【PDF】JPCからAcrobat5.0の「PDF作成ガイド」が公開されています

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

特売プレスでは入稿形式としてPDFに対応しており、入稿データをPDFにすることで価格メリットが発生します(レギュラーメニューのA3/A4サイズ)。
 
 ではIllustratorや各種アプリケーションからPDFに変換するにはどうしたらよいのか、ということに関しては当社ホームページでも解説しておりますが、プリンタドライバのAdobePSやPScriptを使用したPDF作成については掲載されておりません。このプリンタドライバを使用したPDF作成方法については、JPC(Japan Publishing Consortium)のページで公開されている『Adobe(R) Acrobat(R)5.0日本語版活用法・プリントまたは印刷PDF制作ガイド』(以下『PDF制作ガイド』)が非常に有用です。
 
 このJPCの『PDF制作ガイド』はVol.1~Vol.3まで分かれており、それぞれ「プリントまたは印刷PDFを作成するための基本概念」「環境セットアップ編」「アプリケーションからのPDF作成編」という内容になっております。
 Vol.1ではPostScriptベースのワークフローに対してのPDFワークフローの有用性やAcrobat Distillerの推奨設定とその設定に対する説明などを掲載しております。
 Vol.2ではAcrobat Distillerに渡すPostScriptを作成するために必要なプリンタドライバのAdobePSやPScriptのインストールから設定までを掲載しております。このVol.2のPScriptの設定は書籍以外ではあまり詳しく説明されていない部分なので、Windowsユーザーの方は一度目を通されておくと良いのではないでしょうか。
 Vol.3では各種アプリケーションからPDFを作成するための設定を掲載しております。
 Vol.1~Vol.3までで総計100ページを超える内容ですが、画面展開などを多く掲載し、わかりやすく設定ができるように説明がされています。
 
 Acrobat Distillerを使用したPDFは設定を適切に行えば、各種アプリケーションから直接書き出すPDFより安定した/印刷に適したPDFを作成することができます。『PDF作成ガイド』をはその手助けとなるものです。是非ご一読下さい。
 
* * *
 
 『PDF制作ガイド』はAcrobat5.0についての内容で、現在Acrobatの最新バージョンは6.0ですが、Acrobat Distillerの設定に関してはAcrobat5.0と大きく変わるところはありませんのでAcrobat6.0を導入されている方でも十分に参考になるものと思います。
 なお、Acrobat6.0の場合は、吉田印刷所情報メールで以前お知らせしましたAdobeのページの「PDF/X準拠の印刷PDF作成ガイド」を参考にしてAcrobat Distillerの設定をしていただき、PDF/X準拠のPDFを作成することもお薦めです。
 
 
PDFデータ入稿・PDF変換印刷PDF作成の手引き
 http://www.ddc.co.jp/yoshida/PDF/index.html
 

▼Japan Publishing Consortium
 http://www.jpc.gr.jp/jpc/
 ※『PDF作成ガイド』は「REPORTS」の項目にあります。(PDF形式)
 
▼Adobeサポートデータベース
 PDF/X に準拠した印刷PDF 作成ガイド(文書番号:222914)
 http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?222914+002

このページをシェア

カテゴリ

お知らせ 記事別

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています