Acrobat6.0・Adobe Reader6.0とそれ以外のPDFビュアーでPDFの見え方が違うことについて(実線が破線に変換される)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

このページではAcrobat6.0・Adobe Reader6.0とそれ以外のPDFビュアーでPDFの見え方が違うことについて説明しています。

吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

問題の状況

IllustratorAcrobat Distillerなどで作成したPDFAcrobat6.0・Adobe Reader6.0で見た場合、以下のように図形の一部が制作時の状態と変化している場合があります。

意図したイメージのPDF

意図したイメージのPDF


Acrobat6.0・Adobe Reader6.0で開いた意図しないイメージのPDF

Acrobat6.0・Adobe Reader6.0で開いた意図しないイメージのPDF



原因

Acrobat6.0・Adobe Reader6.0の表示上の不具合(バグ)です。

Acrobat5.0・Acrobat Reader5.0・Acrobat7.0・Adobe Reader7.0などのAcrobat6.0・Adobe Reader6.0以外のバージョンではこの問題は発生しません。


この問題は全てのPDFで発生するわけではなく、PDF変換する前のIllustrator書類において破線のオブジェクトを使用している場合に発生します。

また、破線のオブジェクトと同じレイヤーもしくは破線のオブジェクトより上のレイヤーにある「-」のような形のオブジェクトでも上記エラーの現象が発生するようです。


対処方法

対処方法は以下の通りになります。



対処方法(詳細)

a. Acrobat6.0・Adobe Reader6.0以外のバージョンで開いて確認する

同じデータをAcrobat6.0・Adobe Reader6.0以外のバージョンで開いてみると制作時の状態と同じになっていることがわかります。

この場合、PDFデータの問題ではないので、Acrobat6.0・Adobe Reader6.0以外で確認をして問題がなければ、そのまま入稿をしてください。


Acrobat Reader・Adobe Readerをインストールするには以下のページからファイルをダウンロードして下さい。



b. Illustratorデータに戻り、破線のオブジェクトを最上位にする

破線のオブジェクトを含むレイヤーをIllustratorデータの最上位のレイヤーにします。

デザイン上、破線のオブジェクトを含むレイヤーを最上位のレイヤーにできない場合は他の方法を行ってください。



c. Illustratorデータに戻り、破線を分割する。

破線を長方形の集まりのオブジェクトに分割します。

Illustrator CS3以降・Illustrator CCの場合、破線のオブジェクトを選択してメニューから「オブジェクト」→「パス」→「パスのアウトライン」を選択してください。

20180524-Illustrator-Object-Path-Outline-01.png


Illustrator 9~Illustrator CS2の破線を含むオブジェクトの分割の方法については以下の手順をご覧ください。

  1. 作成した破線を選択します。
  2. [オブジェクト] メニューから [透明部分を分割・統合](Illustrator CS/CS2)/[透明部分を分割](Illustrator 9/10)を選択します。
  3. ダイアログボックスが表示されたら、スライダを一番右に移動します。
    Illustratorの透明部分を分割・統合ダイアログ
  4. [すべての線をアウトラインに変換] にチェックを入れ、[OK] をクリックします。
    ※ Illustrator 9 では、このチェックボックスはありません。
  5. 破線が選択された状態のまま、[オブジェクト] メニューから [グループ解除] を選択します。
  6. 続いて、[オブジェクト] メニューから [複合パス] - [解除] を選択します。
破線をアウトライン化すると実線になる(Illustrator)(Adobe)

関連情報・参考資料

このページをシェア

カテゴリ

Acrobat Acrobat 6 Acrobat Reader・Adobe Reader Adobe Reader 6 PDF PDFのバグ・不具合 PDFへ変換・作成

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています