Illustratorで「テキストの回り込み」ができない場合に確認するポイント

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
Illustratorで「テキストの回り込み」ができない場合に確認するポイント
目次 [ 隠す ]
Loading...

概要

Illustratorでテキストオブジェクトとパスオブジェクトが重なっている状態で「テキストの回り込み」を実行しても、オブジェクトにテキストが回り込まない場合があります。

この場合の理由と対処方法を紹介します。


「テキストの回り込み」が効かない例

以下のようにテキストオブジェクトにパスオブジェクトを重ねます。黒いパスオブジェクトはテキストオブジェクトの上に配置します。今回の例はわかりやすいようにパスオブジェクトは半透明にします。

2020-10-06-Illustrator-Text-Wrap-01.png

黒いパスオブジェクトを選択してメニューから「オブジェクト」→「テキストの回り込み」→「作成」を選択します。

2020-10-06-Illustrator-Text-Wrap-02.png

通常ならテキストオブジェクトがパスオブジェクトに回り込むはずですが、回り込まず、変化がありません。

2020-10-06-Illustrator-Text-Wrap-03.png

「テキストの回り込み」が効かない理由

Illustratorで「テキストの回り込み」が効かない理由はテキストオブジェクトが「グループ化」されているためです。

アピアランスパネルでテキストオブジェクトを選択すると「グループ」になっています。

2020-10-06-Illustrator-Text-Wrap-04.png


ほかにもAdobeのヘルプにあるように以下のパターンがあります。今回は省略します。

  • テキストオブジェクトが「ポイントテキスト」になっている
  • テキストオブジェクトと回り込みをしたいオブジェクトのレイヤーが違う
  • テキストオブジェクトと回り込みをしたいオブジェクトの重なり順が違う
  • 回り込みをしたいオブジェクトが完全に透明である

回り込ませるテキストについて、次の条件を満たしていることを確認します。

  • エリア内文字である(ボックスに入力されている)。
  • 回り込み対象オブジェクトと同じレイヤーにある。
  • 同レイヤーの階層で、回り込み対象オブジェクトの下に配置されている。
Illustrator でテキストを作成する方法


対処方法

テキストオブジェクトのグループ化を解除して、単なるテキストオブジェクトにします。

アピアランスパネルでテキストオブジェクトを選択したときに「テキスト」になっていればOKです。

2020-10-06-Illustrator-Text-Wrap-05.png

ただし、グループ化された状態でアピアランスを適用している場合は、アピアランスの設定が解除されてしまい、表現が変わってしまうことがあるので、ご注意ください。

このページをシェア

カテゴリ

Illustrator

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。

こんな記事も読まれています