【トラブル】Photoshop6以降のベクトルオブジェクトについて

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

 Photoshop6以降にはベクトルオブジェクトという機能があります。この機能を使うと、文字情報や図形の情報を残したままEPS保存をすることが可能です。非常に便利な機能ですが、弊社の環境では正常にカラー分解できない場合がございます。(PDFにした場合は出力には問題ありません。(解像度の適正さを保証するものではありません))
 また、画像に何か問題があり、ベクトルオブジェクトが入ったEPSファイルをPhotoshopで開く場合、必ず(任意の解像度で)ラスタライズされてしまいますので、画像を修正することができません。
 
 このため、IllustratorQuarkXPressなどに配置するPhotoshopデータは必ずレイヤーを統合して、ベクトルオブジェクトが残らないようにしていただきますようお願いいたします。
 
 https://www.ddc.co.jp/dtp/archives/20050715/161716.html

このページをシェア

カテゴリ

データ入稿上の注意点 記事別

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています