IllustratorからPDF保存するとBiblosフォントが埋め込まれない

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

概要

このページではIllustratorから直接PDFを作成する際に発生するBiblosフォントのエラーについて説明を掲載しています。

吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

問題の状況

Illustrator 10からPDF形式で保存した場合、使用しているBiblosフォントが埋め込まれない場合があります。Biblosフォントの部分は文字が抜けています。



実例

Illustrator 10でBiblosフォントを使用して書類を作成します。

Illustrator 10の画面


Illustrator 10から直接PDFを作成します。

作成の方法は以下のリンク先の情報を参考にしてください。


Acrobatで作成されたPDFを開くとBiblosフォントを使用した部分の文字がなくなっています。

Acrobatの画面


作成されたPDFにはフォントも埋め込まれていません。

Acrobatでフォント情報を見たときの画面



原因

IllustratorPDF Library†1のバグ(不具合)と考えられますが、細かな原因は不明です。



対処方法

以下のいずれかの方法でこの問題を解決できる場合があります。



対処方法(詳細)

a. Acrobat DistillerPDF変換を行います。

Illustratorから直接PDF保存せず、EPS保存した後に、Acrobat DistillerPDF変換を行います。

PostScriptEPSファイルを作成する前にIllustratorの書類設定を行う必要があります。詳しくは以下のページをご覧下さい。


書類設定が完了したらIllustratorからPostScriptEPSファイルを作成して、そのPostScriptEPSファイルをAcrobat Distillerで変換します。



c. Illustrator 9を使用してPDFを作成します

Illustrator9では今回の問題は発生しませんでした。

Illustrator9の画面。


Illustrator9から直接作成されたPDFAcrobatで開いた画面です。正常にフォントが表示されています。


Acrobatでフォント情報を見たときの画面です。Biblosフォントは埋め込みになっています。


ただし、Illustratorのバージョンが異なるため、文字組みや透明の表現などが変わる場合があります。ご注意下さい。



関連情報

フォント情報の確認の方法


フォントメーカー情報