【ワンポイント】PDFをAcrobat5.0からプリントする際の注意点

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

特売プレスではPDF入稿に対応しております。
 最近はPDF入稿も非常に多くなっております。お客様にはIllustratorInDesignなどでPDFを作成された後、Acrobat5.0で開いて、PDF印刷に適した状態で作成されているかどうかのご確認をお願いしております。これはPDFの作成するための設定を行っていない場合は、たとえ元のデータが印刷に適したデータであっても印刷に適さないPDFが作成される場合があるためです。当社ではPDFに修正を加えることができませんので、IllustratorAcrobat DistillerなどでPDFを作成された場合は、必ずPDFAcrobatで開いてご確認下さい。
 
IllustratorからPDFを作成する場合
 http://www.ddc.co.jp/yoshida/pdf/illustrator/index.html 
Acrobat Distillerを使用してEPSからPDFを作成する場合
 http://www.ddc.co.jp/yoshida/pdf/distiller/index.html 
 
 PDFをプリントアウトして確認していただくときに(有償製品の方の)AcrobatもしくはAcrobat Readerでプリントアウトして頂きますが、Acrobat Readerを使用する場合に注意していただきたい点があります。
 
Acrobat Readerではオーバープリントは確認できません。
Acrobat Readerでは透明効果を使用している場合、印刷結果と異なるプリントアウトになる場合があります。
Acrobat ReaderではICCプロファイルを埋め込んだファイルと埋め込まないファイルではカラーが異なってプリントアウトされる場合があります
 
 これらの問題はAcrobat Readerの問題であり、Acrobatでは正常に処理できます。
 このようにAcrobat ReaderAcrobatに比べてプリントアウトの機能が少ないため、当社ではAcrobat ReaderよりAcrobatをお薦めいたします。
 
Acrobat製品情報(Adobe)
 http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/main.html 
 
 Acrobatを使用してPDFをプリントアウトする際に以下の状態を確認してからプリントアウトして頂くと実際の印刷にほぼ沿ったプリントアウトができます(全てを保証するものではありません)。
 
(1)AcrobatPDFファイルを開きます。

(2)「ファイル」→「印刷」のダイアログの「詳細設定」をクリックします。(Mac(Adobe PS使用時)は「プリンタ」の下にあるドロップボックスから「Acrobat5.0」を選択をしないと「詳細設定」は出てきません)

(3)「ICCカラーをデバイスカラーとして印刷」「オーバープリントプレビューの適用」のチェックを入れます。

(4)「カラープロファイル」を「カラー管理なし(ソースと同じ)」に設定し、「透明品質/速度」を「最高画質/最低速」に設定します。
 
 スクリーンキャプチャは以下のアドレスにありますので参考にしてください。
 
Acrobat5.0でオーバープリントを確認する
 http://www.ddc.co.jp/yoshida/pdf/print/index.html 
 
 より安全な出力・印刷のため、皆様のご協力をお願いいたします。

このページをシェア

カテゴリ

データ入稿上の注意点 記事別

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています