと思います。


▼ 用紙の需要はどのくらいでしょうか?

http://www.jagat.or.jp/story_memo_view.asp?StoryID=11722

印刷界 OUTLOOK 2008

http://www.jagat.or.jp/story_memo_view.asp?StoryID=11656


 日本の古紙利用率はまだまだ改善の余があるといえますが、吉田印刷所では環境への負荷を減らし古紙リサイクルを推進するため、印刷損紙(ヤレ紙)や断裁屑などを適切に分別する活動を社内の環境委員会が取り組んでおります。(リサイクルのために混ぜてはいけない紙もあるため)


 吉田印刷所の環境への取り組みは以下のページをご覧いただければと思います。

▼ 環境問題への取り組み

http://www.ddc.co.jp/eco/index.html

このページをシェア

カテゴリ

その他 記事別

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています