「バックグラウンドで保存」「バックグラウンドで書き出し」は危険! Illustratorで合成フォントを使うとトラブルが発生する可能性

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
「バックグラウンドで保存」「バックグラウンドで書き出し」は危険! Illustratorで合成フォントを使うとトラブルが発生する可能性

概要

このページでは、Illustratorで合成フォントを使用している場合に、保存の設定によってはIllustrator形式に付加されるPDF互換のデータが破損する不具合について紹介しています。

目次
Loading...
吉田印刷所ニュースレター(メルマガ)登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールでお知らせします。無料です。
※グラシン紙などの紙雑貨販売「そ・か・な」のニュースレター登録はこちらのページから

合成フォントについて

IllustratorInDesignでは文字の種類によってフォントを組み合わせて使える「合成フォント」という機能があります。

和文のフォントはこれで、欧文のフォントはこれで…という感じで、文字にこだわりたいときに便利な機能です。

わかりやすい例では、マンガの吹き出しのフォントはゴシック体と明朝体の組み合わせで作られていることが多いので、以下の合成フォントの設定で、吹き出しのフォントのようなものを作ることができます。

合成フォントの設定
合成フォントの設定
合成フォントを使った吹き出しの例
合成フォントを使った吹き出しの例

さて、この合成フォントをIllustratorで使ったときに、Illustratorの設定によってはIllustrator形式ファイル(.ai)に含まれるPDF互換のデータが壊れることがあることがIllustratorのUserVoiceに投稿されていたので情報共有します。

UserVoiceの該当ページは以下のページです。

この問題はIllustratorのバックグラウンドで保存・書き出しをする機能において、PDF互換データの保存に不具合がある可能性が指摘されています。

なお、Illustrator 2024(28.0)でも再現しました。

対処方法

どうな状況でこの不具合が発生するのかといった再現方法はUserVoiceのページをご覧頂きたいのですが、印刷データのトラブルを少なくするために対処方法を抜き出して紹介します。

対処方法は環境設定の「ファイル管理」の項目にある「バックグラウンドで保存」「バックグラウンドで書き出し」をチェックをオフにします。

バックグラウンドの動作はオフに
バックグラウンドの動作はオフに

この対処方法で完全に不具合が発生しなくなるというものではありませんが、不具合が再現できるので、多少不便になりますが、「バックグラウンドで保存」「バックグラウンドで書き出し」は使わない方が良いでしょう。


新規インストールや、Illustratorアップデートする時に、トラブル抑制のために「以前の設定および環境設定を読み込む」のチェックを付けずにアップデートした場合に、デフォルトの設定では「バックグラウンドで保存」「バックグラウンドで書き出し」をチェックがオン(有効)となっているので、注意が必要です。

初期設定だとオンになっている
初期設定だとオンになっている

検証用ファイルのダウンロード

検証ができるようにIllustratorファイルをご用意しました。作成バージョンはIllustrator 2024(28.0)です。

ファイルをダウンロードして、IllustratorInDesignに配置してみてください。

情報元

追記:Illustrator 2024では解決(2024/05/07)

Illustrator 2024では問題が解消しているようです。

製品版28.1.0.141にて修正対応されています。

合成フォントを使うとaiファイルのPDFデータが空白になる – Adobe Illustrator(合成フォントを使うとaiファイルのPDFデータが空白になる – Adobe Illustrator

追記時点の最新版のIllustrator 2023(Illustrator 27.9.3)ではこの問題が解消されていないようです。