IllustratorでPDF形式の保存をしたら回転した画像の周辺が白くなった

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

概要

このページでは、Illustratorから直接PDF保存したときに回転して配置した画像の周辺が意図しない状態になる問題について掲載しています。

吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

問題の状況

Illustrator 8・Illustrator 9・Illustrator 10で画像を回転した状態で配置して、PDF保存したら、画像の周辺が白くなった。



問題の実例

Illustrator 8・Illustrator 9・Illustrator 10で以下のように画像を配置します。(クリッピングパスはありません)

左側の列はPhotoshop形式のデータを配置しました。

右側の列はPhotoshop EPS形式のデータを配置しました。

上から原寸で配置、原寸を少し回転して配置、縮小して配置、縮小したものを少し回転して配置したものです。縮小した画像はPDF保存の際のダウンサンプル処理が行われるような解像度になっています。


IllustratorからPDF形式で保存すると、一番下の画像の周辺が白くなりました。

 ▲拡大図



原因

Illustratorのダウンサンプル処理の不具合(バグ)です。



回避方法の例



回避方法の例(詳細)

a. Illustratorから直接PDF保存せずに、EPS保存した後にAcrobat DistillerPDF変換する。(推奨)

PostScriptEPSファイルを作成する前にIllustratorの書類設定を行う必要があります。詳しくは以下のページをご覧下さい。



書類設定が完了したらIllustratorからPostScriptEPSファイルを作成して、そのPostScriptEPSファイルをAcrobat Distillerで変換します。



b. Illustratorから直接PDF保存する際のオプション設定で、ダウンサンプル処理が行われないようにする。

Adobe PDF形式オプションの画面で「ダウンサンプル」のチェックを外すことで解決できる場合があります。



上記設定を行うと、以下のように正常にPDF変換が行われます。

 ▲拡大図




実例の補足

Illustrator 8の場合

Illustrator 8でこの問題が発生した時は、Photoshop形式は周りが白くなっていますが、Photoshop EPS形式の方は周りが白くなっていません。


Illustrator 8でこの問題が発生した時は、Photoshop EPSの部分を拡大すると縁の部分が白くなっており、印刷時に白い線が出てしまいます。