Illustratorのテキストへ「内側描画モード」で塗りや画像を配置するとフォントの形状が崩れる

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
Illustratorのテキストへ「内側描画モード」で塗りや画像を配置するとフォントの形状が崩れる

概要

Illustratorでは、Illustrator CS5から選択したオブジェクトの内側に描画する機能「内側描画モード」があります。

「内側描画モード」の機能を使うことで、クリッピングマスクなどを使わなくても、オブジェクトの内側に他のオブジェクトを配置できて便利です。

内側描画モード

内側描画モードを使用すると、選択したオブジェクトの内側に描画できます。内側描画では、描画、スタック順序の変更、選択、クリッピングマスクなどの多くのタスクをおこなう必要がありません。

Illustrator で描画を開始する方法

しかし、この内側描画モードをアウトライン化されていない文字列(テキスト)に使用すると、文字の形状が崩れてしまいます。

この現象について紹介しています。

吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

フォントの形状が崩れる現象について

例として以下のようにテキストを入力します。(わかりやすくするためにテキストにカラーを付けていますが、実際は透明です)

テキストへの内側描画モードでフォントの形状が崩れる現象


テキストオブジェクトを選択して、ツールバーから「内側描画モード」を選択します。

テキストへの内側描画モードでフォントの形状が崩れる現象


テキストオブジェクトの内側に赤色の長方形を配置します。

テキストへの内側描画モードでフォントの形状が崩れる現象


テキストオブジェクトのフォントの形状が崩れます。

テキストへの内側描画モードでフォントの形状が崩れる現象


元のテキストオブジェクトと重ねてみると、以下のような形状の違いが発生します。(黒い部分が一致する部分、それ以外が一致しない部分)

テキストへの内側描画モードでフォントの形状が崩れる現象


原因

原因は不明ですが、フォントに対しての内側描画モードの精度が低いために、このような問題が発生していると考えられます。


解決方法の例

テキストオブジェクトをアピアランスでアウトライン化することで回避できます。


テキストオブジェクトのアピアランスで文字を選択します。

テキストへの内側描画モードでフォントの形状が崩れる現象


アピアランスのフィルターから「パス」→「オブジェクトのアウトライン」を適用します。

テキストへの内側描画モードでフォントの形状が崩れる現象


テキストオブジェクトが正常な形状に戻りました。

テキストへの内側描画モードでフォントの形状が崩れる現象

※テキストオブジェクトが内部でアウトライン化されていれば良いので、アピアランスの「ワープ:円弧」などで数値をすべて0にしても同様の効果が得られます。



サンプルデータのダウンロード

今回のIllustratorデータのダウンロードはこちら。Illustrator CC形式です。

テキストへ内側描画モードでフォントの形状が崩れる


関連ツイート

関連情報・参考資料

このページをシェア

カテゴリ

Illustrator Illustrator CC Illustrator CS5 Illustrator CS6 Illustratorのバグ・不具合

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています