Illustrator 8のファイルをIllustrator CS2などで開くとテキストの内容が重複した状態になってしまう

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

概要

このページではIllustrator 8で作成されたブロックリンクされたテキストエリアの内容がIllustrator CS2で開くと文字が重複してしまう問題について掲載しています。


実例

Illustrator 8でテキストエリア同士をリンクするために2つのテキストエリアを選択して、メニューから「文字」→「ブロック」→「リンク」を選択します。

Illustrator8のブロックリンクされたテキストをIllustrator CS2などで更新すると文字が重複する(1)


テキストエリアに文字を入力して、保存します。

Illustrator8のブロックリンクされたテキストをIllustrator CS2などで更新すると文字が重複する(2)


このIllustratorファイルをIllustrator CS4で開くと、以下のようなダイアログが表示されます。

「OK」をクリックします。(※ここで「更新」をクリックしても問題の現象は発生します)

Illustrator8のブロックリンクされたテキストをIllustrator CS2などで更新すると文字が重複する(3)


Illustrator CS4で開きました。

先ほど入力したテキストエリアをダブルクリックします。

Illustrator8のブロックリンクされたテキストをIllustrator CS2などで更新すると文字が重複する(4)


以下のようなダイアログが表示されるので「更新」をクリックします。

Illustrator8のブロックリンクされたテキストをIllustrator CS2などで更新すると文字が重複する(5)


すると、今まで文字が入っていなかった部分に意図しない文字が入っていることがわかります。

この文字は同じテキストエリア内の文章が重複して入っている状態になっています。

Illustrator8のブロックリンクされたテキストをIllustrator CS2などで更新すると文字が重複する(6)


この現象はIllustrator CS2・Illustrator CS3・Illustrator CS4で確認されました。


補足

Illustrator CSではテキストの更新ダイアログが同じように表示されますが、以下のように文章が重複せずにテキスト更新がされます。

Illustrator8のブロックリンクされたテキストをIllustrator CS2などで更新すると文字が重複する(7)


謝辞

この情報はブログの読者様から情報提供頂きました。情報提供を頂き、ありがとうございました。