【ソフトウェア紹介】「イラレの鬼 1.4.8 PPC」(MacOS用)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

Illustratorプリフライト用ソフトウェア「イラレの鬼 1.4.8 PPC」の紹介です。この「イラレの鬼 1.4.8 PPC」は、Illustratorで制作をされている方々に非常に有効なソフトウェアです。最も多いトラブルであると思われる「リンクされている画像がRGB/CMYKか?」などをはじめとして「Illustrator書類に特色が含まれていないか?」「リンクされている画像はJPEGエンコーディングか?」(*)「解像度は充分か?」なども調べられます。
 
 また、「画像収集」の機能があり複数フォルダにわたりファイルを置いている人はMOやCD-Rにコピーした後に「配置画像を入れ忘れた」などのエラー・トラブルを無くすことができます。
 
 是非ご活用の上、エラー・トラブルのないデータ入稿をお願いいたします。
 
 
イラレの鬼1.4.8「お読み下さい」より転載
----
イラレの鬼 1.4.8 PPC
イラレの鬼とは・・・
Adobe Illustrator 5.0以降のファイル情報を見るソフトです。ファイルのサムネイルや配置画像の情報(倍率・解像度など)、使用フォントなどが確認できます。また、配置画像を100%のサイズで再配置したり、ファイル情報をテキストファイルに書き出すこともできます。主にイラストレーターDTPをしている方には便利だと思います。フリーウェア。
イラストレーター9のファイルの場合、その他の情報は調べられません。
----
 
(*)JPEGエンコーディングでも問題なく出力できます
 
→「Supleks dot com」
  http://www.supleks.com/ 
※もう少しでバージョンアップするそうです

このページをシェア

カテゴリ

データ入稿上の注意点 記事別

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています