【お知らせ】Windows版Microsoft officeでファイルにフォントを埋め込めないフォントがある?

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

吉田印刷所ではWindows版のMicrosoft office97/2000/2002(XP)のデータ入稿に対応しております。
 
 officeのデータ入稿で最も問題となるものは「フォントが当社にはない」という問題です。これはメーカー製のパソコンでデータを作成している場合や、年賀状作成のソフトウェアなどをインストールしてあるパソコンでデータを作成するとよく起こる問題です。
 
 これはOS標準(もしくはMicrosoft office付属)以外の様々なソフトウェアに付属のフォントを使用してしまったために当社でデータを開くとMSゴシックやMS明朝に置き換わってしまった、という問題です。
 
 この問題をある程度解消する方法としては「フォントの埋め込み」という方法があります。Word・PowerPointでは保存する際にオプションにて「TrueTypeフォントを埋め込む」という設定ができますので、この設定をしてご入稿いただけると、「フォントがない」という問題をある程度解消できると考えております。
 
 ただしフォントメーカーによっては埋め込みを禁止しているところもありますので、必ずしもフォントが埋め込まれるとは限りません。
 
 また、officeをご使用の方は必ずMicrosoftのホームページよりサービスリリースをダウンロードの上、アップデートしてください。フォントの問題を一部解消できるサービスリリースもございます。
 
 以下のページをご参照の上、フォントを埋め込んでいただきますようお願いいたします。
 
→「入稿データの注意点(フォント)」
  http://www.ddc.co.jp/tokupre/data-guide/font.html
 
→「Word/PowerPointのTrueTypeフォントの埋め込み方」
  https://www.ddc.co.jp/dtp/archives/20050712/125040.html
 
→「Microsoft Office - ダウンロード」
  http://office.microsoft.com/OfficeUpdate/default.aspx?displaylang=JA

このページをシェア

カテゴリ

お知らせ 記事別

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています