Illustratorの円は正円ではないので回転するとズレる

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
Illustratorの円は正円ではないので回転するとズレる
目次 [ 隠す ]
Loading...

概要

Illustratorの楕円ツールで描ける正円(縦と横の長さが同じ/半径がすべて同じ)は、厳密に言えば正円ではありません。微妙に歪んでいる円です。

このため、正円として描いた図形を回転すると、ピッタリ重なりません。

円が回転でズレる現象の再現方法

画面はIllustrator 24.1.2です。

Illustratorで「楕円形ツール」を選択します。

アートボードをクリックして、幅と高さを「600px」にして「OK」をクリックします。

作成した円のカラーは塗りをなし、線のカラーはシアンにして、太さを1ptとします。

作成した円を位置を変えずに複製して、複製した円の線のカラーをマゼンタにします。

重なりがわかりやすいように「透明」の「描画モード」を「乗算」にします。

線がマゼンタの円を選択して、「回転ツール」を選択します。

「回転ツール」アイコンをダブルクリックして角度を「45°」と設定して、「OK」をクリックします。

※「19.4」の方がズレが大きく見えるそうです。関連情報・参考資料を参照のこと。

15000%程度に拡大してみると、正円であれば回転してもピッタリと合ってすべて紫のカラーになるはずですが、シアンやマゼンタのカラーがはみ出て見えています。

円のパスもズレていることが確認できます。

アウトラインで見ても同じくズレています。

つまり正円ではなく、歪んだ円といえます。


実際は、先ほどの確認でもわかるように15000%くらいまで確認しなければわからないレベルなので、通常のデザインではほとんど問題のないレベルです。

ただ、CADにIllustratorデータを持っていく場合や、図形同士をパスファインダーなどで合成・分解する場合などは、こうしたズレが作業の支障になることもあるのでご注意ください。


円が正円ではない理由

Illustratorの円が正円ではない理由は、Illustratorでは円をベジェ曲線で表現するためです。あくまで近似した円となり、厳密な円にはなりません。

回避策はありません。


ちなみに以下のような正円を描画したSVGのファイルをIllustratorで読み込んでも、Illustratorが自動的に円をベジェ曲線に変換するので結果は同じです。

<svg width="900" height="900" class="bg">
    <circle cx="450" cy="450" r="300" stroke="black" stroke-width="1" fill="none"></circle>
</svg>


参考ツイート


このページをシェア

カテゴリ

Illustrator

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。

こんな記事も読まれています